己(おのれ)の声を信じる勇気。

◆大事なお知らせ
LINE公式アカウントの変更

 

↓新しいアカウントの追加ボタン&QRコード


 

 =====本題=====

この5年間、
狂ったようにメールセッションをやってきた。

メールセッションの基礎は
昔、所属してたセラピスト協会で習ったけど
それはあくまで『型』だった。

 

 

セラピスト協会は
すぐに脱退したし
誰の指示も仰ぐことなく
答えを誰にも求められない状態で
ひたすらメールセッションをこなしてきたんだ。

答えを教わる師を持つことは厄介だったから
いつも自分に答えを聞いてきたんだ。

 

 

このクライアントさんの本音はどこ?って。

 

デビュー時の写真!!

 

従う先生がいないことで
心細いこともあった。

けど、私たちには
先生なんて必要ないんだ。

 

 

必要なのは
【己の声を優先する勇気】なんだ。

見えない自分を信じる勇気。

 

 

自分、という人生最大の味方は
すっごく近くにいて
だけど、その味方を遠く感じるように
私たちは矯正されてしまった。

 

ひたすらに自分に答えを求める
私のビジネススタイルは
いつしか私の霊感を発達させた。

 

 

ほら、人間は皆
霊感があるんだ。

 

 

例えば
本当の自分の姿を見ようとせず
いい人ぶっている人の場合。

いい人ぶると言うと
まだ聞こえはいいけど
それはただの嘘つきであり

嘘つきの人のメッセージを見たり
その人と話しているだけで

私は
喉がウッと詰まって
頭がぐるぐるしてくる。

 

それは、その人自身が
本当の自分をウッと飲み込んで生活してるから
その体感がそのまま来るんだよね。

(自分を抑え込むと
すんごいエネルギー消費するって知ってた?)

これは自分が自分が嘘ついてる時も同じね。

 

私のメールセッションは
こうやって体を使って行っている。

結構な肉体労働だ。

 

 

私はかわいそうなんです!
構ってください!
という被害者意識の塊の人や
その人の文章に触れると

私は動悸と目眩がする。
往復ビンタされてるような感覚にもなるし
その人の糞便を投げつけられた気分にもなって
すごくゲンナリ…する。

 

 

なぜなら
その人自身が
私は被害者です!という
被害者劇場を繰り広げて
自分で自分の動悸をわざと早め
クライマックス迎えようと上げに来てるから
それがそのまま私に来るんだ。

 

※きっとそれは
私がまだ被害者や嘘つきをやってるってことなのかもしれない。

 

これは私に限らず
みんなも持ってる能力。

 

なぜだか会うとソワソワする人、いない?

なぜだかLINEが来るだけでモヤ〜っとする人、いない?

 

 

で、それを
『あの人もいいところあるし…』
って誤魔化してない?

猟奇的殺人者だって
いいとこの一つや二つくらい、あるんよ。

 

お庭で遊んだよ!

 

 

モヤモヤしているのに
関係を絶てないのは

『誰かを切る自分』を否定しているから。

いい人ぶって勝った気になってるから。

 

 

それ、いつまで続けるの?

仲良しごっこのおままごとは退屈なんだよ。

 

 

 

Yuki

 

 

 

5/5受付スタート
→満席となりました。

 

 

↑YouTubeちゃんねる【潜在意識美人®︎ちゃんねる】
そろそろ始動予定。ベラベラまったり空間。

 

【動画配信】毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 
\\好評受付中//

 

 

 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

  • コメント: 1

関連記事

  1. 【おこもりshopping】人生で1番のシャンプーとか。

  2. 【閲覧注意かも】スピリチュアル的幻想を捨て去る

  3. 【罪悪感】『キモチいいこと』をしてもいいですか?

  4. せっかくなので、コロナを利用して幸せになろう。

  5. 節約とか我慢だらけの人生は『死んでいる以下』

  6. 【平和】コロナなんてどこ吹く風。【穏やか】

  7. 毎月5000円の『夢のカケラ』

  8. 【貴女のための話】『幸福』とは、世界への“わたしらしさ”の発表である。…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • みぃ
    • 2020年 5月 24日

    LINE来るだけでモヤモヤする人がいます。そして関係を絶つことが出来てないです。

    前職のお客様です。(男性で親子ほど離れた年齢、好意を向けられてる訳ではないが一方的に今日食べた昼ごはんを報告してくる)

    私も思ってのLINEではなくひたすら自分のただの日記を送り付けてくることにイライラしてたけどお世話になった人だし無下にできない…と律儀に返事をしていました。

    お客様は大切というモットーに反するのが死ぬほど怖いですがもう返事をしない事を選択しようと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031