優越感が『毒』である理由。

■お知らせ■
お久しぶりに全メニューのサービスの受付を開始しております^^
ご縁のある方お待ちしています。

 

*

 

今日はリクエストにお答えして♡
『優越感がいかに危険か!?』
『優越感を持つことでどんだけ損するか!?』について書いていきます。

こちらの記事へのリクエスト、ありがとうございます。

 

ポルトガルのビーチ

 

ほとんどの人はこのように勘違いをしています。

『優越感を抱ける人生が幸せである』と。

 

ここなんです、ここ。

そもそも社会自体が私たちをそのように洗脳しています。

『人より勝てば幸せなんだよ』『みんなにチヤホヤされれば幸せなんだよ』『いいものを持ってれば持ってるほど幸せなんだよ』と。

ですから多くの親も私たちにそのように洗脳します。親が悪いんじゃないんです。そのような仕組みをわざと作ってる勢力がいるってこと。

 

日本女性の雑誌なんかまさにそう!!
優越感=幸せ をインプットするための媒体でしかありません。※純粋にファッションのことを追求している雑誌は別ですが。

海外の雑誌がどれだけ日本のそれと違うのか?って話。まじでこちらの女性誌は服と化粧品の話しか載ってませんからねー。

 

上記のような洗脳があるので、私たち女性も
『いかにあの子より可愛くなるか!?』とか(しかもその可愛いすら他人目線)『いかに早く結婚できるか?』とか『いかに友達より早く昇級するか!?』とか『いかに周りの女友達よりステイタスのある彼氏を作るか!?』と迷走しています。

目的が競争すること、となっていますが
そもそも私たち女性が一番苦手なのが競争なんですよ。

 

競争をすればするほどにどんどんどんどん自分から離れます。その競争の結果、子宮筋腫や子宮頸がんなどの疾患、容姿の劣化(表情筋のない女になる)、お粗末な人間関係などが創られます。

 

ポルトガルの街並み

 

反対に自分がもう競争をやめて『負けてもいいかも』と諦めると私たちの人生は本当の頑張らない生き方、にシフトします。

そうなると私たちは人からの評価が本当に気にならなくなります。まず褒め言葉とかが不要になる。私も競争大好き人間でしたから褒められることで

『へへん!!(ドヤっ!!!!)』とかやってたんですが、人に負けてもいいやと諦めてからは褒め言葉が本当に何も響かないんです。

すごいね!よりも『面白いね!』とか『記事を読んでふに落ちました!』ってのがよーーっぽど嬉しい。

人から褒められることやチヤホヤされることなんて、自分の魂と一致した時の幸福に比べたら鼻糞みたいなもんなんです。

 

 

でね、もう一つ大事なことをお伝えしますと
優越感を抱いているとき、私たちのエネルギーに何が起こっていると思いますか?

私たちが優越感を抱いているとき。。。。

実は。。。

 

 

 

 

私たちの中から盛大にエネルギーが漏れまくってるんですよ…!!!
((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

例えばさ、100のエネルギーを持っていたとして、本来ならそのエネルギーのうち80を『素敵な男性との出会い♡』に変換できたとします。せっかく素敵な男性との出会いが目前に迫っているのに、そこで私たちが
『私ってこーんなにすごいんですぅぅ〜ー!!』とやっちゃうと、その80のエネルギーが一気にドバドバと流れていくんですよ!

エネルギー垂れ流し。

※モーリシャスの重油流出状態ですよ。涙

 

 

もったいな!!!!((((;゚Д゚)))))))
※損得勘定はこういうときに使いましょ

 

 

しかも、こともあろうに私たち人間って、エネルギーが漏れている時って体感として妙な気持ちよさがあるんです。
みんなも知ってるはず。優越感を抱いたときのあの妙な昂揚感を。

でね、その昂揚感は麻薬のようなものであって本当の幸福とは全然が違うんですよ。

優越感の時の昂揚感をラスベガスだとしたら

本当の幸福感とはしっぽりした温泉、なんですよ。

ここまで読むと、もういたずらに優越感を追い求める人生を選びたくなくなりませんか?

もうそろそろ負けてみませんか?負ける人生はすごく楽しいよ★

 

↓最近たくさんのご報告が相次いで更新間に合ってないんですけどこちらも読んで♡

■クライアント様の声一覧

じゃあね!

 

 

Yuki

 

◆大事なお知らせ
LINE公式アカウントの変更

 

↓新しいアカウントの追加ボタン&QRコード


 

 


↑YouTubeちゃんねる【潜在意識美人®︎ちゃんねる】

【動画配信】毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

関連記事

  1. 30歳も40歳も50歳も!いつでも恋できることが証明された♡

  2. 太郎を守れなかった日。落ち込んだ日。

  3. いつまでも外側を見ている人に、私の話は伝わらない。

  4. 牧場へ疎開決定★ポジティブにはなれないけど、私は私。

  5. ダークサイドをさらけ出すから幸せになる。

  6. お金におけるマグロ女とGスポットを知らない女

  7. みんな、もっと自分の人間関係について本気で取り組んだ方がいいと思う。

  8. 友達なんて、必要ない。必要なのは、こういう他人。

コメント

    • vitaminb2
    • 2020年 9月 05日

    記事、書いてくださってありがとうございました。

    アル中よりも薬物中毒よりも恐ろしい優越感中毒、、私は完全にその中毒患者です。自分の軸で生きたいです!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930