Site Overlay

【赤ちゃんが入院!?】ロンドンの面白キャラに振り回された1日

人生は予期せぬことばかりが起きますね。

 

太郎の風邪が二郎にうつり

月曜から二郎と一緒に入院しています。

 

生後3ヶ月未満の赤ちゃんは

ちょっとでも風邪をひくと、だいたいすぐ入院です。

 

 

最近は、ナニー面接と入院にて

たくさんの外国人と関わります。

一番、英語が上達するのってこーゆー時。

普段はそこまで英語を話せなくても生活ができます。

しかし入院となると、的確に情報を得ることに積極的になるので

頑張って頑張って外人とコミュニケーションを取っていると、気付くと英語力が上がっています。

 

先週まで雇っていたナニーさん然り、

外人は、面白い人がたくさん。

普通の日本人の感覚では考えられないことが

彼らといるとたくさん起こります。

 

今回の入院でも、たくさんのおもしろキャラと遭遇したので

その一部を紹介いたします。

 

おもしろキャラ その①

SEX AND THE CITY サマンサ似の、二郎の担当医

月曜日、夫に仕事を休んでもらって

二郎が生まれた病院に受診をしました。

受付してから看護師さんがたくさんの処置をしてくれ

しばらく経った頃に現れたのがサマンサ(仮名)

手に持っているのは、確かアンチエイジングのサプリメントよね

 

なんと表現すればいいのだろう。。。

インド版サマンサ、と言えばいいかしら。

とにかく女帝のような雰囲気を纏って

堂々と後半に現れたのがサマンサ。

 

身長は180近く。体がごついけど、足は細い。

スタイル抜群。でかいダイヤの指輪をつけてる。

でも何よりのアクセサリーは彼女の醸し出す自信。

サマンサからは、付け焼き刃の表面的な自信ではなく

『今までの人生、全部自分で1個1個選んで生きてきました』みたいな、根拠ありまくりの自信が漂っていました。

 

ってかさ、彼女を見て気づいたの。

自信=グラウディング、だよね。

1個1個、自分で選択してきた人は

しっかり地球に足がついてる。

 

私はそんな彼女に惚れて目が離せない。

冷静で的確な情報を端的に、綺麗な英語で伝えてくれる。

 

 

でも面白いのは、

体が大きいのに声がめちゃ小さい。

 

 

私も夫も彼女が話すときは、超絶前のめりで英語を聞く。

彼女がゴールデンレトリーバーなら、私たちは豆柴。

 

あまりにシュールなその光景は、今でも思い出すと笑いがこみ上げてくる。

 

 

彼女が喋ると、他のスタッフは皆、黙る。

黄金色の自信を身に纏って、背筋をまっすぐに伸ばして処置をする彼女は

医者、というより、もはやハリウッド女優!!!

 

 

私は完全に彼女に惚れた。

美しいのだが、男らしい。

それがサマンサ。

 

 

おもしろキャラ②アンビュランスの貴公子 ベッカム

今回は二郎が生まれた病院の系列の病院に入院しています。

というのも、あのセレブ病院の赤ちゃんルームが満員でね…。

仕方なく系列病院に移動したわけですが

移動は一応、救急車。

救急車は英語でambulance。

イギリスの救急車に乗れるなんて滅多にない経験にワクドキ。

(たった5分の道のりだけどな)

 

しばらく待って、救急車が到着。

二郎を迎えにきたアンビュランスガイを見て

私、びっくり。

なぜなら、若かりし頃のベッカムに瓜二つだがや!!!

すっごい綺麗なお顔を、隙を見て何度も観察してしまう。

夫と一緒に観察してしまう。

外人には珍しく、不愛想でシャイ?なベッカム(仮名)

たぶん、あまり賢くないようでドジな感じ。鈍いし。

そんなんで救急隊は務まるのか?笑

それとも顔面採用ですか?笑

謎は深まるばかり。

 

 

おもしろキャラ③ テキトー看護師

もうさ、私の中で

イギリスのナースの評価は最低ランク。

(例のナニーの影響大)

救急車で系列店に移動する際、ナースさんが付き添ってくれた。

ナマケモノに似た、青い目をしたそのナースもテキトーだった。

 

ベッカム

『どこの病院に移動?』

ナース

『ハーレーストリートホスピタル』

ベッカム

『ハーレーストリートクリニック?

ハーレーストリートホスピタル?どっち?』

ナース

『ハーレーストリートホスピタル!(どや!!)』

 

しかし、実際に二郎が入院する病院はハーレーストリートクリニックの方でした…

ベッカムがハーレーストリートホスピタルの受付に確認に行ってくれて

『クリニックの方だと思うよ』とナースに伝えても

彼女は『あら。そう』みたいな感じで

謝罪は一切なし!!!

出た出た!!この感じ。

 

こんなハプニングにももう慣れましたよ。

まぁ記録改ざんしないだけいいかな。

いや良くないわ!日本だと医療ミスだわ!!

と、1人脳内でツッコミを入れる。

 

おもしろキャラ④ 黒人のうざいおばさん

↑もう、ニックネームのつけ方が雑になってきたんだけど。笑

一番最初に乗っけた写真。

この日の太郎の日勤帯の担当ナース。

黒人の肝っ玉母ちゃんみたいな彼女は

とにかくウザいキャラだった。

コンプレックスを拗らせているのかなんなのか、

他のスタッフやドクターの意見にとにかく反発したい様子。

ドクターの前ではいい子ちゃんしてるけど

ドクターや他のスタッフがいなくなると私に愚痴ってくる。

『この方針はあり得ない!』とか。

 

いや、私的にはあんたの方があり得ない。

文句は多いが仕事は雑で、しかも私の方が若いからか偉そう。

偉そうなのはいいんだけど、二郎のオムツ交換が適当すぎるので

私、堂々と指摘。

(強くなったものだ)

 

 

『まだここにウンチ!まだ黄色い!』

『このオムツ、濡れてるので新しいのにチェンジして!』

『その薬はベストではない!』

 

 

日本人といる時と同じように柔らかく接していると

中には彼女のように暴走してくるキャラが多い。外人は。

だから、しっかり堂々と自分の要望を伝えることが大事、とこの3年で学んだわ。

 

でも、どこの病院にもこのおばさんみたいなスタッフはいますね。

日本でも同じでした。

若い子に偉ぶりたい、というか。

大して実力ないのに(実力ないから)文句ばかり言う、みたいな。

そしてその文句は的外れ。

 

 

病院のVisitor room

 

入院中はこんな感じで人間観察を楽しんでいます。

 

と言うのも、例のナニーを雇う際に

私の第六感は『うーーん、ちょっと。。。』と言っていた。

それを無視して雇ったんだが、やはり勘は当たっていた。

 

だから今回の入院では

まず初対面の時の自分の勘を確認して

その勘がどのくらい精度が高いか、確認している。

今のところ、ほぼ100パーセントに近いくらいの勘の精度。

 

 

このお仕事を始めてから

500人近い方の人生と潜在意識を見てきた。

昔から勘が強い方だったが、

このお仕事によって私の勘はますます研ぎ澄まされ

かなり信用できるアンテナになっていることを確認した。

 

だいたい、10分話せば、その人が分かる。

魂が分かる。

 

 

入院生活もあと1日ですが

もう少し実験を続けてみます。

 

 

とここまで書いてたら

女帝がわざわざ診察に来てくれた。

今晩、退院できるかもって。

土曜日に女帝のオフィスに診察に来てって。

 

喜んで!!!

 

 

 

では。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。