『美しい自分』とは?世界一美しい図書館で感じたこと

イギリスも5月1日を迎えた朝、

この記事を書いています。

 

 

昨日、4月30日は

ロンドンの自宅でyoutubeで天皇陛下退位の儀式を見て

私の心の『日本人』の部分に響くものがありジーンとしたり。

 

あぁ、早く日本帰りたいなぁ、という思いが

日に日に強まっています。

さて、話題は変わりますが

まだブログに書いていなかったウィーン旅行のことを書いていこうかな♪

 

というのも、人生初の『ウィーン旅行』。

今までクロアチアやイタリア、スイスなど

ウィーンの近所までは行ったことがあるのだけれど

なぜかウィーンは未上陸でした。

 

 

妊娠7ヶ月で動くのも苦しくなってきたし

何より1歳児連れの旅行はとても目まぐるしくなるので

直前まで行くことを悩みました。

(航空券はだいぶ前に取ってたんですけどね!)

 

 

だけどなんとなく心のどこかから

『ウィーンには行かなきゃ!』という声が聞こえた気がして

重い腰を上げて行ってきたのです。

 

 

そして実際にウィーンに行ってみた感想ですが

『私の肌に馴染みすぎ!!!』でした!!!

もうね、着いた初日からこんな風に感じた。

『もうこの街で3年くらい暮らしてるんじゃないか?』って。

 

ウィーンの街にいる自分が当たり前すぎた。

言葉はあまり通じない。

ウィーンはドイツ語圏です。

小学生の頃、公文でちょこっとドイツ語を習ったけれど

覚えているのは『机=ティッシュ』というくらい。笑

 

観光地はもちろん英語が通じるけれど

一般の人はほぼドイツ語、というイメージ。

 

なのに違和感がほとんどない!!!

 

食事もとっても私好みなんです♡

肉食にはたまらない牛肉。備え付けの野菜も美味!

 

1番のおすすめ!チキンナゲットみたいな、オーストリアの郷土料理!毎日食べた♪

 

今回のウィーン滞在では、あまり多くの場所を巡らなかったのですが

それでも十分すぎるほどの感動がありました。

一番感動したのは、前回の記事でもお伝えした

『世界一美しい図書館』と呼ばれている

オーストリア国立図書館。

 

 

この図書館は18世紀後半に

マリアテレジアの父親であるカール6世が作らせたものだそう。

※ちなみに、マリアテレジアとは

マリーアントワネットのお母さん。

つまりマリーアントワネットのお祖父さんが建てたものですね!

 

図書館のどこを切り取ってもアンティーク♡

 

 

歴史的、かつ貴重な本がたくさん納められています。

 

 

こちらは確か子供用のワークブックという説明書きがありました。

こんなおしゃれな本で、当時の貴族は勉強してたのですね。。。

 

 

私が一目惚れしたこの『文字』!!!

蔦のような、装飾のような美しい『文字』!!!

活字中毒なのでこういうのに惹かれるんですよね。

この図書館にいると

時間が経つことも忘れ

周りは大勢の観光客がいる空間なのに

心はとっても『一人』を感じてシンとします。

 

この感覚を前回感じたのは

バルセロナのサグラダファミリアにて。

 

『本当の自分』と繋がっている感覚です。

美しいもの=本当の自分です。

だから皆、美しいものを見ると感動します。

育った国が違っても文化が違っても宗教が違っても

こうして世界中の人たちと美しいものを見て

みんなが感動するのは

みんながそれぞれ『本当の自分』に繋がっているから。

 

『美』は共通言語です。

そう感じてみると

『美しい自分とは?』ということについて考えさせられます。

女性だったら誰しも美しくありたいもの。

 

でも、その美の目的。

それは他人に好かれるためでも自慢するためでもない。

 

『本当の自分』に繋がった生き方をすれば

自然と『本当の自分』が表面に現れて

誰かを感動させられる美しい自分で在れる。

 

私はそう思っています。

 

ちなみに、妊娠7ヶ月のママが

1歳児を育てている様子はこんな感じ。

大きくなってきた腹に1歳児を乗せて育児してます笑

 

お兄ちゃんの声を感じると

お腹の中で弟がポコポコ騒ぎ出します。

 

今のとこ、お兄ちゃんは弟に無関心ですが

(babyがいるんだよ、とお腹を指差して教えているけど

伝わらない様子)

弟はめちゃくちゃお兄ちゃん意識してる、、、

そんな感じが伝わってきて愛おしい今日この頃。

 

ウィーン旅行記、続編に続く。

 

『令和』の潜在意識美人Styleオープンを記念して
Skypeコンサルを募集しております。
詳しくはこちらをクリック★

 

関連記事

  1. 【ベルギー旅行2日目】ちょいワル親父との出逢い。これだから旅は止めらん…

  2. 【ベルギー旅行最終篇】苦労は美しくない。そしてベルギー食は美味しい。

  3. 隠さない生き方★隠さない『女の在り方』

  4. ウルプル肌♡になる商品を一挙ご紹介!!

  5. 徒然記〜生理中の情緒不安定とか、ロシア機とか。

  6. CHANELのフェイスクリームにビンタくらった。

  7. 【ミシュラン二つ星行ったら、しばらく食事したくなくなった】『食べる』と…

  8. 【ブスは傲慢】これだからブスは嫌いなんだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031