Site Overlay

英国で感動させられた出来事〜やっぱり人間って楽しい

ウィンブルドン駅から出てすぐ横に

写真屋さんがあります。

小さくてちょっと暗くて

Google mapで『photo shop』と検索するまで

私も存在に気づかなかったそのお店。

 

先日、二郎のパスポート写真を印刷してもらおうと

家から一番近い、その写真屋に行きました。

 

在英日本大使館

 

私はアプリを使ってパスポートの写真を撮ったのですが

なんつーか、見るからに画像が悪くてですね。

でもあまり子供のパスポートにこだわりないので

『なんでもいーや』って思ってたわけです。

 

暗くて、小さなそのお店に

私は少しドキドキしながら入ります。

お店には背の高い、インド系?パキスタン系?のおじさんがいて

私はそのおじさんに息子のパスポート写真を印刷したいと依頼します。

 

 

私がiPhoneで提示した写真を見て

そのおっちゃんは

『これはあまり画像が良くないね?』

『頭の上もスペースがあまりない』

『あなたは日本人?日本のパスポート写真は頭の上に隙間が必要ないの?規定は?』

と言います。

 

 

こだわりがない私は

『多分、これでイケるんじゃね?

太郎の写真も同じアプリで大丈夫だったし』

『規定?分かりまへーん』

ってな感じで、答えます。

 

 

すると、そのおっちゃんは

『ちょっと待って…。あ、日本の規定はコレコレこーだよ』

と、わざわざネットで調べてくれています。

まず、外国人がここまで親身に対応してくれることがあまりないので

私、感動し始めます。

 

 

さっきまでは、テキトーに思っていた私も

ちょっと乗り気になってきます。

 

『実はさ、おっちゃん。

他に気に入ってる写真があって、それを使いたいんだけど…。

でも体が曲がってるし背景が白くないからダメだよね…?』

と相談。

 

 

ちなみに、気に入ってるのはこちら。

 

 

背景がしわくちゃだし、体が曲がってる。

流石にこれは使えないよね…と思ってたのですが

おっちゃんは、

『ちょっと、このメールアドレスに送ってくれる?』

と。

 

 

そして私から受け取った上の写真を

その場で丁寧に丁寧に背景を加工して

頭の上のスペースも規定通りに作って

すんごーく可愛いパスポート写真を作ってくれました…!!!

 

 

なんて親身で、なんて丁寧な方なのでしょうか。

なんて愛情を感じる出来事なのだろうか?!(涙)

 

 

そのおっちゃんに何度もお礼を言って

話を聞くと

どうやらそのおっちゃんは日本の友達がたくさんいる親日家?らしい。

 

 

親日家といえば、

昨日私、アマゾンUKにクレームつけたのですよ。

 

勝間和代さんが『女性は髪が綺麗だと得する!』と言ってたので

さっそくアマゾンでトリートメントをオーダーした。

そしたら段ボール箱だけ届いて中身は空っぽだった。

きっとどこかで落ちたのでしょう。

 

 

英語での電話は、嫌い。

だって電話での英会話ってハードル高いんだもん…!

でも頑張って、アマゾンのカスタマーセンターに電話をするも

なんと受電した人が、おそらくインド人。

 

インド人の英語って、ほんっとーーに聞き取れないんですよ…!

これは他の日本人も言っていたので

おそらく、インド人英語と日本人の耳は最高に相性が悪いと思う。

 

この電話も全然聞き取れず

でも私は遠慮することなく

『Sorry!?!』と何度も聞き返します。

すると電話を受けてたインド人の若いにーちゃんが

『ちょっと待って』というので

あーまた待たされるのか。これだから外国は…!とイライラしていたら

 

にーちゃん『アナタを イマカラ オキャクサマノ タイオウ スル トコロ ヘ オクリマス。』

『ワタシの デキルコト アリマセン スミマセん』

のようなことを言うではないですか!?

 

 

そう。

わざわざグーグルかなんかの翻訳機能を使って日本語訳してくれたー!(涙)

 

こんな対応、英国では滅多にないですよ!!!

 

思わず私も

『ワカリマシタ アリガトウゴザイマス』

とか片言日本語で返事したけど

通じるわけないじゃんね。笑

 

慌てて

『I see.Thank you so much!!!!』

と言い直しました。

 

そのあと、電話を転送してもらったアマゾンの別部署では

英語の綺麗な女性が対応してくれて

無事にトリートメントが翌日に届いたのでした…♡

 

 

 

ちなみに、影響されたのはこの動画ね。

 

 

前も紹介しましたが

勝間和代さんのこの本が超おすすめです。

この本は、私の昨年の本部門ベストスリーに入ります。

 

家事がちゃんと行われた空間(家)はエネルギーが高く

魂にとってもいい影響を与えます。

 

ですが家事嫌いの私は、そこまで家事に時間をかけたくない。

でも綺麗なお部屋で美味しい栄養たっぷりのものを食べたいの!!という願いを叶えてくれるこの本。

 

QOL(Quality of life)がめっちゃ向上するのでオススメの本です。

 

 

イギリスは昨日からウィンタータイムが始まりました。

今朝も気温は2度と冷え込んでいます。

 

青森女だから寒いのは結構、平気よ。

冬は朝焼けが綺麗だし、空気が凛としてて好き。

 

 

今週も素敵な1週間にしましょー。

悲しいことがあっても

嫌なことがあっても

自分と向き合うきっかけにすれば最高の1日★

 

 

(やっぱりポジティブ野郎なってる…)

■ポジティブ野郎になった理由

 

関連記事;だから『やりたくない仕事』は、するなって!!

 

 

では!

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
にほんブログ村

↑こちらの画像をクリックすることで

潜在意識美人blogの応援となります♡

よろしくお願いします。

 

 

1 thought on “英国で感動させられた出来事〜やっぱり人間って楽しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。