自分のことを汚らわしいと思っていた私が、自分をマジで全肯定できたかも。

母は未婚のまま私を産みました。
当時の母は25歳で父は60歳でした。そして父は他の誰かと結婚をしており、その他にも何人もの女性がいました。

それから3年後、母は私の妹を産みました。

父は週に2回くらい私たちの家に泊まりに来ました。それ以外の日は、父が結婚している人の家や他の女性の家をローテーションで回って生活していたようです。
当時、父は不動産会社を経営しており結構稼いでいるようでした。その証拠に自分の女たちのために何軒も家を建てていました。

 

父の周りに集まる女性は、私たちと仲良くしてくれる人もいれば私たちのことを嫌いツンケンしてくる人もいました。
特に父の本妻の態度が酷く、我が家に無言電話をかけては母を困らせていました。
陰気な顔をした女でした。

父の周りにいる女性のうちの1人でミエコさんという人がいました。母より10歳くらい?歳上でしたが自分で小さな美容院を営んでおり私たちはよくミエコさんのところにお邪魔しては夕飯を頂いていました。ミエコさんはお料理上手だったのです。

 

そんな感じで私は高校までを実家で過ごしました。ですが高校が終わる頃には父と会わなくなっていました。
父は私が中二の時に脳梗塞をやり、長い入院生活を送っていました。脳梗塞後の父は体に麻痺が残り、そんな父を見るのはとても悲しくて私たちは次第に父から遠ざかったのです。

お金をバリバリ稼いで女好きなパワフルな父が、ただのおじいちゃんになった姿は、哀しかったです。

 

父は私が22歳くらいの頃、亡くなりました。私はその頃は仙台で働いていましたが母からの連絡で知りました。母は新聞のお悔やみの欄で父の死を知りました。

 

 

そんな両親の元育ったことはもちろん、私の人格形成に大きな影響を及ぼしました。

私はずっと『私は、避妊してない身勝手な大人のもとに産まれた人間』と自分を定義していましたし、父と母のその欲望を汚らわしく思っていました。

要は自分の存在を汚い、と思っていたんです。

 

 

母は決して父の悪口を私たちには言わず、ずっと父に恋をしていました。父が泊まりにくる日は母が女の顔になっているので恋しているのは一目瞭然でした。

母は『パパの子どもを産むことができて本当に嬉しかった』と言うことがありましたが、私はそれを信じませんでした。

身勝手な大人が出来事を美化するために言い訳を言ってるんだと思っていました。

 

占い大好きな私は両親のことを観てもらったことが少なくないのですが、今までに2回ほど霊能力がある人に同じことを言われました。

『お母さんはとってもお父さんのことが好きなのですね』と。

それを聞いても私は『ふーん』と思う程度で、その言葉が実はどんなに私にとってパワフルな影響を及ぼすのか、まだ気づいていませんでした。

 

 

先日こんな記事を書きました。

 

私の母の恋は周りから反対されるなんてものではなかったでしょう。
今から35年前。まだまだ世間がガチガチだった時代に、母は、あんな父の子どもを2人も産むという選択をしました。

この間、上の記事を書きながら気づいたんです。

 

母の恋は正解だった。と。

私の存在は汚くなかったのだ。と。

 

その気づきは私のアイデンティティを根本からひっくり返すような威力がありました。

 

もし私が母の立場だったら、私は母と同じ選択をできるのでしょうか?

 

『この人が好き』

ただそれだけで2人の子どもを1人で育てる覚悟で産む選択を、この弱虫な私はできるのでしょうか。

 

今までの私は決して上記の選択をしない生き方をしてきました。
せめてもの母への反抗です。

でも、私は今また生き方を変えようとしています。

 

これからの人生で私が選ぶのは母の人生なのです。

1回母の人生を全否定して
そして自分なりに人生を旅して
行き着いたのは母の人生でした。

 

 

Yuki

◆大事なお知らせ
LINE公式アカウントの変更

 

↓新しいアカウントの追加ボタン&QRコード


 

 


↑YouTubeちゃんねる【潜在意識美人®︎ちゃんねる】

【動画配信】毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

関連記事

  1. 仏のようなカレと出会いました♡

  2. どんなに今が酷くても、女は絶対幸せになれる。

  3. マイルドなヤリマンであれ!!!

  4. 交際半年♡11月にお付き合いしてた彼と入籍しました(*^_^*)

  5. 恋愛成就は『朝飯前』で、男は可愛い。

  6. 【相性最悪】私のことを世界で一番愛しているのは夫だ。

  7. 【東出&杏ちゃん】私が『浮気男の実態』に精通している理由

  8. 『どうしても恋愛だけは上手くいかない!』を終わりにする方法

コメント

    • 美波
    • 2020年 9月 07日

    私の主人はyukiさんと同じく未婚の母の子です。穏やかですが酔うと「俺は欠陥人間だからさ〜」と言うことがあります。その表情を見ると毎回切なくなると同時に私の想像じゃ辿り着けない気持ちを抱えて生きてきたのかな…なんて思います。
    お母様の生き方からの大きな気付き、素敵です。

    • 匿名
    • 2020年 9月 07日

    yukiさんは未婚の母についてどう思うのか聞きたいなぁと思っていました。
    芸能人でもたくさんいますし知り合いにもたくさんいますが、無意識に潜在意識で生きてる人というか、繋がりやすい人というか…本能を大切にしているというか、そんな人がわりと多いのではないか?と感じるんです。一度悟っちゃってる人というか。宇宙系というか。
    そうではない人もいるし、トラウマがずっとブロックになっている人もいますが。
    単に、避妊しない非常識バカ、とひとくくりなしてはいけないような気がします。
    潜在意識を活用してる八木さやちゃんや藤本さきこさんも元々未婚の母だったり、未婚の母覚悟で出産を決めてたり。
    そして、世間や常識を重んじる日本で、未婚の母を選択して育てている人には、なにかものすごいパワーというか、そんな人たちこそ潜在意識と繋がったときにすごい変化をする気がしています。
    未婚の母の元で生きる選択をして産まれてきた子供達もです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930