『ワタシ感覚』を育てる休日。

昨日はたくさん眠って

今日は朝から体調がバッチリ!!

そんな週末は、家族3人で路面電車に乗ってすぐのところにある大好きな公園へ。

 

 

一応、『park』という名称がついているんだけど

公園ってか、もはや森。

 

 

↑これは、草刈り馬車(←こう呼んでいいのか!?)です。

馬が歩くと、後ろの工具で草がどんどん駆られていくの!!!

 

 

少し歩くと、川。

そして森の至る所に、池があります。

水が透き通っているこの池には

たくさんの鳥が暮らしていて

今日は赤ちゃんの鳥もたくさん見ることができました。

 

我が家の1歳児も『クワっ!クワっ!』と大興奮。

あれ?日本ではカモの鳴き声をどうやって表現するんだっけ???

 

 

この公園は、なんとなく『気』が良くて大好きです。

今度、二人目を産む病院も

なんとなく『気』が良いから大好きです。

 

その場所に流れている雰囲気。

それを『気』とも言うけれど

日々、自分の五感を大事にしながら生きていると

自分にぴったりの場所や人は、その『気』が教えてくれる。

 

化粧品もそうだね。

どんな口コミやレビューより、

自分の肌に乗せた感覚で、自分に必要なものかどうか分かる。

自分に必要なものは

肌に乗せた瞬間、違和感なくすんなり馴染む。

 

自分に必要なものは

身体が、全部、知っている。

 

 

日々の生活で、自分よりも外側に目を向けている人は

もちろん五感が鈍っている。

 

そう、こんな風に。

→感情を無視すると苦しくなるワケ

 

 

周りの言うことなんて、全部、ウソ。

自分の言うことが、自分の真実。

ワタシ感覚を信じることが創造の第一歩。

 

↑これは昨日のウィンブルドン駅前ですが

私の住む、このウィンブルドンもとても『気』が良いです。

 

引越し先も、もちろん同じウィンブルドン。

てか今の家から、徒歩5分。

 

 

さて、今日ハイキングした公園の話に戻りますが

私はこんな風な『秘密の隠れ家』的な小道が大好き。

私が通った小学校も

中庭からすぐ、大きな森につながっていましたが

 

こうやって森を探索して

『今、私がこの場所にいることを世界中の誰もが知らない』

と、世界に思いを馳せる時間が大好きでした。

 

そうやって孤独を感じることで

地球がより身近に感じるのです。

多分、というか絶対(笑)

私は小さい頃から変な子供だったと思います。

 

不思議なことに、イギリスに来ると

こうやって小学生の頃の自分を頻繁に思い出します。

 

というのも、

同じ自然環境とキリスト教、聖歌にマリア様。

(私が通っている小学校はカトリックでした。)

小学校時代とリンクするものがイギリスに多すぎて

30年近く経った今、改めてあの小学校に入学させてくれた母に感謝なのです。

 

 

 

さてさて。

秘密の小道を通った後は小さな牧場で動物たちを見て

1歳児をたっぷり遊ばせて、体力を消耗させようという試み。

 

 

妊娠後期ってあんまり自分の写真撮りたくないんですけど

今日はちょっと撮ってみた!

 

既に体重が15キロは太ってるから

(もはや体重すら把握してない。笑)

首とか肉つきすぎて、首が回しづらいの。

 

そんなこんなであまり写真を撮りたくないのです!

 

しかしイギリスの産院では

『体重は大丈夫ですか…?』と恐る恐る聞く私に

『Great!!!!!!』と、黒人ナースさんの太鼓判つき。

 

グレート、ということで

まぁ良しとしましょう。

 

 

帰り道は今日もこんなに綺麗な空。

 

 

残りわずかな、3人家族生活を楽しみたいと思います。

 

 

二人目妊娠前は

『もし次の子を妊娠したら、自分のことで精一杯で

上の子のことをウザく感じるかもな』

と予想していましたが

これが不思議なことに

妊娠すると、上の子がめちゃくちゃ愛おしくなるんですよ。

 

私、今回の妊娠発覚前に

『あれれれ?なんで、こんなに息子への愛が湧いてくるんだ?なんだこれ?』

と思ってたら妊娠発覚しました。

というか、その感覚のせいで妊娠を予感した。

 

つわり時期もかなり体はしんどかったが

息子が可愛くて乗り越えられた。

 

さて、二人目産後は…

どうなるんですかね。

 

いずれにせよ、1日1日を

自分と全てと繋がりながら妊娠後期を過ごしたいと思います。

 

 

皆さんも、素敵な1週間を!

関連記事

  1. 私は嫌われているのか、検証してみた。

  2. 隠さない生き方★隠さない『女の在り方』

  3. コロナ渦中でも幸福でいる方法

  4. 30歳も40歳も50歳も!いつでも恋できることが証明された♡

  5. 『人に嫌われたくない』という偽善

  6. オンナの人生がつまらなくなる理由。

  7. 美容整形と化粧品収納

  8. バカな女でいる理由。

コメント

    • あやの
    • 2019年 6月 03日

    ゆきさん

    オススメの並木さんの本が届いたので
    読み始めました。
    なんかワクワクしながら読んでいます。

    この前の記事にも
    あったように
    外側は現実ですよね
    内側は気持ちや感じる事とですよね?

      • Yuki
      • 2019年 6月 09日

      そうです!内側は自分^ ^
      本、読んでくれているのですねー!!とってもおススメなのでシェアできて嬉しいです★

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930