私が恋愛で憎しみや嫉妬を経験した理由

例えば自分の中の黒い感情、
恨み、嫉妬、殺意、憎悪など。

これらをどうしても見たくない人、いるよね。

もしくは、すごーーく抵抗を感じる人。

私は自分と向き合い出してからも
黒い感情にはあまり抵抗なく受け入れられた方。

今では黒い感情に出会うと
『よっしゃーー!!』ってなる。
興奮する。

※黒い感情を観ると幸せになるからね!

で、クライアントさんで
黒い自分を見たくない!と抵抗強い人がいたから
『どうしてそんなに黒いのが嫌なの?』って
聞いたりした。

そしたら逆に
『その質問の意味がわかりません』と言われた!笑
※訳;そもそもYukiさんはなぜそんなに黒い感情を
平気で受け入れられるか?と言う意味だと思う。

で、自分でも考えてみた。

なんで私は黒い自分に抵抗がないんだろう。
なんで私は『どうせ私って黒いし♪』と、
ポップな感じでいられるんだろう?って。

そしたらある恋愛にたどり着いた。

その人とは4年くらい付き合ったが
その4年間の間、別れたりより戻したりを
無数に繰り返した。

彼は女友達が多くて
私はそれが許せなかった。

私には男友達の概念がないし
(男は、知り合い、もしくは恋愛関係のどっちかに分類される)
彼女がいるのに女友達と出かける彼の行動が
全く!!意味わからなかった。

私は強い束縛をしたし
FBIバリに常に監視してた。

マジで監視してた。
長くなるから詳細は省くけど皆が驚くほど。笑

そしたら彼は疲れたし私に嫌気がさした。
当たり前である。

で、その度に
お互いに殴り合う喧嘩をしたし
とんでもない罵り合いも何度も勃発した。

だけどお互いどこかで惹かれていて
彼は私の野心をとても支持して尊敬してくれてたし
私は彼のマイペースで野心がないところを尊敬していた。

だからなかなか別れられないんですよ。

その4年間は
何百回も喧嘩をして
その度に
『嫉妬に狂った自分』
『恨みで苦しい自分』
と対峙した。

その経験があったから
私は自分のことを
ブラックがない人間と思えなかったし
逆にブラックしかない人間だと気づいていた。

なんで、あの彼と
あんなに濃密な4年間の恋愛をする必要があったのか?
ちょっと謎だったんだ。

彼との恋愛は
私の中のブラックを炙り出すためのもの、であり
その重大な任務を彼は背負ってくれたのだ、
と気づいたら納得しかなかった。

彼と出会うまでに蓄積されたたくさんのブラック感情。

彼の前の元彼たちや
家族の中で培われたブラック感情。

それの突破口となる恋愛だったんだなぁ。

自分を諦めるための4年間だった。

いい恋愛したなぁ。

別れた頃は
憎しみで気が狂いそうだったのに
今こうやって穏やかに理解できることが感動!

恋愛って
人生で1番の勉強だ。

ま、あれですよ。

この彼が例の
『女もののパンツをかぶってた元カレ』なんですけどね。笑

↓詳しくはこちら。

Yuki

◆大事なお知らせ
LINE公式アカウントの変更

↓新しいアカウントの追加ボタン&QRコード



↑YouTubeちゃんねる【潜在意識美人®︎ちゃんねる】
そろそろ始動予定。ベラベラまったり空間。

【動画配信】毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

関連記事

  1. 『怒り』って、美しい。

  2. 【きもちがわるい出来事】正しい人のふり、優しい人のふり。

  3. 【さみしいよね】でも、絶対に穴を埋めてくれる男がいる。

  4. コロナ渦中でも幸福でいる方法

  5. 【悲報】サバサバしているからモテないと言われた。

  6. コロナのせいで淋しくてたまらない理由。

  7. 唐田えりかさんが東出不倫を続けた理由。

  8. 【恋愛にも通ずる】借金する現実を創ってしまった理由。

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 19日

    Yukiさんのブログの古い記事まで読み返したいのですが、戻るをクリックすると最新のページに戻ってしまう。
    さらに読み込むを何度も押さないといけない( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728