ママ友の苦悩。苦悩を呼ぶ人生とは?

今日はやる気に満ちていて

日曜日の朝は、家の前の庭の掃き掃除。

そしたら…

 

 

秋、みーつけた!!!

落ち葉に、さくらんぼに薔薇の花弁。

この混沌とした秋の塊にしばし、見惚れてしまった…。

そんな私自身の感性が大好き。赤毛のアンみたいで。

 

人より涙もろいし、

一つのことを見ても、世間のほとんどの人より多くのことを感じる、思考する。

人生の多くの時間を物思いに費やしている、そんな私。

 

何度か書いているが

私はHSP(超敏感体質)である。

 

ある人と会うと、

その当日とその翌日

自分の気持ちが妙に落ち込み、妙に家族に対してイライラすることに気づいた。

 

なんだかイライラ、自暴自棄になっていて

『あれ、待てよ』と。

特にイラつく必要も落ちる必要もないのに

なぜこんなに落ちてるの?とふと冷静になった。

 

そうして気づいた。

『私、あの人と会うとおかしくなるじゃん!!』って。

 

 

 

マダムとの、韓国料理ランチ直前に気づいた。

(マダムが以前、私のことを書いてくれた記事はこちら

https://ameblo.jp/sachatake/entry-12468868044.html

その日、私は元気がなくすごく後ろ向きな気持ちだった。

マダムとの約束もキャンセルしたほうがいいかな…と迷うほどのモヤモヤ感。

だが、マダムとの会話はいつも楽しく元気になるので

だるい体を頑張って持ち上げて、

でも化粧する元気がないのでやっぱりほぼスッピンで韓国料理屋に向かう。

 

その途中で気づいた。

『私、あの人から悪い気をもらっているのかも?』って。

 

 

 

 

その人と話をすると

いつも会話は暗い方向に行く。

 

例えば、先日の窃盗団の話だが

→窃盗団に襲われかけて死ぬかと思った話

窃盗団に襲われかけたけれども

私自身、結構平気?というかネタにしていて

『あー!怖かったわー!(以上!)』って感じでサバッとしていた。

 

 

だが、彼女に(注意喚起のつもりで)その話をすると

『私だったら、その家にいられないかも…』とか

『トラウマになるかも…』とか

『そういえば、この間も日本人の家に外人が侵入して殴打されたって聞いた!』

という方向に話が進む。

 

 

そのほかにも

『駐在している日本人の子供たちの中でいじめがある』

とか。

その話を聞いて私は

『そんないじめる人と関わらなきゃいいですよー!(サバっ!)笑』

と対応するのだが

『子供が就学するとこういう悩みも出てくるんだよ』というように

まるで

『あなたの子供がまだ小さいから、いじめの問題に遭わないだけだよ。

いずれ、あなたもそんな経験するかもよ…』

と言われているかのよう。

 

 

表情が暗く、(余計なお世話だが)肌の調子も悪そうで

現に、とある病気で悩んでいるその人は

いつも苦悩している。

 

 

私がつわりの時に、非常に良くしてくれたその人に

ついつい心を完全オープンしてしまった私は

その人と会うたびに、自分がグラつきどんどんネガティブになる。

 

そのネガティブを引きずったまま

久々にマダムとランチをした。

 

 

窃盗団の話も、

いつもの自分の勢いなんて失った私は

『すごく怖くないですか…?子供が襲われたらどうしよう…

夜も眠れなくて…』

と別人のようにマダムに訴える。

 

 

おかしなことに

私はマダムに共感して欲しかったのだ。

大変だねー怖いわよねーと、共感して欲しかった。

完全、被害者モードである。

 

 

 

だがマダムは違った。

 

マダムはこう言い放ったのだ。

 

『あなたが窃盗団ごときに、どうしたの???』って。

あっけらかんと、はっきりとした口調で。

本当に目をまん丸にして、不思議そうにそうおっしゃった。

 

 

それを聞いて、一気に目が覚めたよね!!!

 

 

『そうだよ!このアタシが窃盗団ごときで、どうなるってのよ!!』って。

むしろ、キンタマもぎ取るくらいじゃなきゃ!!って。

(笑)!!!

 

でも、本当に

本来の私はキンタマもぎ取るくらいの女なわけ。

(どんな女よ?)

 

 

なのに、うっかり影響されうっかりグラグラになった私は

こんなにも弱気になっていろんなことにイライラしていた。

 

 

完全の、例の彼女の気をもらっていた。

HSPが人の念や気を受け取りやすい、というのは

HSPの研究をされている長沼医師も明らかにしていた。

 

↓こちらのサイトも読んでみて!↓

明橋大二先生と長沼睦雄先生に「HSP・HSC」の最新動向を教えてもらいました!

いま、新しい議論として、五感では説明がつかない感覚についての見解が進んでいるそうです。
キーワードは「フォトン(光子)」と呼ばれる素粒子。
フォトンは、「粒であり、波である」「時間の概念がない」「別々の場所に同時に存在する」などの特徴を持つ、人の日常的な物理の法則とは矛盾する不思議な法則を持つ量子なのだそうです。

なんと、意識も感情も「フォトン(光子)」でできていて、情報を乗せて波となって伝わってくるのだそう! フォトンであれば、通常の感覚ではないものを感じることも説明可能になり、これまでスピリチュアルと呼ばれてきたものは、量子力学の登場で研究ベースにのってきた分野なのだそう。すごいー。
HSP・HSCの人は、その敏感さから、人の気持ちや見えないものが乗った波である「フォトン」を感じ取りやすいのかもしれませんね。

(引用ここまで)

 

物質も、人の思いなども素粒子でできている、というのは

ちょっとでもスピリチュアルかじってれば有名な話。

まぁそんなこんなで、マジで『時間を共有する人』には敏感になろうと思ったのでした。

 

苦悩の多い人生を送ってる人って

本当に面白いほど、全てを暗い方暗い方へ引っ張っていく。

意識が現実を作っている、って本当だ。

 

しかし面白いのがマダム。

いつも会うと

『やっぱりあなたって面白いわね(真顔)』とおっしゃるのだけど

いやいや、あなたもよっぽど面白いですよ、マダム!笑!

 

『だって私、おばさんだから!』が口癖なマダムは

(↑これ、全然ネガティブな意味じゃなくね!)

『私はね、誇りを持っておばさんをやってるの!』と言っていて爆笑。

 

可愛いくて強いおばさんは世界を救う★

マダムを見ていると、私もこんな風に歳を重ねたいと思う。

 

 

そんなマダムには

『(人の重い念とかも)香りで浄化するといいわよ!』

ということで

こちらをプレゼントしていただいたー!!

Jo MaloneのRed Roseのディフーザー

 

おかげで我が家は高貴な薔薇の香りで満ち満ちている。

薔薇といえばベルサイユ宮殿を思い出すわー。

 

そんでもって、こちらもマダムに以前勧められた

ホワイトセージ。

これを焚いて浄化している。

 

これらのおかげですっかりパワーチャージした私は

元気満々の、勇気りんりん。

もう金玉の2つや3つ、朝飯前にもぎ取れそう。

 

 

でもさでもさ。

『変な気をうつされたー!(その人のせいで!)』って騒ぐのもお門違いで

やっぱり、そういう念や気を受け入れてしまう自分自身に隙があった。

私の場合、同じ『駐在妻』という立場で

帰りが遅い夫へのもやもやとか不安を、その人と共有していた。

その人と共鳴していた。

 

『駐在妻はこんなに大変!』

『夫の会社(日本の会社)は子育てにこんなに理解がない!』

という怒りの部分が、その人と共鳴しちゃったんだよね。

 

静かに反省。

夫の会社にも、駐在妻という経験にも

もっと感謝して

また自分で自分の人生を切り開いていこうと思うの。

 

 

私は、幸せなのだ。

関連記事

  1. コロナ渦中でも幸福でいる方法

  2. 『設定を変更する』は私には合わない。

  3. 『さみしい』を変換して、愛まみれの人生を創るのだ★

  4. コロナのせいで淋しくてたまらない理由。

  5. 願いが叶う時、私はいつも絶望しブチ切れていた。

  6. 友達なんて、必要ない。必要なのは、こういう他人。

  7. 誰でも最愛のパートナーに出会える方法。

  8. 永遠に続く『お母さんへの片思い』

コメント

    • ゆー
    • 2019年 9月 22日

    実は、ちょっと前のYukiさんのブログが、なんだかとっても重い空気で、どうしたんだろ?と思っていました。
    わたしの中で、違和感が出てきていたので、幸せなYukiさんが戻ってきてくれて、嬉しいです(^^)
    わたしも敏感なので、ありょ~?なんか暗ーぃ!ずしっと重い(^^;と感じていました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30