全然気が進まない‘東京引越し’

私、別居中の夫と育児面で協力するために東京に引っ越すって話したじゃないですか(人・_・)♡

 

んで先日東京に行ってきたじゃないですか。

 

 

東京に行った際に、引っ越した後に太郎次郎が入園できる可能性がある保育園を見に行ったのですよ。

夫が探しておいてくれてね。と言うか探して!と言ったんだけど。

認可の保育園はどこもいっぱいだし空いていてもいろんな手続きが必要ですぐに入園できず不便でこの上ないので認可外を狙って探したのですが…

その保育園が【都会の雑居ビルに入っている保育園】だったのですよ。

そんな保育園は都会にたくさんあるしロンドンにもあったのですが、田舎育ち(青森生まれ)の私はビルの中の保育園がどーしてもっ!!許せなくてさぁ…!!!

で、今の太郎の保育園なんて最高なんですよ。
たまったま空きがあってご縁があって入園できた保育園が最高すぎるんですよ。

その保育園は『さくらさくらんぼ保育』と言う種類の保育を行なっておりまして、その保育内容が痺れるほど私好みなんですよ…。

 

★さくらさくらんぼ保育とは★
生活のリズムを整え、食事は、旬の食材を中心に三食しっかり食べることを大切にしています。 子ども達も畑で野菜の種をまき、水やりや草抜きの世話をし、収穫をする。また、保育者によるピアノの生演奏に合わせた生物の進化のリズムを連想させる「リズム体操」で、身体のしなやかさや柔軟性を育みます。 子ども達自らが、ピアノの音色やリズムの変調を聴き分けて、俊敏に、時に優雅に動く姿には目を見張ります。
引用:https://lalaokayama.jp/lala_web/htdocs/lala/LALA101.php?m=0&sm=0&category=60&seq=2393

 

引用先https://lalaokayama.jp/lala_web/htdocs/lala/LALA101.php?m=0&sm=0&category=60&seq=2393

引用先https://lalaokayama.jp/lala_web/htdocs/lala/LALA101.php?m=0&sm=0&category=60&seq=2393

 

 

私の理想の子供時代をこの保育では再現しているわけですよ。

実際、太郎もこの保育園に通い始めてから野菜を前より全然食べるようになったし、何より風邪を引かない…!!

太郎の保育園の園児たちは冬でも薄っぺらい長袖Tシャツと肌着で外で遊んだ理していますがみんな風邪をひかない…(*´Д`*)!!

太郎はちょっと前までは3ヶ月に一回は発熱していましたがもう全然風邪をひかない…!鼻水が出るくらい。

それに保育園を訪れたときの子供の反応がとってもキラキラしているんです★

 

太郎の保育園では先生のことを『先生』と呼ばず名前で呼んでいます。しかも呼び捨て。笑

太郎がいきなり園長先生のことを『ウエノ』と呼んだときは驚愕しましたがどうやら他の子供もみんなウエノって呼んでるんですよ。

『ちょっとそれウエノがダメって言ってたじゃーん!』って、男の子が女の子に注意されていた。笑

 

無事ヘアカットした太郎。かわいいよね

 

先生たち1人1人もしっかり子供を見てくれていて、ヒノキなのかな?木造でできた建物でもあるせいか、まるで親戚に子供預けているような感覚で保育園に預けられるんです。

おもちゃは1個もなく、遊びといえばお庭でフライパンや鍋を使って砂遊び。もしくは田んぼの中をお散歩。自然に咲く花や虫を見つけて遊びます。

とにかくさいっこうな保育園なんですよ。

 

で、東京引っ越しにあたってまず一番エネルギー注ぎたいのが保育園選びだったんです。わたし結構、保育園選びにこだわりがあるようで、わたしに合わない保育園に子供を預けるとメンタルやられて仕事ができないんです。笑

東京こそ意識が高いので太郎の現在通っているような保育園があるかと思いきや…あんまりないしそもそもそんな良い保育園は満員なわけですよ。

セレブが通わせるような世田谷区のモンテッソーリ教育とかも出てくるけどわたしが求めてるのはそーゆーんじゃないんだよなぁ。

 

 

子供自体はどこに行ってもケロっと遊んでいるのですぐに慣れていくのでしょうが、わたしが【雑居ビルの保育園】を許せないし小麦粉たっぷりの給食も嫌なんだよなぁ。(家ではうどんとか小麦粉に逃げますけどね。笑)

そんなことを教育者である妹に話したら長野にある自由な校風の小学校を教えてもらったりしたので、太郎が小学生になるときはマジでそーゆー学校を選ぶかも。

 

昼食を食べる時間も自分で好きに選べる小学校などもあるらしく、そーゆー学校がいいんです。

 

もう規則ガッチガチの軍隊教育は古いを通り越してるんだよなぁ。お受験戦争もいらないし学歴あってもどーにもなんないしなぁ、とか気づけば教育のことばかり考えている。

 

 

そして、さくらさくらんぼ保育のような…
というか太郎が現在通っている保育園のような場所をわたしも作りたい!!

で、子供に『ゆきー!』とか呼ばれたい。笑

今では名前こそ呼ばれないものの『なんで髪赤いのー?』とか『なんで変なマスクつけてるのー?』とか園児との会話を楽しんでおる。笑

 

先日設立した株式会社ではそんなことも行なっていきますよ★

 

 

っちゅ〜わけで、東京引っ越し、めっちゃ気が進まない。

しかも夫が育児をガッツリサポートしてくれると思いきや
『平日は絶対無理!残業だし』と言われ
それに不満な様子を出したら
『そもそもこんな忙しい部署に移ったのもゆきが家庭のゴタゴタを起こしたせいもある』と言われギャフン。

 

あ〜わたしこの人のこーゆーところが大っ嫌いで離婚したんだったわぁ❤︎
と原点回帰したぜ。笑

↑あ、間違えた。離婚じゃなくてまだ別居中だった。笑

 

 

会社を崇拝している男が嫌い❤︎

 

 

Yuki@幸せは家庭から。

 

 

 

 

 

♡各種サービス一覧♡

ホンモノの自分で稼いでみない?

 

1番人気!6ヶ月間以上かけてじっくり確実に世界を変える

 

3ヶ月間にわたるオンライン講座。
毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

いつでも相談に来て♪オンラインコンサル

 

どのメニューを受講すればいいか分からない貴女へ
Yukiがどんな人物か、雰囲気を掴んでから申し込みたい方へ

 

 

♡Information♡
ブログ記事が更新された際にLINE公式アカウントにてお知らせしています。
タイミングが合えばに頂いたメッセージへの返信も行うこともあります。是非登録してねん♪

↓アカウントの追加ボタン&QRコード

 

 

 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

  • コメント: 1

関連記事

  1. 私事ですが、別居します。

  2. それは旦那さんを捨てる言い訳なのだろうか。

  3. 別居と日本帰国を決断した理由

  4. 意地でも自分を幸せにしてやる。

  5. 【別居前日】いよいよ日本へ帰ります。

  6. 【決めた!!】どうなる!?東京行き!復縁?

  7. 別居をすることを旦那さんは承諾しているのか?という愚問。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 4月 08日

    うちの近所(神奈川)にこういう保育園があります。
    https://www.mugikkobatake.org

    しかし東京からだとちと遠いですね・・。
    この保育園は相当ユニークですから、今後何かのご参考になりましたら、、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント