私を愛さない私は殺す。

昨日、『肩書きで人を判断するな!』って話を書いたけれども
誰よりも肩書きで人を判断していたのは私自身だった、って話し、
今日はそれを書いていく。

 

 

 

夫との別居を決めたとき
それはそれは不安でした。

とっても不安でした。

イギリスから日本に帰国してからの半年間は
本当に大変だった。

笑えるくらい大変だった。

 

引越し直後の我が家

 

東京に引っ越して2ヶ月が経ちましたが
最近、生活が落ち着いてきたことを感じます。

宮城でワンオペをしていたときは
大好きな読書ができなかった。

できなかった、というか
読書しようなんて気にもサラサラならなかった。

生活のこと、向き合うことがたくさんで
それを消化することで精一杯だった。

 

 

私が夫と別居を始め
日本に帰国してからは
母親との関係に究極まで向き合わされる日々でした。

それは究極まで自分と向き合わされる日々でした。

 

 

私はずっと怯えていたの。

『もし私が“幸せな結婚生活を送るYuki”という肩書きを手放したら、
どれだけの人が離れていくだろう…?』と。

“順風満帆で何もかも上手くいっているYuki”を手放したら、
どれだけの人が離れていくだろう…?』と。

 

 

そしてそれは実際に起こりました。

夫と別居し宮城で母との間に起こる事件や感情に向き合い
その日々をブログに綴り、
運営する秘密のオンラインサロンMoonClubで何もかも洗いざらいお話ししました。

私に起こっている本当のこと(ブログには書けないことも)をお話ししました。

 

 

そしたら20数名いたMoonClubの会員さんがどんどん減って、
8人くらいまで減りました。

MoonClubを退会した人がどんな気持ちで辞めたのか、
本当の奥底のところは理由を詳しく聞いてないから分からないですが
(そんなん理由なんて聞くのはナンセンスだしね)
私の環境が変化したことは大きく影響しているでしょう。

ブログのアクセスも落ち
それは私の心を苦しくさせました。

 

 

そして私の環境が変化していくことで
私から離れていく人がいるのも
それはとても自然なことだと思います。

私から離れていくこと、
正直寂しさはありますが
それは個々の自由なのでどうでもいいことなのです。

 

 

しかし私は、そうやって人が離れていったことによって
気づきました。

今まで私はいかに『幸せな妻』とか『駐在妻』とか『玉の輿(みたいな世間のイメージ)』で自分を売り出していたのか、ということに。

『愛する夫に愛されている私』に寄りかかったいたのです。

 

 

私が私自身をそうやって肩書きで判断しているものですから
私は他人のことも肩書きで判断していました。

 

正直に書くと、
私は昔
『この人はお相手と入籍していないのにも関わらず
どうしてそんなに幸せそうなんだろう?』
と、ある発信者に対して感じていました。

その発信者の人は、相手と入籍していないのに相手との間に子供を産み、それでも幸せそうでした。

 

その人がなんでそんなに幸せそうなのか当時の私には理解できなかったし
『どうしてそんなに幸せそうなんだろう?(それ、本当かよ?)』と、うがった視点でその人を判断していました。

今の私だから言えるけど
当時の私の視点はとっても浅かったな〜と思います。

それだけ肩書きにしがみついていたのだな、と。

 

 

私は
今まで自分は『幸せな妻』とか『駐在妻』とか『玉の輿』という条件で自分を売っていた、という事実を突きつけられ
自分自身に対して嫌悪感を抱きました。

こんな私が読者のみんなに『そのままの自分を愛せ』って、どの口が言ってんだよ。死ねよ自分。

ってくらい、嫌悪感を抱きました。

そして私は実際に(ある意味)死にました。笑

 

 

本当にビジネスをやっていく上で夫の存在は大きかったです。

やはりこの地球という物質界でビジネスをやっていく上で、そういった肩書きはとても便利なのです。

ですから肩書きも使い様(つかいよう)なのですが
私は少々それに頼りすぎていたようです。

 

それに気づくと今度は
『そんだけ夫に頼っといて、女は自立!とかほざく自分ってなんだよ』と思って、また自分に嫌悪感を抱きました。

死ねよ自分、と思いました。

 

自分に愛のない自分は死んだほうがいいのです。
気付いたら早々と殺すに限ります。

 

そんな感じで日々を過ごしていましたが
ここ最近、生活が落ち着くと共に
私自身もやっと落ち着いてきました。

 

週末の一人カラオケ

 

 

そうしたら私に必要な言葉が届けられるようになりました。

ちょっと前に親友に
『ゆきちゃんが別居を決めて実行したのって…、それって真の自愛だよね…!!』
と言ってもらいました。
※彼女も子持ち主婦なので、その視点から発言してくれた。

 

また別の時。
年上のマダムに私の現状を話す機会があったのですが
(本当に洗いざらい話しました。)
そのマダムはこう言いました。

『あなた、何を恥じているの!?』
『あなたの生き方はとっても素晴らしい!!』
『私は知り合いみんなに、こんな素晴らしい女性がいるのよー!って
あなたのことを宣伝したいわ…!!』

そう言われた時、泣いてしまいました。

 

それは私が私自身に一番言って欲しい言葉でした。

 

でも私は長い間、私自身にその言葉をかけてあげられませんでした。

 

正直、今でも100%の気持ちを込めて
『あなたの生き方は素晴らしい!!』
と自分に言うことは、できません。

 

ですが『今の方向性が自分の真実』と言うことだけは
なぜか分かります。
(↑これ、分からないくらい鈍感なほうがある意味ラクなんですけどね。笑)

 

私がすべきことは
自分の魂に従って
コツコツと日々を送ることだけです。

そしてコツコツと楽しい毎日を創造することだけ、です。

読者さん含め、関わる人に対して
真正面から見つめられる自分で在ること、です。

 

私は私の生き方が誰かに勇気を届けられるだろう、と信じています。

私は私の生き方が誰かを目覚めさせられるどう、と信じています。

 

だから、私自身がラクな方に逃げそうになった時は
そうやって自分を奮い立たせています。

 

ま、でも。

そうやって生きてるとたまにご褒美があるからいっか〜、となるんですけどね。

最近のご褒美はAmazon出版でしょ★

すっごく嬉しいってわけでもないけど
この現実は『あんたの生き方、いい感じだぜ』って
魂からの答えなんだと思う。

 

改めて、
この7ヶ月間
私を見守ってくれた読者の皆様
ありがとうございます、って感じだよー!

 

マジでみんなの人生良くするために
本格的にヒトラー復活って感じの今日この頃だよ…!!

 

 

私を愛さない私は排除する。
私を愛さない私は殺す★
私はどこまでも私だけを生きる。

 

 

 

 

Yuki@究極の自愛とは。

 

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

 

 

公式LINEにてblog更新情報をお伝えしております。

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 『怒り』って、美しい。

  2. 全然気が進まない‘東京引越し’

  3. 【決めた!!】どうなる!?東京行き!復縁?

  4. 『みじめで可哀想な私』は終わらせられる‼︎それは本当にキモチいいの?

  5. 夢を叶える時、私たちは死にそうになる。

  6. 全部、奴隷のせい。奴隷ぶった偽善者。

  7. 欠点は神様からのプレゼント。嘘を止めればいい。

  8. 奇跡を潰す女。奇跡を起こす女。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930