【生理痛が怖い】自分の波にうっとりしてればいいんじゃない?

やっほー★

 

後ろに見えるのはクリスマスプレゼントに買ってあげたラジコンです!

 

今朝は、朝7時にいつも通り
子供と保育園に向かおうとしたら
同じマンションに住むおじいさんが声をかけてくれました。

走り回る子供に『ちょっと待って!!』と言ってる私を見て
おじいちゃんは『お母さんのいうこと聞きなさいねー』と
優しく子供に言っていて
人見知りをする我が家のボーイズは
そこからすごくおとなしくなって助かりました。

マンションを出るときも
『それでは失礼しまーす!』と言ったら
そのおじいさんも
『はーい!行ってらっしゃい!気をつけてねー!』
と言ってくれて

私、もしパパが生きてたらこんな感じだったのかな…
ってほっこりしました。

朝から幸せでした。

 

そんな私は昨日から
なぜか親友と『お人形熱』が発生しています。

親友と二人して
本気でお人形を買おうとしています。

※親友は同世代の専業主婦です★

 

このリカちゃんも可愛いしバービーちゃんにももちろん惹かれます。

 

かわいいもの、美しいものを
『これ、かわいいよね!!』と言い合える友達がいるって
人生の醍醐味だと思います。

 

女って憎たらしいほどに可愛くて
そんな女に産まれてきたことが嬉しくって
自分の柔らかいポニョポニョのお腹も可愛いなって思います。

 

昨日の記事にコメントを頂きました。

『布ナプキンを使っているけれど生理痛が治らない。
生理が楽しいと思えない。どうすればいいですか?』
というご質問です。

 

 

 

ありささん、ヤッホー!

 

こちらのありささんは現在、
私のサービスを受講中のクライアントさんです。

なので私はありささんの人生の背景をある程度把握しているし
ありささんのマインドもある程度把握しています。

今日はそれを踏まえた上で
個人情報に配慮をしつつ
この記事にて回答させていただきます。

 

こんな存在を目指している、内緒ね(恥)

 

ありささんはこう書いています。

>生理が怖いです。
憂鬱です。
痛みが増していくことを想像するとゾッとします。

 

こうやって感じている女性は少なくないと思います。

昔の私もそうだったしね。

カレンダーを見て
『ウゲー、あと1週間で生理だ』とか思ってたし。

 

 

 

で、ここで考えてみて欲しいのです。
(できれば文字をノートに書いて欲しいのです)

 

『生理痛があると、どんな支障が出ると思っているの??』

ありささんの場合、
恐らく『仕事に差し支えるから』と一つ、
答えるかなと思います。

※ありささんのお仕事は忙しいです。
ワンオペして仕事してる私より忙しそうです。

 

 

もし生理痛があっても休める環境や
誰かが支えてくれる環境があったら
私たちはそんなに生理痛が怖くないです。

鎮痛剤も飲めるわけだし
薬のない弥生時代とかとは違うわけです。

 

やらなきゃいけないことがあるから休めない、
しんどくても普段通りの仕事量をこなさないといけないから休めない、
失敗は許されないから体調なんか構ってられない、
しんどくても誰も助けてくれないから休めない、

そんな風に思っていないですか???

 

 

自分の健康より仕事の方が優先順位が高いのはどうしてなの?

健康=自分が気持ちよくあること、自分が心地よくあること、だよ。

 

 

楽しい方を選べないのはどうしてだと思う?

気持ちいい方を選べないのはどうしてだと思う?

楽しい方、気持ちいい方を選んだら
どんな怖いことが起こると思っているの?

 

 

みんなに優しくしてもらうのが怖いのは
『私には欠陥がある』
『私は劣っている存在だ』
っていう、背負わなくていい十字架を背負っているからだよ。

被らなくていい罪を被っている。

それ、冤罪だよ。

 

 

自分には罪も欠陥もないのに
(誰一人として)
自分にずーっと罰を与え続けるのは
冤罪以外の何物でもないよ。

 

冤罪を背負っていると
人はきつい人生を選ぼうとしちゃうんだよ。

 

 

 

そして、知っていたかな?

子宮は『人と繋がることを知っている臓器』だよ。

人と繋がること
=人から優しくされること
=人に優しくしたくなること
=人と相互依存することを知ってること
だよ。

 

BeyondマインドD&E資料より。

 

そんなにそんなに子宮が痛くて
そんなにそんなに生理痛が怖いのは
『人と繋がることが怖いです』という、
その十字架を降ろしなさい、って
体が教えてくれてるんだよ。

なんであんた勝手に十字架背負ってんのよ、
どんだけマゾよ、
って子宮が苦笑してるよ。

 

 

私たちは不完全だから愛されるんだよ。

完全な人間は、
誰とも繋がる必要がない(支え合う必要がない)から、愛を交換し合える瞬間もないんだよ。

 

ありささんが不完全な
“そのまんまのありささん”でいたときに、
どんなに周りの人が癒されるか。
どんなに周りの人を励ませることか。

 

 

ねぇ^^
ノートで私にしてくれてるみたいに,
普段の生活で“そのまんまのありささん”でいてみない?

 

どうせ私たちは
365日いつも同じペースで動けないんだから

どうせ私たちは
成果を出すことだけで喜びを感じないんだから

どうせ私たちは
気持ちよく心地よくいることしかできないんだから

もう、それでいいんじゃない?

 

 

自分の波にうっとりしてれば、いいんじゃない???

 

気持ちよく生きていいなんて
誰も教えてくれなかった。

なぜなら日本の学校教育は
男性性のための教育だから。

それが悪いとか遅れてるとか喧嘩したいんじゃなくて
先生たちも誰も『女性の生き方』を知らなかった。

私たち以外の大人が無知で
私たちも無知だった。

親ももちろん無知だった。

私たちの母親も
男性になろう!男性をたたえよう!と必死で頑張って
疲れちゃって苦しくって
私たちを上手に愛せないことがあった。

 

ただ、それだけ。

 

 

私たちは、
それら全てを抱擁できる。

 

 

看護師をやっていた時
超音波で何千人もの子宮を見てきたし
何千人もの膣を見てきた。

私は超音波で患者さんの子宮を見て
いつもうっとりしていた。

先輩ナースにそれを言ったら
『???』って顔をしていた。

看護学生の時
死体解剖でおばあさんの子宮を見せていただいた。

おばあさんの子宮は
20-30代の女性と比べると小さくなるんだけど
それでもやっぱり可愛かった。

 

ちなみに、男性の玉を開ける手術も何度も立ち会いましたが
玉も玉の中身もあそこまで可愛くない。笑
(個人の感想です。
男性にこの話をするとみんな痛そうにするんだよね。
男性読者さんがいたらごめんなさい。)

 

 

 

朗報。

女は自立しなくていいんだよ。

 

ありささんや、その他全ての
この情報が必要な女性へ伝わりますように!

 

Yuki

 

\2/16 10時受付スタートします/

お申し込みはこちらからどうぞ★

 

 

↓Beyond マインドD&E資料の一部↓

 

 

 

 

  • コメント: 1

関連記事

  1. 【夫からのラブレター】時を超えて理解するパートナーシップ

  2. 【前篇】とある無能なプリンセスのストーリー

  3. マインドを飼い慣らして人生イージーモード★

  4. 私たちは“女帝”だった。ちゃんと今ここで『女』を思い出そう。

  5. がんばるの疲れた!ゆるゆるすると,人生が超楽チンになるよ。

  6. ふしだらな女。

  7. 【映画マトリックス】エゴの殺し方★エゴの殺し屋

  8. 夢を抱く私。そして私が絶対に介護をしない理由。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ありさ
    • 2022年 3月 07日

    Yukiさん、こんばんは!
    まさにこの記事でご回答をいただきました、ありさです!
    自分の波にうっとりして気持ちよく生きていい、こんなに納得感と安堵感のある言葉をかけられたことは、正直これまで誰からもなかったように思います。

    先輩に「無理しないでね、結局無理することになっちゃってるけど、、、」と言われてもその人だって無理をしているのを知っているから、「ありがとう。でもわたしは具体的にどうすれば?言葉通りに受け取って気持ちのままに2年間休んでいいですか?」とやさぐれた私は思いましたし(休めばいいんでしょうけど、、、)、親に「そんなに大変ならやめちゃえば?仕事なんて代わりはいるんだし」と言われましたがそれは事実だろうけど、「ここをやめても結局どうせ働かなくちゃいけないんだし、次の職場が決まるか、決まっても今より良いって思えるかわからないし、そしたらまた仕事変えるのか、ああ考えてるだけでめんどくさくなってきた、会社員やっている限り繁忙期と生理痛がかぶるあの嫌な瞬間はそれなりにやってくるだろうし」とやはりやさぐれた私は思っていたのです。職場を変えても私自身がなにか変わらないと、結局すり減っていくことに変わりはないのかな?と思うのです。気持ちよく生きるやり方を知らないんだ、とはっとしました。

    新入社員の頃にはすでに自分が人に頼るのがあまり得意でないことを自覚していたので、意図的に「人に頼ろう」と意識してはいたものの、いまだに下手くそです。
    先日も先輩Cさんに質問したら「任せる」と返ってきて、「A案とB案でAで行こうと思っています」と言ったところ「どっちでもいいんじゃないAならAで」と言われることが多く、やり方がわからず先輩Dさんに質問したら「マニュアル見て調べてみて」と言われ、マニュアル調べて1週間かかってやり方を習得できたのですが、こういうことが日々並行して10個ほどあるので、解決に非常に時間がかかります。そしてそれを「うんうん仕方ないよね!気にしない!」という性格でもないので、ふとやだなあって思うんです。
    やだなあ、この仕事は絶対に納期までに終わらないよってものが目の前に5個あるところに6個目が来る感じなんです。で、隣を見るとみんなそんな感じだから6個目だれかやってくれませんかー?っていう頼り方はあり得ない雰囲気なんですよね。

    一時が万事こんな感じなので、人を頼りに行くのを躊躇いそうになります。みんな忙しく、個人で出来るだけ片付ける傾向があり、私にもそうなってほしいので見守っていると聞いています。また、私が人に聞く以前の段階のことを聞いてしまっている時もあると思います。先輩や上司のことをすごいなあと思いますが、いつかなりたいとは思えません。私が同じように仕事していたらぽっくりいきそうだからです。こうして色々分析したりもしますが、とりあえず、疲れてきました。そして、その疲れにも波があって、まだやれると思ってしまう時期が月の5分の3、いやもう無理一年以内にとにかく辞めてやると思う時期が月の5分の2、、、

    ここまでぶちまけてしまいましたが、こんな生活だといかにも生理が重くなりそうだ!と思いました!改めて!
    だってまったく自分の身体を大切にできていないし、自分と向き合えてないですもんね。そのうち大病しそうです。
    自分の波にうっとりするには、とりあえず今の働き方では難しいのはわかっています。一方で職場を変えても結局忙しすぎる部署にいってしまったら?と怖いんです。転職を考えてエージェントに色々聞いてみたのですが、ある程度の規模の会社において忙しい部署に異動させられやすい人はいる、と聞いて、ああ私それかもしれない(そういう気質を持っているかも)と思ったりもします。でも、それでも今よりはずっと残業時間減りますよ!とエージェントの方に笑われてしまいました!楽しい方でした!

    とにかく、どこまで自分でやって、どこから頼ればいいのかあんまりピンとこないんですよね。まったく働かないか、一生懸命働くかしかイメージがつかない極端な自分にも疲れてきました。
    結局私は働きたくないんだな!と結論づけたくもなるのですが、それも多分違うんですよね。引き続き自分と向き合って、自分のコアの部分にたどり着きたいです。

    そしてYukiさんにノートで書かせていただいているような素の私でいたら人と繋がれるとのこと、希望が持てました。ありがとうございます。ただし、きっとそれは、ノートに書いているようなことをそのまま周りの人に伝えればいい、という意味ではないですよね。プライベートはともかく、素の私で仕事をするというのが本当に想像がつかないんですよね。そんなことができたらいいなとは思うようになりましたが、まだまだピンと来ない私は途上だなと思います。

    そして書いてみてこれだけの分量の思考がぐるぐるしていたことに驚いています!それは悶々としますよね。今月も生理がまだ恐ろしいですが、思い切って薬に頼ってゴロゴロしたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930