【はちみつと私】人生は甘くて美しくて、つまり甘美。

私ね、2週間前から
はちみつ療法、なるものを始めているのね。

 

 

毎日ぱくぱく、はちみつを食べているのね。

寝る前にはちみつを食べるとよく眠れる、ということで
寝る前にパクパクとはちみつを食べているのね。

日中も気が向いたら好きなだけ食べています。

 

 

で、このはちみつ療法の考え方と
『ほんとうのこと』って、とても似ているなぁと思っています。

 

ほんとうのこと、とは
この世の仕組みであり原理原則のことです。

 

 

ほんとうのこと、は
何も苦しくなくて何も我慢する必要がなくて
何も乗り越える必要がない。

そんな感じです。

 

 

 

で、このはちみつ療法の創始者が
バニラさんという、とても美しいお姉さまなのですが

バニラさんの言っていることが
『苦しくなくて簡単でハッピーで』
私、すごく大好きなんです。

 

 

 

はちみつの教科書も購入して読んだのだけれど
本格的な内容で、ちょっと私には理解不可能だったのですが(←おい)

私なりにバニラさんの発信している内容をまとめると
こんな感じになります。

 

すべての体調不良は『糖の不足』によるもの
甘いものが欲しくなるのは砂糖中毒ではなくて、糖が不足しているから
体に炎症が起きるのも糖が不足しているから
眠りが浅いのも糖不足(眠るのに体力が必要!)
はちみつは体にすぐに吸収されやすい上質な糖
糖質制限なんてもってのほか!!
だるいのも糖不足

↑私の勝手な解釈なのでちょっと間違っているところもあるかもしれません。

 

 

2本目のはちみつ

 

 

私、太郎を妊娠した時に20キロ太って
(二郎妊娠時は25キロ太った)
その後、糖質制限ダイエットを行い
そこそこ体重は落ちたのですが
ぜーんぜん!!楽しくなかったのね。

なんか修行僧みたいな気分だったのです。笑

 

日本の産婦人科の医師は
『妊婦さんは10キロまでしか太っちゃダメ!』
と、それはそれは厳しいです。

 

イギリスは?と言えば
臨月に20キロ太った私が
天使にラブソングを、という映画に出てきそうな黒人ナースに
『ワイの体重、大丈夫か?』と聞いたところ

間髪おかずに
『グレート!!』と言うくらい
体重増加に関心がないです。笑

 

 

次郎妊娠時の臨月。20キロ増えて70キロになった。笑

 

 

そして妊娠中は
信じられないくらい食欲が増します。

それを日本の医師は
『食べるな!!』と言うわけです。

 

でも、それ、おかしくないですか???

 

赤ちゃんに栄養を与えるんだから
体はエネルギーを欲しているわけ、です。

妊娠中は妊婦の血液の量も増えるのです。

だから食欲も体重も増えて当たり前で制限するのはおかしい、
と私は思うのです。

 

 

横浜の産婦人科で
私がナースとして働いていた時のことです。

性格の悪い女医に限って
患者さんの体重にすごくうるさくて
体重を注意され怒られた患者さんが
ショボーンと落ち込んでいるのを見て
私は『なんかおかしくないか?』と思ったわけです。

 

 

 

皆さんも、生理前に食欲が増しますよね?

しかも、生理前ってチョコとかポテチとか
高カロリーなものを体が欲する。

生理とは女性が体から血液を流す期間。

体から血を垂れ流すんだもん。

 

生理前に体にエネルギーを蓄えたくなるのは
当たり前の話ですよね。

だから生理前の食欲増加は
決して責められるものではなく
自然の摂理に沿った、正しい欲求なのです。

 

生理前の食欲に罪悪感を抱かなくていいんです。

 

で、これは私の勝手な考察ですけど
生理前にメンタルが落ちるのも
糖不足だから、ですよ。

 

だから糖を思いのままに摂取すれば
生理前のイライラや落ち込みって
なくなるのではないか?と考えています。

 

市販のお菓子には
白砂糖が含まれていて
白砂糖は、体内で分解するのに
ものすごくエネルギーを使うわけです。

添加物は体内で分解するのに
すごく私たちのエネルギーを使う。

そのため、添加物を食べると疲れる。

 

だからそんな時は
あまーいはちみつをペロペロすれば
全部解決するわけです。

 

 

過去の7年間のナースの経験と
自分の女体人生の経験を持ってして
私は
『はちみつという良質な糖を摂ることは
理にかなっている!!』
と深く感銘を受けたわけです。

 

そして
私はなんで甘いものを好きなだけ摂ることに
罪悪感を抱いていたんだろう?
と何かがはずれる音がしたのです。

 

 

 

で!ここからも感動なんだけど
バニラ流はちみつの摂取量は
『体の欲する分』です。

つまり上限が決まっていない。

 

『体が糖を必要としていない時は
はちみつを食べたくならないのよ❤︎』

『はちみつを食べたくなる時、
美味しく感じる時は
体がそれを必要としている❤︎』
というのがバニラさんの考えで

スンバラシイー!!

あまーーーい!!

と感激したのです。

 

 

あ、髪を黒くしてきました。笑

 

 

実際、はちみつを食べるようになってから
私、なんだかいい感じです。

プラシボ効果もあるかもだから
もう少し検証を続けますが。

 

 

私は、バニラさんのインスタの発信や
書籍を読んで

『自分の体を信じなさい』
『自分の感覚を信じなさい』

という
強くて温かくて心地よいメッセージを受け取らせていただいたのです。

 

 

今の医療は
『あなたの体の感覚はおかしい!』
『その食欲を抑えなさい!』
という考えに基づいています。

今、人気の糖質制限ダイエットも
『あなたのその欲求を抑えなさい!』
と言います。

つまり私たちの罪悪感に訴えてくるわけです。

 

 

嫌じゃないですか?

楽しくないじゃないですか?

 

 

 

巷の自己啓発やスピリチュアルの中にも
『あなたのその感覚は低俗です!』とか
『あなたの感情は波動が低いです!』とか
『それはあなたの思考が幼稚だからです!』と、

私たちを矯正するものがありますよね。

 

 

あれやると人生詰みますよ。

私たちが自分で自分を信じられなくなるから、です。

 

 

ほんとうのこと、は
いつだって温かくて優しい。

ほんとうのこと、は
いつだって
『あなたは本当はどうしたいの?』
と聞いてくれる。

ほんとうのことを知ると
いつも
『こんなに簡単でいいんですか?』
と肩の力が抜ける。

 

ほんとうのことは
はちみつのように、甘い。

ほんとうのことは、
甘美。

 

 

それなのに私たちは
ついつい自分を矯正してくるものに
自ら向かっていってしまう。

『あなたの感覚はおかしいですよ!』
と言う人に、ホイホイついていってしまう。

 

それはなぜか?というと
『こんな私の感覚が正しいわけがない』
という、罪悪感、なんだよ。

 

 

 

 

違うんだよ。

正しいんだよ。

あなたのその欲求、
その感情、
その願い、

ぜーーんぶ、正しいよ。

 

私ははちみつをペロペロ舐めるたびに
そんなことを感じて
体がほっこりするのでした…❤︎

 

 

 

 

当たり前ですが
はちみつは、蜂さんが作ってくれます。

良質な糖だけではなく
その中にミネラルとビタミンも含まれた
天然のスーパーフード(しかも美味しい)を
小さな体でせっせと作ってくれている蜂さんに想いを馳せたら
私、今まで嫌いだった蜂さんに愛おしさを感じるようになったのですね。

 

で、毎晩のように
子供と一緒にYoutubeで蜂の動画を見ていたのです。

(男児って虫が好きですよね)

 

『蜂さん、ありがとぉぉーー(感涙)』
ってなノリで、動画を見ていたんですよ。

 

 

そしたら、私のこの強烈な現実創造パワーで
とんでもない現実を引き起こしてしまいました。

 

なんと、我が家の庭に
『スズメバチの巣』が出来ていました。(爆笑)

 

 

植木屋さんが発見してくれたのですが
彼曰く『今世紀最大の巣』と言ってましたが
直径40センチ程度です。

 

今日、巣を観察していたら
何匹ものスズメバチが巣を出入りしていて
マジで鳥肌が立ちましたね。。。

 

そんなわけでスズメバチさんには申し訳ないんですけど
早めに駆除させていただきたいと思いますm(_ _)m

 

 

Yuki

 

 

受付再開までしばらくお待ちくださいませ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【女友達の見分け方】その友情はホンモノ?ニセモノ?

  2. 幸せになる自愛 vs 孤独になるナルシスト

  3. 【感情の感じ方】マスク2枚を提案した安倍さんに、八つ当たりするオトナた…

  4. 思いやりのない友達との付き合い方

  5. 子供が欲しい私。『年収アップを目指す!』と言うけど動かない旦那。

  6. 奇跡を潰す女。奇跡を起こす女。

  7. とある女社長の1日。只今興奮中。

  8. 愛を知らない家畜女へ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031