【自愛3原則】自己否定や無価値感が湧いた時の対処法。

朝から、体が鉛のように重く

無気力な1日だった。

午前中のうちに、なんとか豚汁を作って

そのあとは、なーんにもできないくらい無気力でした。

 

写真だけでも元気に。今日は昨年訪れた大好きなスイスの写真たちです♪

 

ブログを書こうと思ってたのに、書きたくない。

家族みんなで公園行こうと思ったのに行きたくない。

トイレに行くことすらめんどい。

 

そして私は

『忙しい日でもないのにブログを書けない自分はダメだ』と責める。

『家族で楽しめる時間をなくしてしまった』と、自分を責めたくなる。

 

 

1日中、スマホをいじって

世界中のみんなの楽しそうな様子をインスタで見て

今日の自分と比べて落ち込む。

 

 

そうやって今度は

『なんてわたしはダメなんだ』

という無価値感が湧き出てくる。

 

 

自己否定と無価値感。虚無感。

 

そんな日曜日でした。

 

 

わたしは数年前から

『自分を愛すると誰でも幸せになれる』ということを発信し続けていますが

こんな日もあります。

 

そして多くの人は勘違いをしています。

自分を愛さなければいけないから、自己否定してはいけない!と。

自己否定すれば不幸な現実が起こる!

勘違いして、

自己否定している自分を自己否定、と

なにがなんでも自己否定したい模様。

 

 

自分を愛する、とは自己否定をしないことではありません。

 

 

自分を愛する、とは自己否定する自分にいちいち驚かないこと。

自分を愛する、とは自己否定する自分にいちいち怯えないことです。

 

ハイジの家に行く途中

 

だって、自己否定なんて、みんな感じるもの。

湧き出てくるもの。

自己否定は、

排尿や排便と一緒で、生理現象なのです。

 

 

貴女は、排尿や排便の度に

いちいち驚かないし、いちいち怯えないでしょ?笑

 

ハイジの家の前にいたチキン

 

『自己否定』とか『無価値感』が湧いてきても

それを問題視する必要は全くないのです。

問題視するから、ますます問題になるのです。

 

 

こちらの記事(※)にも書きましたが

※参考記事→全力で寂しくなりたかった私たち

私たち人間は、孤独感や無価値感・自己否定などの

『分離感』と呼ばれる状態を味わうために地球に生まれつきました。

 

 

分離感とは分かりやすくいうと『不幸感』。

孤独感に襲われた時、自分が劣っていると感じた時、

そんな時に私たちは自分を『不幸』と認定します。

 

だけど、その認定した『不幸』が

ただの生理現象だとしたら???

排尿や排便、発汗、垢のような排泄現象だとしたら???

 

そんなのを大げさに捉えて、いちいち過剰反応するのは

アホくさいよね。

 

ハイジの部屋から見える風景

 

何事も、そんなに大袈裟に捉えなくても大丈夫なのです。

 

だけど、多くの人は真面目だから

(真面目というか、『これは正解』『これは不正解』と勝手に決めて自分を裁くことが好きなので)

『自分を愛して♪』と言うと

『自分を愛していない私はダメ!!』

と、すぐに苦しい方向に持って行こうとする。

 

 

そして普段の生活で自己否定感がムクムクと湧いてくると

『自己否定してるから私はダメなんだ!』

『自己否定しちゃってる!!大変!(汗)』

と必要以上に怯えて焦って全力疾走をしている。

そんなに頑張らなくていいんだよ。

 

肩の力が抜けるスイスはいつか住みたい場所です

 

あのね、自己否定なんて『普通』だよ。

無価値感も『普通』

 

 

冒頭に書いたように、私も今日それらを観たもの。

でも、いちいちそれに驚かないし慌てない。

だって『生理現象』ですから。

いちいち驚いてたら心臓が持たないよ。

 

 

私は『分離間(不幸感)』が湧いてきても

なるべく淡々としていることを心掛ける。

淡々と『私は今、こう感じているんだな』と観察する。

参考記事;感情は“貴女そのもの”ではありません。

 

もちろん、『淡々と』が、できないこともある。

その時は気が済むまで、感情の波に揉まれて

気が済んだらまた淡々モードに戻る。

その繰り返し。

 

 

『淡々と』ができないと

本来は問題でなかったことを『問題』にして

さらにその問題を巨大化させ、自分が飲み込まれてしまう。

 

 

例えば、よくある相談で

『子供にイライラしてしまう』

『イライラすることで罪悪感を感じて苦しい』

というもの。

 

これも、全然問題ではないのに

本人が『淡々と』分離感を観察できないことで

どんどん苦しくなっていく。

 

だって、子供にイライラするなんて当たり前、ですよ。

そして、イライラする自分に罪悪感を抱くのも当たり前。

生理現象。排泄行為、です。

 

ですから、これらも問題視をせずに

解決策を見つけていく。

 

例えば『イライラしない距離感を保つためにベビーシッターを利用しよう』とか

『週末に半日スパに行って一人時間を楽しもう』とか

建設的な解決策が見えてくる。

 

 

逆にここでただの生理現象に飲み込まれる人は

『私ってなんてダメなママ!!!』

とテンパってエネルギー消費して疲れて

また子供にイライラしてさらに自己否定する、という魔のループにハマる。

 

 

左手、どうした?笑

 

 

要は

『自己否定』とか『無価値感』とか

誰でもみんなあるんだから、いちいち騒ぐな。

 

 

いちいち騒ぐことでアピールする人は

ただの『かまってちゃん』ですよ♪

 

 

あと、そうやって騒ぐことで

『自愛してるつもり』『自分と向き合ってるつもり』になってる人も多いですよねー!

それ、勘違いですよん。

 

 

 

騒ぐな。

落ち着け。

アピールすな。

 

↑これ、自愛3原則ですね!

 

 

 

1年前の息子ちん、可愛すぎ。

 

 

■新しいブログが投稿された際に

貴女にお知らせをお届けします♡

ご希望の方は下記にメールアドレスを入力後『SUBSCRIBE』をクリック♪

お届けを解除したい場合は『UNSUBSCRIBE』をクリックしてください。

この機能の設置に3時間もかかった…笑!

[subscribe2]

 

 

 

関連記事

  1. 人生をぐるん!と変えよう★恋愛篇

  2. 普通に考えて、夫に貞操を捧げることは不可能。

  3. 【恋愛にも通ずる】借金する現実を創ってしまった理由。

  4. 不登校とパニック障害が『正解』だった理由。

  5. 愛もお金も『黒字』人生★

  6. “自分”を信じず驕らず謙虚に。謙虚になるのは対;他人じゃないよ、対“内…

  7. ワタシの2度目の子供時代。

  8. 独裁ヒトラー性質なのに愛されちゃう理由。

コメント

    • ゆー
    • 2019年 5月 27日

    Yukiさんの記事も大好きですが、写真も大好きです(^^)
    スイスの自然豊かな写真、癒されました。
    わたしが住んでいるところは田舎で、昨夜は、ちょっと車で走って、旦那さんと蛍を見に行きました。たくさんの蛍が自分の周りや、空に舞い上がって飛んでいる風景に涙が出そうなくらぃ感動しました。2人で、夜の散歩をして歩く時間が好きです(*^^*)
    わたしも今日は体が重く、いまだに布団にもぐっています(^-^;こんなわたしで大丈夫かな?と思っているところで、Yukiさんの記事を見ました(^^)
    とっても楽になりました!ありがとうございます☆

      • Yuki
      • 2019年 6月 09日

      日本の田舎の風景も素敵ですよね!いつか日本の田舎に大きなこだわりぬいた家を建てることが夢です^ ^
      体が重いときは、無理してでも休む時です。体は何でも知っています♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031