6日目でやっと解熱。悔しい気持ちでいっぱい、なう。

うぉお!!
やっと解熱しました!

すごい!

解熱するとやる気が出てくる。最高な気分。

 

 

さて、毎週木曜日20時は
イギリスではあるイベントが行われています。

Clap for our cares!!!
と言うことで、この難しい時期に
国を支えるために頑張って働いている方々へ
(病院スタッフ、スーパーの店員さん、物流関係の人
薬局で働いている人々、そして
その人たちの子供を預かる保育園スタッフや教師など)
国民みんなで感謝の拍手をします。

あるお宅では鍋を叩いて感謝を示す
あるお宅からは『フォー!!』と歓声が上がります。

 

インスタに投稿した動画を貼り付けるので
音声ありで見て欲しいな!

とっても感動して涙が出てきます。

 

 

イギリスではNHS(国立の病院)を支えるための
ボランティアを募集しています。

そのボランティアですが
たったの1日で40万?50万?だか
とんでもなく多くの人が申し込まれたそうです。

素晴らしい国です。

ボランティアの内容は
老人への物資や薬の運搬、
コロナに関するコールセンターの手伝いなど
そんな感じです。

 

 

私がもっと英語が堪能で
子供がいなかったら
絶対に応募したかったです。

なんなら、ナースとして使ってください。

今ほど、英語を猛勉強しとけばよかったと思ったことはありません。

 

みんなが寝ずに頑張っているときに
私が家で指をくわえて待つことしかできないなんて
悔しすぎます。

 

今、私にできることで
一番、人類に貢献できることは何なのでしょう?

 

 

こちらへ来てから
3回以上はイタリアへ旅行したと思います。

イタリア人は
マジで食とデザインに対するこだわりが強く
信じられないくらいご飯が美味しんですよ!!!

ドルガバやプラダを生み出したのもイタリアです。

すごく才能豊かで愛情深い人たちなのです。

 

以前、太郎がまだ生後8ヶ月くらいで
イタリアに旅行したとき
飛行機のチェックインをしていたら
カウンターの中から
イタリアのマンマがわざわざ出てきて
太郎に『ベリッシモ!』とか言って
生足に何度もキッスをしてくれたんです。

こんな出来事がイタリアに行くと
よく起こります。

 

あの、素晴らしい食事を作り
素敵なお洋服を作る
愛情深い人たちが大変な思いをしていると考えると
涙が出てきます。

 

そんなことを考えると
今まで旅行先で貰った
たくさんの優しさを思い出して
なのに私は家で待機しているだけで
『こんなときに多くの人の力になれる自分』を創ってこなかったことが非常に悔やまれます。

 

 

インスタのストーリーズでは海外ニュースで面白そうなものを取り上げていたりするので
よかったらインスタを見てください。

 

 

これを読んでくれてる日本のみんなは
まだ通勤してる方もいるのでしょうか。

さっき、青森に住む母に電話したら
地元でも6名くらいの感染者が出ただけ、
と言って全く深刻に考えていませんでした。

コロナになったらその時はその時!
とアホなことを言ってましたが
誰かが一人感染して重症化するだけで
日本の医療スタッフの手間を取らせるし

そうやって楽観視する人が
たくさんの人に菌をばら撒き
間接的殺人を行なっているかもしれません。

先日の私のように。
(■コロナ疑惑です。バカで迂闊だったなと反省してます。

 

呼吸器つければいいんでしょ?
とか母は言ってたけど
(マジ、アホ)
『そのときに、呼吸器が残ってればね?』
って話。

 

楽観視している人は
人のことを考えられない人なのだと思います。

 

私たちは繋がっているのです。

 

もし、身の回りに危機感のない人がいたら
『私のイギリスの知人が家族全員感染したようです!』
とか言って、ちょっと脅かすくらいがちょうどいいかもしれません。

 

 

ベルギー旅行で
二郎を抱っこしてくれた
イタリア人のおじさまは元気かな?

 

 

 

イギリスの『医療フェチ専門の会社』は
オペ着?だかを寄付したそうです。

皆さんは、メディカルプレイは経験ありますか?

 

私はナースでしたが
元カレ陣からは、ただの1回もコスプレすら要求されませんでした。そういえば。

なんでなんだろ。1回くらい要求されても良くない?笑

 

 

話逸れたけど
インスタ、頻繁にストーリーズをあげてるから
遊びに来てね!!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヤシの木があるとテンション上がる⤴︎

𝓨𝓾𝓴𝓲✑𝒫𝑜𝓌𝑒𝓇 𝑜𝒻 𝓌𝑜𝓂𝑒𝓃(@yuki.sennzai)がシェアした投稿 –


 じゃ!!!

関連記事

  1. 【London リアルライフ】窃盗団に襲われそうになって死ぬかと思った…

  2. 夫と離れることを本気で考えた日。

  3. 【嫁姑問題;回答】私は『愛情たっぷりの最高な妻』です。

  4. あなたは『隠れマザコン』だから人生がパッとしないんだよ。自覚しな。

  5. 男が離れられない女になる方法。

  6. 日本の『男と女』新しい在り方

  7. 【嫁姑問題③最終編】正直『あのババア、しね』と思ったよ

  8. 女体(にょたい)解体新書。

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 03日

    元気になってよかったですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930