夫と離れることを本気で考えた日。

なるべく、このブログを読んでいるみんなの豊かな毎日に繋がるような記事を心がけている。

 

そして

この画面を通して見てくれている数千人のみんなのことを

自分の『親友』のように感じながら思いを綴ることがある。

 

 

『親友』には、オチのない話も

もしかしたら彼女の役に立たないかもしれない話も聞いて欲しくなる。

それが女なのだと思う。

 

『ねぇ、聞いてよー』ってできるのは女の特権だよね。

 

今日も、みんなに『ねぇ、聞いてよー』な話を書く。

 

退院したこの人は元気です

実は昨日、久々に爆発をした。

次男が産まれてから7週間。

すんごく大きなストレスも感じず

私にしては、育児も家庭も仕事も結構いい感じで進んできた。

 

だけどやはりこの間の入院がストレスフルだったのかな。

(→【赤ちゃんが入院!?】ロンドンの面白キャラに振り回された一日

あのナニーの件も非常にキツかったな。

(→ついに解雇

それとも入院関係なしに、産後2ヶ月って疲れが出てくる頃なのかな。

 

 

昨日まで

何もかも、前向きに考えられなくて

全部嫌になって八方塞がりに感じて

逃げ場がない狭いところに押し込められているような圧迫感があった。

息苦しく絶望しか感じない世界に、私はいた。

 

 

これはもうだいぶ前から分かっていることだが

今のライフスタイルは私にはベストではない。

普段は『仕方ないから』と、それなりに頑張りつつこなしている部分もあるけれど

やはり

夫が忙しい仕事をしていて育児のメインは私、

という環境は、私に全く適していない。

繊細で生きづらい私の子育て

 

もうこの1年間、何度も思ってるよ。

夫は仕事しなくていいから稼がなくていいから側にいてほしい、と。

 

夫は育児が全然苦にならないらしい。

太郎がどんなに癇癪を起こしても

二郎が夜中に起きて寝ぼけ眼で抱っこをしても

疲れるけれどストレスにはならないらしい。

 

だから夫がメインで育児をして

私が仕事をすればベストなのだけれど

夫に

『仕事やめてほしい』と言っても

『今は無理だよ』と言われるばかり。

 

夫はエキセントリックな私と違って

いい意味で『普通の人』だから

同僚や上司、会社への気遣いをするし

突拍子もない行動はしない人だ。

だからそんな彼に『今すぐ仕事をやめて』と言っても

彼を困らせるだけだということは重々承知。

 

だけど私はもうこれ以上あまり我慢できないよ。

 

『あそこのイギリス人の旦那さんはいつも5時に帰ってきてる』

とか

『あそこの旦那さんは在宅勤務してる』

とか

そんなこと言っても彼を困らせるだけなのに

この週末はずーーっとそうやって彼を困らせていた。

 

でも、私の本当の思いは

彼を困らせること、ではなく

もっと家族のそばにいてほしい、それだけなのだ。

 

仮に彼が

今の仕事が超絶楽しい!やばい!みたいなスタンス(今の私のように)だったらまだいいけれど

彼は『家族の生活のために』働いているらしい。

 

そんなこと(楽しくない仕事を義務ですること)頼んでいないから仕事やめなよ、

と言うと

『会社から海外で働くという機会を与えてもらったから』

と、会社への義理を感じている模様。

 

彼の中では

海外で働かせてもらうにあたって、会社が自分たちにどれだけコストをかけてくれたのか?

どれだけ期待をかけてくれたのか?

ということに応えたい思いもあるのだと思う。

 

そしてそんな義理堅く真面目な彼を好きになったのは私なのだが

でも、彼が会社への義理立てをしている間に

私の思いがどんどん離れて

不意にポーンと彼から自立(つまり離婚)をしてしまいかねない自分がたまに怖い。

 

昨日は

『もうこのまま青森の実家に帰って

母にベビーシッターしてもらいながら子育てしようかな』

とまで考え

実際に八戸の賃貸物件を検索していた。

 

物件を探すのはすごく好きなので楽しかったが

でもどの物件を見ても

『そっか、もしここで暮らしても彼はいないんだな…』と考えると

やっぱり青森へ戻るのは考えられない。

 

そこでまだ振り出しに戻る。

『彼と、育児がしたい』と。

 

ずっと抱えていたこの願いは

ちょっと前までは

『あと数年、我慢しよう』で抑えられたけど

もう最近は抑えられないところまで来ている。

 

 

彼は

『あともうちょっとだよ』と言うけど

普通の人と体感スピードが違う私にとって

『普通の人』の1ヶ月は

だいたい10ヶ月に感じる。

 

だから、その『あとちょっと』がもう辛抱できないし

でも1人で青森帰って子育てしたくないし…

(なんだかんだやっぱり彼が大好きなんだと実感する)

と、どうにも自分の中で折り合いが付かない。

 

 

この葛藤も

入院疲れが取れ生活が落ち着いたら

いずれなくなるものなのだろうか…?

 

鏡を見ると、妊娠前から10キロ太ったままの

(これでも産後10キロ落ちたんですけどね。笑)

二重顎が酷い自分の姿も非常にストレスだ。

 

こうやって感情的になっているときこそ

冷静に男性性を使って

自分を理論的に分析してみる。

 

今の私のストレス要因をざっくり書いてみると

下記の通りだ。

 

★容姿の劣化

★夫との時間(デート)が少ないこと

★入院疲れ

★ナニー疲れ

★ホームシック(日本、帰りたい)

★夫の仕事状況

 

夫の仕事状況以外は、自分で対処できることがたくさんあるのでそれをちまちま行っていくとして。

 

夫の仕事に関しては

彼の意思があるもんで

こればっかりはもう静観するしかないのだよね。

 

私ね、今ものすごく体感してる。

『たくさん稼ぐ男と結婚すれば幸せ』っていう

多くの女性が抱く願い事が、マジで私には不要だということを。

 

 

中学生とか高校の頃。

それこそ給食費も払えなくて

いつも黒板の隅っこに

『給食費未納者』として名字を書かれていた時から

『お金さえあれば幸せ!』って思ってた。

貧乏な頃の母も『お金さえあれば』っていつも言っていて

お金と幸せはイコールだって、脳内にインプットされていた。

 

潜在意識の研究をし始めてから

お金と幸せはイコールではないことを頭で分かっていたけれど

今、体でも魂でも、私の全部で理解したわ。

 

私ね、本気でこう思うんだよ。

ヒモ男でもなんでもいいから

家族で『今しかない時』を一緒に楽しめる男がいい、って。

 

好きな人と笑える時間を

一番優先に

私は、欲しいよ。

 

 

今日から新しいナニー(エリー)が来てくれて

さっそく勤勉に子守をしてくれている。

(やっぱり彼女を選んで正解だったかも)

私の育児は特殊なので

赤ちゃんのスリープトレーニングもお願いしているのだが

これが赤ちゃんのスケジュールが15分刻みで決まっていて

ちょっと複雑なんだよね。

だけど、エリーはちゃんとその都度質問してやってくれているから

彼女の存在が、ちょっと私の安心材料になってくれたところ。

これでストレス材料は1個、減ったかな?

 

 

これから私たち夫婦はどうなるんだろう?

不安とかではなくて(ちょっとは不安もあるけど)

未来の自分と彼がどんな選択をするのか

好奇心の方が勝つ。

 

いつも、一番予想がつかないのは未来の自分だから。

 

彼の任期が終えるまでロンドンで暮らすのか

それとも彼と離れるのか。

 

3ヶ月後の私は、どうしてるかな?

 

この画面を通した向こう側にいる数千人のみんなには

ただの好奇心だけでいいから

私たち家族の行く末をひっそり見守っていて欲しい。

 

 

他の誰でもない、

私だけの人生を生きるよ。

(ちょっと怖い)

 

P.S コメントへの返信ができていませんが

どれも嬉しく読んでいます!

近々ゆっくり返信しますのでお待ちください^^

 

新しいブログが投稿された際に

貴女にお知らせをお届けします♡

ご希望の方は下記にメールアドレスを入力後『SUBSCRIBE』をクリック

お届けを解除したい場合は『UNSUBSCRIBE』をクリックしてください。

[subscribe2]

 

 

 

関連記事

  1. 『妻』とか『彼女』の肩書きは必要ない

  2. 【依存体質】トルコ人占い師の次はAV勧誘とか、本当色々あった。

  3. 【痛くなる記事】貴女の母親、最低です。

  4. 【嫁姑問題②】姑に『離婚して!』と言われた私は。

  5. 全部、奴隷のせい。奴隷ぶった偽善者。

  6. 30歳も40歳も50歳も!いつでも恋できることが証明された♡

  7. 人の庭に糞投げるな。

  8. 交際半年♡11月にお付き合いしてた彼と入籍しました(*^_^*)

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 16日

    しんどいですね。。
    ゆきさん、頑張って(๑و•̀Δ•́)و

      • Yuki
      • 2019年 9月 22日

      >匿名さん
      はい!^ ^

    • まめちゃん
    • 2019年 9月 11日

    とっても気持ちがわかります。私も彼が転勤になり、一緒にいくか、遠距離をするか悩んでいます。友達には当然行かないのが正解でしょ!もいわれる。私もそう思う。でも‥好きなんですよ彼のことが。彼と一緒に食べるごはんがおいしい、彼と一緒にみるテレビが面白い、彼と歩くただの道が幸せな空間。

    一緒に時間を刻みたいんですよ。

    でも彼氏彼女ではいく勇気のないわたし。彼女でいって別れたら?私惨めすぎる

    難しいです。

      • Yuki
      • 2019年 9月 22日

      >まめちゃんさん
      正解か間違いか?で考えてるところには幸せって視点が欠けてるかも^ ^です。

      惨めってどういうこと?どうして惨めだとダメなの?
      そこを見ると本当の願いに気付くかもです^ ^

      私だったらついていくかもなぁ★

    • なな
    • 2019年 9月 10日

    「ねぇ―聞いてよ~」
    超わかります‼️
    容姿劣化…YUKIさん、全然美しいっす❗️

      • Yuki
      • 2019年 9月 22日

      >ななさん
      二重顎がやばくて劣化しまくりです。ブログの写真は加工してます(笑)

    • 匿名
    • 2019年 9月 10日

    了解です。しっかり見てますね。(^^ゞ

      • Yuki
      • 2019年 9月 22日

      >匿名さん
      はい^ – ^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30