『流産した私は欠陥品』

昨日の夕方にいきなり発熱し外は30度を超える気温だというのに、私はエアコンを切って1人でカーディガンを羽織って震えていました…!

そんで今朝にいきなり解熱…!

私、引っ越しや大きな環境の変化のたびにこうやって熱発するのですよ。

こう見えて超繊細だし、あとは新月の影響もあるのかな。

発熱の後はスッキリです。さてスッキリした私の状態で流産について書いていこうと思います。

こんなコメントを頂きました。

 

私事ですが、実は先日二度目の流産を言い渡されました。 妊娠したことは旦那にしか伝えておらず、家族にも友達にも内緒にしています。1度目の流産の時に周りを悲しくさせたので心拍確認ができてから言おうと心に決めていましたが、心拍確認前に流産してしまいました。 悲しくて辛いはずなのに涙があまりでないんです。 でも、旦那が冗談で言った言葉には過敏に反応してしまいます。普段なら笑って会話になるのに、今は私が流産したからこんな事言うんだ、と悲しくなります。 こんな現実求めてないし、こんな経験したくないのになんで私ばかりこうなるんだろう。もう、何に対してもやる気がでなく、流産を宣告されましたが、お腹の中から赤ちゃんがまだ出ていないのに、取り憑かれたように早く妊活始めなきゃ、はやく、はやく、と焦っています。自分の感情に整理がつきません。。。 自己肯定を頑張ってきたつもりなのに。。。 出産できない自分は欠陥品なんだと思ってしまいます。(ゆっこさんより)

 

 

こういう質問にお答えするのが大好きなんです。伝えたいことがたくさん溢れてきますし、ゆっこさんの問題解決法が一瞬で分かります。

流産をした、というと、まるであたかも不幸な現実に直面したかのように錯覚しますが、それは錯覚です。

大事なことは『この流産という出来事がゆっこさんに何を教えてくれているか?』です。

どんな出来事も私たちに幸せになるヒントしかくれません。

どんな出来事も幸せへの経過でしかありません。このブログを読んで自分と向き合おうとしている人なら尚更です。

 

 

では回答していこう★

まずゆっこさんのコメントで気になる文章が3つ、あります。

その3つを分けて、つらつらと書き綴っていきます。

  1. >旦那が冗談で言った言葉には過敏に反応してしまいます。普段なら笑って会話になるのに、今は私が流産したからこんな事言うんだ、と悲しくなります。

    →旦那さんがどんな発言をしたのかここには書いていませんが、想像するにちょっとデリカシーがないようなことを言ったのではないでしょうか?
    で、ゆっこさんは『普段なら笑って会話になるのに』と書いていますが、ゆっこさんは普段から少しずつの我慢を重ねて『笑って会話をしている』瞬間が多いのではないでしょうか?
    ゆっこさん自身が、思いやりが欠ける発言をされることに慣れすぎているのです。旦那さんに対しての不満がご自身が認識されているより100倍くらい溜まっています。
    これからは旦那さんとのコミュニケーションの際に『受け流す』のではなく『神経質なくらい過敏』になることをオススメします。お姫様扱いされる自分になることを許してあげてください。男性は女性の接し方次第で如何様にも成長います。スパルタで行こう、ってことだよ!!
    今後出産するつもりなら尚更、『産む前の夫の育成』が大事ですよ。

  2. >もう、何に対してもやる気がでなく、流産を宣告されましたが、お腹の中から赤ちゃんがまだ出ていないのに、取り憑かれたように早く妊活始めなきゃ、はやく、はやく、と焦っています。

→妊活を、一旦止めよう。

今は時期ではありません。もう1人のゆっこさんは限界を迎えています。妊活とはそうやってガムシャラに頑張るものでもありませんし頑張ったからできる、というもんでもありません。だから頑張らなくて大丈夫なんです。そして『私1人で頑張らなきゃ!!』と考えないことです。SOSを出せない女は不幸な出産・育児生活を送ります。
産む前にこのことに気づけたゆっこさんはラッキーです。

3.>自己肯定を頑張ってきたつもりなのに。。。 出産できない自分は欠陥品なんだと思ってしまいます。

→認めてしまいましょう。『頑張ってきたつもり』であって、それは『つもり』でしかなかったということを。ゆっこさんが本当の意味で自己受容できていれば旦那さんとの関係はもっと風通しの良いものだし、ゆっこさんもそんな肩に力を入れなくていい在り方になっています。
私のクライアントさんの多くの人も『今まで自分と向き合ってきたつもりだったけど全然向き合えていなかったことに気づいた…!!』と言います。
こういう時は『自分は自分のことを分かっていなかった。』『自分は実は全然自己受容できていなかった。』と認めることです。そこが真の自己受容のスタートラインです。

そして、ゆっこさんがもう一つ認めるべきことがあります。それは…

『私は欠陥品だ』と認めることです。

欠陥品でいいんです。

私たちは皆、欠陥品です。

だからパートナーが必要なんです。
だから親友が必要なんです。
だから家族が必要なんです。

自分1人では無力でなーんもできないから他人に(特にパートナーに)支え守られる必要があるんです。

 

私たちは欠陥品だから愛されます。

私たちの欠陥している部分を『かわいいね』とフォローしサポートしようとするチャンスを伺っている男性は溢れるほど存在しています。
(ちなみにそんな男性と恋愛成就したい人にはSOUL LOVE という恋愛系の講座もオススメです。)

 

 

そもそもゆっこさんが『自分は欠陥品だと思ってしまうこと』を気に病んでいるということは『欠陥品である自分はダメだ』と自分虐待しているからです。

これは母娘関係に原因があるでしょう。

『欠陥品のあなたも愛される』と子供に思わせることが本物の育児です。

 

 

本当はもっと伝えたいことがあるのですが、全部書くと5000文字くらいになりそうですし、そろそろウーバーイーツで頼んだクレープが届きそうなのでこれくらいにしておきます。

 

とにかく、妊活は一旦休みましょう。

しんどい妊活はする価値がありません。

しんどい妊活をすることで『私はちゃんと頑張っている…!』という達成感は得られるかもしれませんが、そんな達成感はフェイクです。メッキのようにすぐ剥がれ落ちます。

頑張る方向性を間違えないでください。
長い目で見て、生産性のある頑張り方をしましょう。

その生産性のある頑張り方とは、旦那さんと向き合うことであり、ご自身と向き合うことであり、母親と向き合うことです。

 

 

ここまで書いてウーバー到着★(夜の8時半、クレープを食らう。笑)

 

Yuki@みんな幸せにしかならねぇ。

 

 

潜在意識美人®︎MENUの一番人気★マインドD&Eの受付フォームがOPENしております。

 

今回より,マインドD&E受講者の方でご希望の方はコンシェルジュサービスもお付け致します。

お申し込みフォームはこちら
来てね❤︎

 

 

 

マインドD&E詳細はこちら
コンシェルジュについてはこちら
クライアントさんの声はこちら

 

noteも更新しとくね★

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

ホンモノの自分で稼いでみない?

 

1番人気!6ヶ月間以上かけてじっくり確実に世界を変える

 

3ヶ月間にわたるオンライン講座。
毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

いつでも相談に来て♪オンラインコンサル

 

どのメニューを受講すればいいか分からない貴女へ
Yukiがどんな人物か、雰囲気を掴んでから申し込みたい方へ

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

お知らせ
ブログ記事が更新された際に
LINE公式アカウントにてお知らせしています。

タイミングが合えばに頂いたメッセージへの返信も行うこともあります。是非登録してねん♪

↓アカウントの追加ボタン&QRコード

  • コメント: 2

関連記事

  1. 【さみしいよね】でも、絶対に穴を埋めてくれる男がいる。

  2. 人生を変えたDVD3本!!見て見て見て!!!

  3. 【人嫌い・他人が怖い】全部治った❤︎【パニック障害】

  4. 牧場へ疎開決定★ポジティブにはなれないけど、私は私。

  5. 貴女の本性は…『モラハラ宇宙人』です!!!!

  6. お金におけるマグロ女とGスポットを知らない女

  7. 『頑張って獲得する!』というゲーム、いちぬけぴ!!

  8. 童貞こじらせていないかい?コンプレックスの見つめ方

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ミカ
    • 2021年 6月 12日

    yukiさん
    こんにちは。夫に期待しない。めちゃ共感です!!

    現在私は2才3才の息子連れて夫と別居中です。yukiさんの同じ?状態です。
    (女やキャバクラに貢ぐ夫に嫌気がさし喧嘩し警察沙汰になり家を出ました)
    夫は離婚したいとのことで離婚調停中です。が、生活費も養育費も出さないそうです。(本来年収二千万近くあるのに夫の調停での主張は、生活費は月2万。養育費はそれ以下←会社経営者で節税対策で年収100万ぐらいにしてるのでこのままいくとこの金額で決まってしまいそうです涙)

    別居してワンオペ1年経ちました‥めっちゃ辛いです。最初は離婚する!と力入っていましたが、どんどんエネルギー吸い取られてきています。。

    ‥多分、私、産後うつでした。
    夫は、毎週出張、たまの休みは大学生の女の子に会いに行き貢ぐ‥私は、本音を伝えようと頑張っていましたが、伝え方も悪く、距離は遠くなるばかりでした(喧嘩の度に俺への感謝が足りないと生活費はどんどん減らされていきました‥)

    そして、産後の忙しさで仕事を辞めてしまったことを大後悔しました。
    でも後悔しているだけではいけないと仕事も今頑張っています!
    しかしどこかで、夫の力を借りたくなる時があります‥たくさん行政にはお世話になって‥めちゃ感謝で‥でも夫に頼りたくなるときがあります‥

    問題は
    夫に生活費も養育費もいらないよ!と言えない自分がいることです。

    多分子供がいなかったらうまくやってたと思います‥子供が生まれてすべてが変わりました。
    子供ってこんなに、私ひとりで育てないといけないの?と泣きたくなる弱い自分がいます。
    ここまで来たら、簡単には離婚しないぞ!と粘りたくなる自分もいたり‥

    本当の愛って‥何なのでしょうかね‥。。。

    • そら
    • 2021年 6月 11日

    いつも読ませていただいています。
    同じ妊活関係にはなるですが、収入の低い夫と結婚しました。
    転職して年収アップを目指すとの言葉を信じて結婚しましたが
    なかなか動きが見られず夫を責めてしまいます。
    子供も欲しいですが、私の現在の仕事は日曜日や祝日も働く仕事なので育休をとって復帰するにも預ける先も無いのでやめることになると思います。
    夫だけの収入になった時の不安や、動かない夫を見て
    イライラのループで子供が本当に欲しいのか実は欲しく無いのかも分からなくなってきました。
    こう言った場合も夫を諭すことよりも自分との向き合い方が
    大事なのでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930