いつも裏切られないか?捨てられないか?ビクビクする理由。

8/8に,初の書籍『潜在意識のお薬です。』を発売しました。

今朝、ボーッとしながら
Amazonで自分の本を検索してみたら…

 

んん…?
んーーっ???

ベストセラーのマークが!!!

 

更に見てみると…

売れ筋ランキング1位

そして

新着ランキングも1位…!!!

 

Amazonのランキングの付け方がよく分からないのですが
ご購入くださった皆さま、ありがとうございます。

 

 

 

 

これからもブログや本を通して
みんなと一緒にどんどん人生楽チンモードにしていく内容を発信していきます!!

 

みんな、人生はLOVE&JOYだよ!!(書籍の隠れテーマ)

 

 

さ!さ!本題へ参ります。

 

お祝いしてもらった★詳しくは後日書きますね!

 

 

=====

 

 

6年ほど前のことかな。

当時はロンドンに住んでいて、日本に一時帰国した際にセミナーを開催したのです。

なんていう名前のセミナーだったか忘れたけど
『自分を愛すること』に特化したセミナーでした。

 

 

当時は太郎妊娠中で、
つわりの真っ只中で
セミナー開催前はゲロゲロしてたのだけど
セミナーで喋りだすと、あらびっくり!!

つわりが消え去ったのですよね。

 

そのセミナーの写真

 

セミナーで自分の思いの丈を伝えて
そのセミナー終了後のことです。

『みんなで途中まで帰ろー!』ってなって
参加者さん達と表参道かどっかの裏道を歩いていました。

 

 

すると、私の横を歩いていたある参加者さんがこう言うのです。

『いいなぁ、Yukiさん❤︎

私の友達たちも結構、駐在について海内に行っていてぇ〜』

『私も駐在妻になりたいんです〜』

と言うのです。

 

 

私は正直
『私のセミナーの話が全然伝わっていないんだな』
と胸がチクリとしました。

 

 

『駐在』と言う言葉が分からない方のために説明しますが
※私は夫と出会うまでその言葉自体知らなかったので。

駐在とは、サラリーマンが転勤で海外に行くこと、です。
たぶん。笑

 

駐在(ちゅうざい)妻、とは
海外に転勤になったサラリーマンの夫に付いて
一緒に海外に引っ越した妻、のことです。

 

 

で、この『駐在妻(略して駐妻)』ってのが
ある一部の女子から憧れの対象になってるんですよね。

 

 

実際
『夫の仕事の都合でロンドンに住んでいました』
と言うだけで、他人の見る目が変わることを
私はこの半年間、何度も経験しています。

そして実際、その『元駐在妻』という肩書きが便利なこともあります。

 

 

 

で、なぜ駐妻が憧れられるか?と言うと
『夫が高給どり(高収入)』として見られるからです。

玉の輿、みたいに見られます。

 

そして
『そんなに高給どりの男を落としたあんたは女としてスゴイ!!!』と言うふうに、勝手に一目置かれます。

 

勝手に一目置かれることは
この社会で生きていく限り、便利な時もあります。

 

 

ですが、私においては
これが仕事に関わってくると大きな問題となります。

 

 

なぜなら私のブログを見て
『この人は駐妻だからスゴイ!!』
『この人は高給取りと結婚したからスゴイ!!』
という目的で

私のサービスを受講した人は
絶対にセッションの効果が出ません。

 

 

『Yukiの元駐妻なとこに憧れる!』
『エリートリーマンを落としたとこに憧れる!』
って人は私のブログなんか読まず、
黙ってCLASSYとかの雑誌読んでたらいいんではないでしょうか。

 

 

そんで私は『エリートサラリーマンの落とし方』についても記事を書けますが
※なぜなら夫と出会った合コンで3人中2人の男性からデートに誘われたので。

外側だけでなく中身もエリートな男を落とさないと、ヤリ捨てされるだけだと思います。

ヤリ捨て、とは本来存在しない概念なのですが、ここでは敢えてヤリ捨てと書きましょう。

 

 

エリートを落とす講座、とか開催すれば儲かりそうですが、私はそれはやりません。

 

 

私は夫の肩書きに惚れたわけではありません。

私は青森の田舎生まれの田舎女なので
丸の内の夫のオフィスを見て
『こんなドラマ見たいとこに出勤する人もいんだな、すげーなー』
とか、
『東京の男はこんなスーツを着るのか!』と
新鮮さを感じて好奇心が刺激されましたが

本当に本当に夫の肩書きはどうでもいいのです。

 

 

その証拠に
私はエリートサラリーマンを夫として選ぶこともできれば
工場勤務の男性も夫として選ぶことができます。

 

好きか、そうじゃないか?
だけです。

 

もし、ボロボロのほったて小屋に住むことになっても
その人となら楽しめるか?ってとこしか考えてません。

 

 

肩書きで人を見ることは悪くないし
肩書きが何かの判断材料になることはあるけれど

肩書き全開で他人に擦り寄っていく人は
ただただ気持ち悪い、です。

 

もはや人間じゃなくて粘着物質に見えるし
中身も賢いエリート男性であればあるほど、そこをすぐに見抜くよね。

 

世の中には『高収入な男を落とすための LINEメッセージの送り方』について講義する講座もあるらしく

ほんっとーに解せないです。

私の夫はそんな講座を受けてる女に絶対引っかからないです。

断言できます。

 

他人と接するときに
その人の肩書きしか見ていない人は
本物のパートナーシップを築けません。

 

肩書き=外側

外側で人と繋がろうとすることはできません。

表面上繋がったように見えても
それはとても脆く崩れやすいものです。

 

彼ができても浮気されないかビクビクしてしまう、とか
職場の人に悪口を言われていないかビクビクしてしまう、
という人は外側での関係しか築けていない証拠です。

原因は相手ではなく自分の中にあるのです。

 

 

私たちは内側でしか人と繋がることができません。

その理由は、私たちの本体である魂が私たちの内側にあるからです。

 

 

外側で表面的に誰かと繋がるのも良し,
内側から真の信頼関係で誰かと繋がるのも良し。

 

あなたはどちらの生き方を選びますか?

 

 

Yuki@私は断然内側!

 

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

 

 

公式LINEにてblog更新情報をお伝えしております。

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. KUSO男性性をコテンパにやっつけた話。

  2. 『白い嘘』と『黒い嘘』

  3. あの女性が愛される理由。

  4. 絶対に人生が変わらない人の特徴

  5. 誰でも最愛のパートナーに出会える方法。

  6. 【必読★感情と本音】本音を言うと、世界は変わるよ。

  7. 『浮気されない方法』をググる暇があったら、コレをやれ。

  8. 大好きな彼が,他の女にプロポーズ!?(泣)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31