顕在意識(男)は潜在意識(女)を叩きのめすために存在していない。

タロット記事第二弾です★

↓昨日の記事↓

やっぱりみんなタロットとか好きなのかね?

私含めみんな乙女だねー!!笑

昨日は公式LINEから結構メッセージを貰いました。

 

男は女を見ている。
女は男を見ていない。

タロットカード THE LOVERS(恋人たち)から読み解いた、
男女のパートナーシップの法則。

 

女がもしその男を本当に愛するのなら。
愛しているからこそ、男を見ない勇気が必要なのです。

 

男を見るのは簡単。
外側の現実世界ばっかり見るのは簡単。

男に振り回されるのも簡単。
外側の現実世界に振り回されるのも簡単です。

 

でも、外側に振り回されていいことなんて、
マジで一つもない…!!

だからそんなゲームは終わりにしたい。

 

 

 

 

昨日はTHE LOVERS(恋人たち)のカードから
パートナーシップを読み解きましたが

今日は同じTHE LOVERSのカードから
私たちの中にいる3人の私、について解説します。

 

 

 

私たちの中には『3人の私』がいます。

 





下に行くにつれて『目に見えない世界』の要素が強くなります。

①は『脳』ですから
私たちが最も認識しやすい自己、とも言えます。

一般的には②→③、と下に行くほど
認識することが難しくなります。

(ですがちょっと練習すれば簡単に認識できるようになります。)

 

 

 

タロットの話に戻ります。

昨日はお伝えしませんでしたが
このカードに出てくる一対の男女は
みんなも知っている、あの有名人です。

 

…そう。

アダムとイヴです。

 

アダムは男、イヴは女です。
そして2人の上に描かれている神?天使?は両性具有です。

 

 

この3人(アダム、イヴ、神)は
そのまんま、私たちの中に存在します。

 

 

『自分の中の男性性と女性性を統合しよう!』
とは、よく言われていますよね。

じゃ、どうやって統合すんのよ?!って話です。

 

 

 

皆さん、THE LOVERSについて復習です♪

アダム(男)はイヴ(女)を見ています。
イヴ(女)はアダム(男)を見ていません。
イヴ(女)は神を見つめています。

 

↑これを私たちの中にいる、3人の自分に当てはめてみます。

 

すると、こうなります↓

 

顕在意識(男性性) は潜在意識(女性性)を見ています。
潜在意識(女性性) =顕在意識(男性性)を見ていません。
潜在意識(女性性)は魂を見ています。

つまり、顕在意識(男性性)は
潜在意識(女性性)を介してでしか、神を観ることはできません。

 

***

 

この地球で生きていると
どうしても私たちの意識の主体は顕在意識(男性性)に置かれます。

3人の自分のうち、主役が顕在意識(男性性)に偏りがちになってしまうのです。

今の社会構造が男性性によって創られたものなので
それは仕方ないことでもあります。

 

 

でも…!!
だからこそ…!!

私たちは潜在意識(女性性)と魂(両性具有)のパーツを取り戻さなければなりません!!

 

 

3人の自分のうち、誰か1人が主役、というわけではありません。

3人とも、主役なのです。

 

 

男女のパートナーシップにおいて
私たち女性が男の気持ちを知る必要がない、ということは
男を蔑ろにすることではありません。
男の優位に立つことでもなければ、男に追わせることもでないし
かかあ天下になることでもありません。

それは、ただの役割の違いなのです。

 

 

この男性性に偏りがちな地球で
私たちが3人の自分の役割をしっかり活かすためには
女性性(潜在意識)と両性具有(魂)を取り戻す必要があります。

 

 

顕在意識は普段から意識しやすいです。
そういう仕組みなっています。

だから私たちは顕在意識(男性性)に耳を傾ける必要は、ありません。
耳を傾けなくてもすでに聴こえているのです。

特にこの世に女性という性を受けて生まれたなら尚更。

 

 

自分の中の男性性と女性性のバランスが崩れている人は
顕在意識(男性性)優位に生きています。

潜在意識の声より、顕在意識の声が正しいと信じきっています。

つまり、女性性より男性性の声が正しいと信じきっています。

これは、自分の中で起きているモラハラです。

 

↑このようなパターンの時は
『自分のネガティブな感情を見たくない、怖い』
と言って、
顕在意識(男性性)で自分の不安を必死に誤魔化します。

 

こうやって顕在意識優位で生きている人は
自分で自分にモラハラしているので
外側の人間に対しても攻撃的になりがちで
恋愛では男から攻撃されます。

現実世界は私たちの内側の反映、だからね^^

 

 

 

 

顕在意識(男性性)は潜在意識(女性性)を叩きのめすために存在しているのではありません。

思考は感情・感覚を叩きのめすために存在しているのではありません。

 

 

顕在意識(男性性)は潜在意識(女性性)を理解し寄り添うために存在しています。
(これを自分の中で行うと外側のパートナーシップが一気に動きます。)

見てください、このアダムの目線を。

彼は、イヴのことしか見えていませんし
それでいいのです。

むしろ、彼はイヴを通してでしか
神を観ることができないのです。

 

私たち女の役割は
神秘と繋がること。

それは陰陽のを担当する女の役割。

 

 

 

…ふ〜っ。

長くなったので続きます。

 

 

 

by Yuki

 

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

公式LINEにてblog更新情報をお伝えしております。

 

 

 

  • コメント: 2

関連記事

  1. 『浮気されない方法』をググる暇があったら、コレをやれ。

  2. 他人の結婚報告に嫉妬したときの対処法★3つ

  3. 【日本女は全員読んで】勘違いなさらずに。『バカな女』はすっごく賢いので…

  4. コロナのせいで淋しくてたまらない理由。

  5. 優越感が『毒』である理由。

  6. コロナウィルスの正体判明

  7. ツインレイ(魂の片割れ)と出会った。天国と地獄を経験した。

  8. 潜在意識と子宮にアクセス!全ての女は幸せで在る。

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 8月 22日

    私は、魂、子宮の位置に、大きなカチカチの子宮筋腫があります。
    なんか、怒りと悲しみの塊のような筋腫ですが、これが、魂のある場所にあるってことは、
    わたしの魂も、怒りと悲しみでいっぱいになっているのかと思って、ちょっと悲しくなりました。
    確かに、潜在意識はこれまでの人生でのいろんな怒りと悲しみでいっぱいだと感じています。
    一番大切な魂が、怒りと悲しみでいっぱい、なんてことあるのでしょうか。

    • kaori
    • 2021年 8月 21日

    タロットのお話、おもしろいですー!
    続きが気になります^ ^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930