不幸を選ぶパートナーにイライラする時。

今日は
BlackMagicProgram受講中の
Aさんからの質問を皆さんにシェアします。

 

これ、
『自分の魂に沿って生きていく』その過程で
誰しも必ず一度は通る道です。

 

 

自分が
潜在意識とか心理学とか自愛を学んで
人生がイージーモードになって
心も解放され楽ちんになっていくと

ある時、周りの人のことが気になり出します。

 

 

Aさんの場合も
Aさんは潜在意識とどんどん繋がって
色んなチャンスも引き寄せ始めていました。

自分のココロの闇と対峙し
それを光で抱擁し
インナーチャイルドもどんどん癒されてきました。

 

そんな時
ちょっと前は調子良さそうだった旦那さんが
体調を少し崩し、メンタルも少し不調和となり
グズグズすることが増えてきたそうです。

 

 

そしてAさんはそんな旦那さんを見て
イラッとして
(気持ち分かる)
『なんであなたはいつまでも不幸を選ぶの!?』
と言いたくなりました。
(めちゃくちゃ分かる。)

 

 

 

そんなAさんから質問を頂きました。

『Yukiさんは
周りに“自分で不幸を選んでいる人”がいたら
どう対処しますか?』
というものでした。

 

 

 

私も潜在意識を学び始めて
人生が変わり始めた頃
嬉しい気持ちと同時に
『私だけ幸せになって、ママは大丈夫だろうか?』
『ママのことが心配だ!』
『どうやったらママを引き上げられるだろう!?』
と結構悩みました。

 

 

少し前までも
身近な人が
『自分を大切にしないように見える選択』をすると
心が痛み、
『なんでこっちを選ばないのー( ;∀;)』
『こっちの方が絶対に楽チンだし楽しいのに!』
と心の中で叫んでいました。

(セッション中以外は
相談されるまでは
他人の人生に絶対に意見しないように
かなり気をつけています。
なので心の中で留めます。)

 

 

ですが、最近
ある出来事を通して
『なんでこっちを選ばないのー( ;∀;)』
『こっちの方が絶対に楽チンだし楽しいのに!』
という、私のエゴを一掃できたことに気付きました。

 

 

 

 

なぜ私がそのエゴを一掃できたかというと
人は変えられない、ということを
骨の髄まで経験したから、です。

 

人を変えるという思考は
例えそれが『幸せであってほしい』という願いだったとしても
暴力と同じだと気付いたからです。

 

 

 

あなたにもっと幸せでいてほしい
あなたにいつも心地よい人生を歩んでほしい

この願いは一見清らかで美しいものに見えますが
エゴであり暴力、です。

 

私は
エゴが悪い!
暴力が悪い!
だから辞めな!
と言いたいのではありません。

エゴがあると暴力があると
誰よりも私たち自身がしんどいから辞めよう、
と言っています。

 

 

私はAさんにこのように回答しました。

『Aさん自身が圧倒的な光を放つことを意識して。』
と。

 

 

圧倒的な光、とは
調子の悪そうな旦那さんと一緒に暮らしていても
Aさん自身が楽しい人生を選ぶ在り方、
です。

 

 

調子の悪そうな旦那さんに対して
『そっかそっか、しんどいのね』と受容しつつ
今のままの旦那さんでいることに降参すること、です。

 

 

例え、ハタから見て

どんなに旦那さんが自分で自分をいじめる生き方をしていようが
それを変えようとせず、そのまんまでいさせる、ということです。

 

↑文字にすると数行で終わりますが
これは、とってもとっても大変な作業です。

(私はすんごく大変だった…!!)

 

 

 

 

その対象となる人物が
自分にとって大事な人であればあるほど
その人の笑顔を見ていたいし
いつも体調が良く、建設的な人生を送って欲しい、ですよね。

大切な人だから幸せになってほしい。

そして幸せを一緒に分かち合いたい。

そう思います。

 

 

Aさんは旦那さんに対して
色々と思うことがありましたが
最近では“もう見守るしかないな”という心境に至っていました。

 

 

その『見守るしかないな』という諦めが
愛そのもの、なのです。

 

※愛を知ると
人生ますます楽チンになるので
私は愛を推してます。
愛が崇高なものだから学ぼう!とか
そういう理由ではありません。

 

 

愛を学ぶ時って
痛いんです。

 

 

見守るしかないな…と
Aさんがどんな心境で書いたのか分からないですが

自分の一番身近なパートナーが
不幸を選ぶ自分(パートナー)でいること、
を諦める道は
あまり簡単ではなかったんじゃないかな?
と推測できます。

 

 

ここを本当に諦められたら
キリストもびっくり!ってなくらいの
愛のお勉強ができます。

 

 

 

私たち人間は
愛の上に、色々ベタベタと余計なエゴを貼り付けているので
愛を知るときはめちゃくちゃ痛いんです。

 

 

私がよく言う
『お母さんを捨てよう』も
究極の愛です。

 

お母さんに幸せであることを期待しないこと、
お母さんが不幸そうなまま生きていくことを良しとすること。
そんなお母さんを尊重すること。

これはとってもとっても痛いんです❤︎

 

 

マジで
ハートに貼り付けられたガムテープをビリッと剥がされるくらい、痛いです。笑

私は実際に心臓のあたりが
ジリジリする感覚を覚えたけど
あれはハートチャクラの解放だったんだな、
と今になって思います。

 

 

 

 

 

もし貴女が圧倒的な光を放って存在したら
貴女と同じ道を歩みたい人は
自ら貴女に声を掛けてきます。

 

 

『ねぇねぇ最近楽しそうだけど
なんかいい方法知ってるの?
私に教えて!』
ってな感じで。

 

その時がきたら
貴女は今まで学んできた
幸せのコツを伝授すればいいのです。

でもそれまでは決して口に出してはなりません。

 

 

 

黙って愛を放つ。

こんなに難しいことはあるでしょうか。

いつも私はそう感じます。

 

 

黙ること、は
とても難しいです。

 

 

でも、黙るのです。

黙るのが愛だからです。

それ以外に方法は、ないのです。

 

 

そして私たちが愛の道を歩み始めた時
他の“愛の道を歩んでいない大切な人”を見て
寂しさを感じるでしょう。

まるで自分とその人が引き離されるような寂しさを。

 

 

貴女が誰かを無理やり愛の道に引きずり込みたくなった時
それが貴女の寂しさを埋めるための行為ではないか、
確認してください。

そして寂しさに気がついたら
静かに泣いてください。

 

貴女の大切な人が
貴女と同じ道を歩むかどうかは
私にも分からないけれど

『愛の道を歩もうとしないその人』を
そのまんま存在させてください。

そんな生き方も尊いのかもしれない、
と感じてみてください。

正しいものは何もないのだ、と。

 

どんなに彼がブラック企業で疲弊していようと
どんなに彼が自己否定ばかりしていようと
どんなに彼が落ち込んでいようと
どんなに彼が競争社会にまみれていようと
どんなに彼が親に縛られていようと

どうか
そのまんまの彼でいさせてあげてください。

 

これは私からのお願いでもあります。

 

 

 

そして、そんな彼を貴女の光で包み込んでください。

 

大丈夫、きっと貴女ならできるから★

 

 

Yuki

 

 

近日中にカリキュラムを公開します★

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【自己完結の女になる】別居中の夫に泣きついたら振られた話。

  2. 離婚すべきか、占い&霊視してもらった。

  3. 自分の使えるお金は『夫次第』『会社次第』という人生は楽しいですか?

  4. 白バラの花言葉は『浄化』。自愛とは浄化である。

  5. バカな女でいる理由。

  6. 別れたクソ夫との思い出に浸る時

  7. 【無能な夫】あなたの夫は“ジェームスボンド”だ!

  8. パートナーシップを円満にするために女がすべきこと②

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31