傲慢な雑魚が『それは私の手柄です!』と主張するのは醜いね。

心が痛む出来事ほど,そこから学びがあるよね。

 

↑昨日のこの記事。

 

この中で、私にマウント取ってくる
嫌な女二人について書いた。

 

 

で、その二人の共通点って
二つ、ある。

 

 

一つが
自分の中の闇を見ようとしないこと。
自分を善人だと思おうと必死であること。

もう一つが
全部自分の手柄だと思っていること、だ。

 

 

前者についてはまた別の記事で書くとして
今日は『全部自分の手柄だと思っていること』について書くよーん♪

 

 

 

『全部、自分の手柄だと思っていること』

 

私たちの人生で起こった、
数々の素晴らしいこと

そして
私たちがこれまでの人生で手にした全ての物は
ぜーーんぶ、私たちの中にいる神様が与えてくれたもの。

 

神様=本当の私たち、ね!!

 

 

 

高級車も高級住宅も
子供も高級犬(?)も
もちろん普通の車も普通のお家も
高級ではない犬も猫も
お金も
めっちゃ楽しい仕事も
そこでのたっくさんの売り上げも
それなりの売上も
素晴らしい人脈も
パートナーも
美味しい食事も
気分が上がる洋服も

私たちが
『嬉しいなぁ』『満たされるなぁ』って思う全てのことは
ぜーーんぶ、神様が与えてくれた。

 

 

 

あなたが会社員だとしても
あなたが手にしているそのお給料は
会社ではなくって神様から与えられたものだよ。

給料の額に不満はあったとしても
お金が貰えるって嬉しいじゃん♪

 

そのお給料は会社からではなく
神様から与えられました。

 

そのお給料は
『あなたが稼いだもの』ではなく
神様がくれたものでした。

 

 

 

でね、

人は、たまに間違えちゃうんだ。

 

 

その『与えられたもの』を
全部『私が』手に入れた、と勘違いしちゃうんだ。

 

 

 

それらの豊かなものは
『私が手に入れたんだ!』
『私の手柄だ!!!』
と、勘違いしてしまうんだ。

 

 

 

昨日の記事で登場した二人の女のうち、
一人はとってもお育ちのいいお嬢様だった。

彼女は生まれた時からお金に困ったことがない。
私はそんな彼女の生い立ちを聞くのが楽しかった。

そしてきっと彼女はその環境を
私が手にしたもの!!』と勘違いしてしまった。

 

だから
『私がすごい!』
『私がすごい!!』
と言いたい。

 

 

 

もう一人の女は
事業でとっても成功しているように見える。

成功しているように見える、と言うのは
お金という物質はたくさん流れてきている。

なんだけど、じゃあその内情は
『???』だ。

だからここでは
『成功しているように見える』と書いておく。

 

きっと彼女は
たくさんのお金が流れてきたことで
『私が手に入れた!』
『私がやったんです!!』
『私ってすごいんです!!』
『私が!私が!!』
と、我を強めた。

 

 

だから彼女は
自分がどんなに有名人の知り合いがいるのか話したくて仕方ないし
自分がどんなに素晴らしいモノを持っているのか
自慢したくて仕方ない。

自分がどんなに才能があるのか
言いたくて言いたくて仕方がない。

 

 

『私がすごいんです!』
『私が特別です!』
『私が手にしたんです!』
『これは私のものです!!』

 

 

そうやって

神様から与えられたものを
全部、自分の手柄にしてしまう。

 

 

※別に神様はそんなことしても怒らないし
全然気にしないんだけど
『私が!私が!』と主張する時点で
神様から離れていってしまうんだよね。

 

 

 

だからね、私は決めた。

これまで私が手にした素晴らしいもの、

お金
子供
海外生活
行きまくった海外旅行
五つ星ホテルのスイートルーム
夫(離婚予定ですがね、笑。やはりありがたいですよ。)
ビクトリアベッカムと同じ産婦人科←これ自慢だよ笑
ロンドンで住んだ庭付き一軒家
今のお家
たくさんのクライアントさん
そのクライアントさんたちの嬉しい変化
ブログのアクセス数
素敵な出逢い
お気に入りのブランドのバッグ
宝石
大好きなCHANELの時計
高級レストランでの食事
毎日食べている、日本の美味しい桃
毎日ゆっくりお風呂に浸かれる日本のバスタブ
素敵な美容院

大好きな友達
その友達とお喋りに夢中になって大きな口を開けて笑っている時間
etc,etc,,,,,,

書ききれないけど…

 

 

これら、
ぜーーんぶ神様のくれたもの。

これら、ぜーーんぶ私の手柄じゃない!!
って、ちゃんと覚えておこうと思った!!!

 

 

 

看護師をしているとき
全然お金がなくって、
その後起業して毎月100万円入ってくる生活になった。

あのときの私も
『これ、私の手柄!!』って、やってたなぁ。。。笑

 

 

今、ここでこうして
ちゃんと思い出せて、よかった。

 

 

 

で、
これまでの人生で、ある程度の成功体験がある女ほど
こうやって
『私が!』『私の手柄です!!』
と、主張しちゃう。
(その傾向が強いということです)

他の女がちょっとでも自分よりいい思いをしていると
気に食わない。

 

 

例えば、
地位のある職業についている女性
有名な企業に勤めている女性
お金持ちのところに生まれた女性
いきなり大金を稼ぎ出した女性
高学歴の女性
またとないチャンスを手にした女性

 

こういう女性は
過去の手柄を忘れられないから
『私』を手放しづらい傾向にある。

 

ここでいう『私』とはエゴだよ。

 

 

エゴが
『それは私の手柄です!!』
と勘違いすると
すんごくすんごく人生は苦しくなるよ。

特に女。

 

 

 

エゴが
『それは私の手柄です!』と勘違いすると
『私が』どうにかして現実を動かそう、
『私が』どうにかしてやり込めよう、
とするから

婚活もエゴで無理くりに動かそうとして苦しくなるんだよ。

 

 

今まで
すごい立派そうな仕事をして知性のある女性が
どうしてそんなに婚活で疲弊するのか分からなかったんだけど

『自分で』なんとかしようとするから疲弊するんだね。
昨日、繋がった。

 

 

もしこれを読んでいるあなたが
仕事とかお金とか地位とか物質とか
自分の今までの手柄に誇りを感じているなら

『それは神様がくれたもので私の力じゃなかった』
って、落ち込めばいいよ。

 

過去の栄光を捨てようよ。
そのほうが絶対に絶対にぜーーったい!!
ハッピーだから!!!

 

これは痛い作業だと思うよ。
ベリベリベリベリと剥がされていく感じ。

 

 

私たちの頑張りと
私たちの手にしたものは
何の因果関係もないわけよ。


これ、エゴが怒りたくなる言葉だよねー!!笑

 

 

エゴは
『私が頑張ったから手に入れた』
『私がすごいから手に入れた』
って、全部自分の手柄にしたいんだもん。

 

で、このエゴってのは
人間全員に漏れなく搭載されている。

 

 

つまり、
傲慢さは人間全員に搭載された機能…!!

 

 

本来は何もできない雑魚が
『私の手柄です!』と主張するのは
醜いね!

 

 

今まで自分が手にしたすべてのもの,
そこに一喜一憂するのでなく
そこを手柄にするのではなく
天狗にならないで
毎日桃を食べて、ただただ笑っていたいな。

 

※ロンドンには桃がなかった気がする…!
そんなことってある!?
とにかく桃を貪るように食べてる。
んまい❤︎

 

Yuki

 

 


  • コメント: 1

関連記事

  1. 豆腐メンタルからメン強/上手に依存する❤︎

  2. 愛もお金も『黒字』人生★

  3. 【0=∞】わたしは“満たされた空っぽ”だった。

  4. 【虫眼鏡を捨てろ!】恋愛/仕事/育児,ぜーんぶ解決っ★

  5. 本性→『頑固おやじ』を受け入れたくない!!

  6. 今すぐ安心して満ち足りて笑ってていい。

  7. 『腐れ縁』と『良縁』の見分け方◆人生のステージアップ

  8. 私にとっての『幸せ』を解説します。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • あお
    • 2022年 7月 31日

    Yukiさんに質問があります。
    過去に、【鬱の夫を差し置いて幸せになろう!】、【鬱の夫の存在は罪悪感を捨てるテストだ】と書かれていましたが、ADHDのような発達障害についてはどのように捉えていらっしゃいますか?

    私の主人は自称ADHDで(確かにネットで検索するとADHDの特徴にぴったりと当てはまります)、仕事が続かずに転職を繰り返しています。(交際開始から今までの2年間で3度の転職をしていて、更に2ヶ月後には再び転職をしようと考えているようです。)
    今回の職場でも上司から『この仕事に向いていない』とはっきり言われたようで、主人は非常に落ち込みどうやって生きていけば良いのか…と悩んでいる様子です。

    私たち夫婦には10ヶ月の娘がいるのですが、主人の気分が落ちている時には「子供を作るのが早過ぎた」、「2人目も欲しいと言われて、無理だと思った」、「養育費は払うから俺を1人にしてくれと思った」、と言われ、私はとても罪悪感を感じました。
    私は育休からの職場復帰に向けて保活をし、ようやく申込みを終えたタイミングだったのですが、突然仕事が行き詰まっている話をされ、「家賃のプレッシャーが大きいから引っ越したい」とも言われ、私は内心もやもやしています。できれば引越しは避けたいという気持ちもありますし、引越し先が決まらない限り保活を仕切り直すこともできず、「勝手なことばかり言わないでよ…」と思ってしまいます。
    私の主人も弱いふりをするのが得意な人間で、罪悪感を捨てるテストをされている状態なのでしょうか?

    また、普段の主人はどちらかと言うと自意識過剰タイプの自分大好き人間で、今回の記事にあるような「自分が」「自分が」という発言が多く、最近の記事にも所々リンクしているように感じます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031