子育てとパンダとゴリラ。

ヤッホー( ̄∀ ̄)

 

うわー、久々にブログを2週間も更新しないでおりました。

こんなに更新しなかったのは2年ぶりくらいの勢いだよ。

 

で、

なぜ私がこんなに長らくブログを更新しなかったか?
と言うと…

 

 

特に理由はありません。笑

 

 

書きたいと思わなかったから
書きませんでした。

 

 

 

そんなブログから離れた2週間でしたが
私なりに忙しくて

例えば
子供を保育園休ませて動物園に行ったり
美容活動に励んだり
韓国コスメを集めたり
フェイススチーマーをゲットして喜んだり
Youtube見まくったり
漫画読んで泣いたり
離婚届を記入したり(←意外に難しい)
人生初のピラティスに参加したり
メールセッションしたり
コンサルしたり

うん、ハードスケジュール!!

 

 

 

色んな美容クリニックを回って
気づいたことがあったので
(しつこい勧誘に負けない方法とか)
それはまた別記事で書くとして

今日は上野動物園のレポをさせてください。

 

 

それは2週間前の木曜日のこと。

前日の夜に天気予報を見ると
『最高気温15度』とあるではないですか…!!

 

こ、これは今年最後の動物園日和だ…!
と、私は浮き足立ってしまい
当日の朝に保育園にお休みの連絡を入れ
太郎二郎を連れて動物園に向かいました。

 

 

思い返せば
太郎二郎を連れてロンドンから日本に帰国したのが
今からちょうど2年前。

あの頃は、太郎が3歳で二郎が1歳でした。

 

そこから2年が経ち
2人とも成長して頼もしくなりました。

太郎はもちろんのこと、
二郎にもある程度会話が通じるし
太郎二郎といると
『男友達と過ごしている』ような
そんな感覚になります。

 

 

 

この間面白かったことがあります。

朝から反抗して私に喧嘩を売ってくる3歳児の二郎に対して
37歳児の私もついつい応戦してしまったのですね。

ママ嫌い!
保育園行かない!
歯磨きしない!!
という二郎に対して

『歯磨きしろー!!ゴルァー!!』と追いかける私。

 

 

そんな私を二郎は両手でポコポコと可愛くぶってきます。

37歳児も負けてはいられません。

『全然痛くないでーす!
ママは強いから痛くないでーす!』
と、3歳児を挑発します。

そんな感じなので
3歳児はますますヒートアップして暴れるのですが
その様子を真顔で見つめる我が家の太郎。

 

 

その日の夜、太郎に
『そういえば今朝、ママと二郎喧嘩しちゃったね。笑』
と話しかけたら

太郎は
『うん。僕、ママと二郎はバカかと思った。』
と真顔で答えるではないですか!!!!

 

このやりとりが非常にツボにハマって
1人で腹を抱えて笑っていました。

 


『ヒィヒィ(←爆笑しすぎて引き笑いになった)
ママと二郎がバカかと思ったの?(爆笑)』
と笑っていたら

そんな私の様子を見て
太郎も二郎も爆笑して
最後には全員、なんで自分が笑っているのか分からない状態になりました。

 

とても楽しかったです。

 

 

こんな時、いわゆる『普通のママ』だったら
『バカという言葉は使っちゃいけないよ』とか
『ママも怒ってごめんね』と
生真面目に大人ぶって回答すると思うのですが

日本で生きている限り
『バカ』という言葉は存在するし
その言葉を闇雲に『使ってはいけない』というのもどうかと思いますよね。

実際バカな人もいるわけだし、
汚い言葉を使わないことが美しいわけでもありません。

汚い言葉を使わない大人に限って
根性腐っているのはよくある話です。

そーゆー大人の女が一番嫌いだよ、私は!!
と思うわけですよ。

 

 

子育てって
親自身が『大人のフリ』をすると
とってもつまらなく窮屈に神経質になりますよ。

この世の中には
大人のフリした大人が多すぎますしね。

 

私は小さい頃
間違えても親に『バカ』と言えなかったし
そこには無言の圧倒的上下関係があったので

こうやって我が息子に『バカ』と言われるのは幸せだなと感じるんですよ。

 

なめられるのは嫌だし
なめられたらぶっ飛ばすけど
こういうのは幸せな瞬間です。

 

みんなが思う子育てって、なんでしょう?

 

クライアントさんの6割は母親という立場の人ですが
割と多くの人が
『母親であろう』と頑張っているんですよね。

母親であろうと頑張るんじゃなくて
子供に対しては『マブダチ(お互い尊重を持って)』というスタンスでいれば
子供は安心しますよ。

 

一緒に笑える時間が多ければ
それでいいんですよ。

 

とにかく、こうやって子供と笑える時間が楽しくって
こうやってますます彼らと笑えるようになったのも
彼らが成長して話が通じるようになったから、であって
それが幸せすぎてブログを書きたくなかった、というのもあります。

 

そしてこういうことを書くと
私より大きな子供を育てているお母さんは
『あぁ、私は子供とそんな風に笑えなかった…』
と落ち込んで過去の自分を責めるのですが

子育てで一番してはいけないのは
後ろを振り返ること、ですよ。

 

 

子供なんて、愛おしすぎるから
そのせいで
過去を真面目に振り返ると
『あの時こうしておけばよかった…』
と後悔しか見つかりません。

後悔なんてしなくていんですよ。

 

どんな時もみんな一生懸命、子供を愛してきたから
例え過去に(今思えば)間違った愛情表現をしていたとしても
全部正解なんですよ。

だから今から子供と笑える時間を増やせばいい^^

 

 

子供は『今』大好きなお母さんと笑っていたら
それだけで過去のことを全部水に流す、という
最強の赦しをくれるんです。

 

子供の赦すパワーはすごいですよ。

本当に子供ってすごい。

みんなキラキラしてる。

かわいい。

 

そしてその10秒後には『歯磨きしない!』と暴れて、こちらをイライラさせてくる。

それが子育て、ですね。

 

 

上野動物園のレポを書こうとしたのに話が逸れました。

 

 

上野動物園では頑張って15分間並んで
双子パンダandパンダママを見ました。

驚くことに
世界には『熱狂的パンダファン』が数多く存在していて
私たちの前に並ぶマダムも1人でパンダを見にきていました。

そして
『あそこにお父さんパンダが寝ているんですよ〜』とか教えてくれました。

 

やっと出会えた双子パンダとママパンダは
1人の子供パンダは完全に観客に背を向けて笹を食べていて
もう1人の子供パンダは完全に観客に体を向けて
ママと一緒に一生笹を食べていました。笑

 

 

うん、あれは可愛い…!

 

 

そこからキリンとかサイとか色んな動物を見て
一番最後に楽しみにしていたゴリラを見に行ったのですが
なんと全ゴリラがボイコットをしていたのか
庭に出てこず室内に引きこもっていて
念願のゴリラを見ることはできませんでした。

 

そんなこんなでゴリラを見ることはできなかったけど
三人の思い出が増えて
とても素敵な1日でした。

 

あー楽しかった!!!!

 

 

これから先も
10年20年とマブダチ(子供)を見守っていけると思うと
嬉しすぎて興奮します。

 

 

私はビジネスを大きくするために頑張る、とか
そんなんじゃなくて
こうやって好きな時にマブダチと関われる人生を
一番望んでいます。

その上で、大金を得る。

 

むつかしいことを考えずに
ゲラゲラ笑って美味しいもん食べてジム行って美容やって
そうやってこれからも生きていこう。

 

今が人生で一番幸せだと思う。

 

 

Yuki

 

クロミちゃんとアナスイコラボの
GUのパジャマを買った❤︎

  • コメント: 0

関連記事

  1. 母親が自己嫌悪と愛情で死にたくなる日。

  2. みんな『自分』を生きている。

  3. 脳内の寄生虫を追い出して幸せになる。

  4. インドカレーみたいな味の、マルゲリータピザ

  5. 『私の毎日はショボい』と思ってる貴女へサプリメントblog

  6. 可愛い娘が増えました♡

  7. 愛されて育ってきた女の夢。

  8. 人生が動き出した。私の子育ては正解だ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031