満月を壊したのは,あなた自身なのだよ。

願いを叶えるためには
願いを、願いのままでいさせないこと
が必要なの!

 

そもそも
願望っていうのは
『今それがないと思っているから欲しいもの(状態)』だったり
『なかなか手に入れられない(と勝手に自分が決めているもの)』もの、なの。

 

 

つまり
『願いを叶えたい!!』と思っているときは

私にはそれがありません!
足りていません!
欠けています!
飢えています!
枯渇しています!
いますぐ死にそうです!

という、つよ〜い不足感
自ら掴んでいる、という状態なの。

 

 

まるで砂漠のど真ん中で
喉が渇いて渇いて仕方ない時に
お水を切望している時のように
強い『飢え』とか『枯渇感』を感じているの。

 

 

 

彼氏ができないから悲しい、のではなくて
理想の収入がないから不満、なのでもなくて
理想の家に住んでいないからモヤモヤしている、のでもなくて

私たちが本当に苦しんでいるのは
『今、ここで不足感を感じなければならない』
『今、ここで欲しがらなくてはならない』
『そしてそれを追いかけなければならない』
『それを得るまでは絶対に幸せになる必要はない』
という、

自ら無意識のうちに、
不足感に縋っているっていることなの。

 

 

 

本当はあなたは砂漠のど真ん中にいないし
冷たいお水なんて簡単に手に入る。

だけど私たちの中には
『どうしても飢えていたい』
『どうしても不足を感じたい』
『どうしても埋めるべきものを見つけたい』
という、強い欲求があって

だから積極的に
自分と世界の粗探しをする。

 

 

『自分は理想の仕事をしていないからダメだ』
『自分は理想の体型をしていないから価値がない』
『自分は歳をとったから魅力がない』
『自分は理想の収入を得ていないからまだまだ満足してはいけない』

『上司がたまに嫌味を言ってくるから、こんな世界は欠けている』
『子供が勉強ができないからきっと将来苦労する。あー大変だ』
『夫が最近構ってくれないからきっと夫婦の危機だ!』

 

そうやって
自分と世界の粗探しに必死になるの。

 

 

それは、自分と世界の中に
最初に『粗(あら)』があったのではなく

あなたが本当は粗のない世界
粗を作り出したの。

 

 

本当は、満ちている、まんまるのお月様を
あなたは自分の手で壊したの。

→続きを読む
  • コメント: 0

関連記事

  1. 『世界には私1人』だから,他人の気持ちは関係ねぇ。

  2. 『私はこの世界の女王です。』

  3. 【愛】嫌われて人が離れていかないか、心配で仕方ない貴女へ。

  4. 現実創造という言葉は苦しい…!あなたが存在する、という圧倒的事実。

  5. 本当の自分とは,願いを既に叶えてそれを存分に味わっている自分。

  6. その苦しみは消えるよん♪叶ってない現実見て凹んだ時。

  7. あなたが存在する=願いが叶う、ということ。

  8. 田舎女がド本命の芸能人を引き寄せた話。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031