自分の身を滅ぼすほど1人の男性を愛しました。

もしも誰かに

『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』

と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。

 

『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました。』

 

ayu本人からのこんなメッセージで締められる、話題の小説。

(小説、という括りでいいのか?)

 

読んじゃったよーーー!!

 

本当は読みたくなかった。

なぜなら、私は天邪鬼だから

こういう『話題の本』とか読みたくないの!!

しかも、大好き(だった)ayu。

ファンだからこそ読みたくないし

何で今更こんな本を!!と思った。

 

私はayuの大ファンでファンクラブにも入っていて

でもちょっと前からだいぶ熱は冷めていた。

 

Mが誰を意味するか知った時

そんなこと知りたくなかったと思ったし

裏切られた!とか思っちゃった。

 

もう、ayuのファンに戻ることはないな…と思っていたし

勝手にがっかりしていた。

 

 

だが、先週

ふと出来心でkindleで読んでしまった。

 

批判するつもりで読んだ。

だが、気づいたら

うっかり感動してうっかり涙してしまった。

 

もうカラオケで2度と歌いたくなくなったわ!(怒)と思っていた M だけど

また歌いたくなった。

(ってかカラオケのある日本に帰りたい。。)

 

 

 

私がayuのファンになった日を今でも覚えている

その日は

今はもう無き、大好きだった実家でMステを見ていた。

(なぜもう無いかというと、父が倒れた後

借金返済のため、母が家を売却したからだ)

 

たしか私は高校生だった。

そのMステを見るまでayuのことは嫌いだった。

あの鼻にかかった喋り方。

どうせ大した苦労もせず可愛いだけのバカが流行ってるんでしょ、って思ってた。

 

でもappearsを歌いながら泣くことを堪えているayuに

アンチだった私は心を掴まれてしまった。

当時はなぜ心をそんなにも掴まれたのか分からなかった。

でもこの本を読んで分かったよ。

私があなたに惹かれた理由が。

 

その時の動画(←クリック!)

 

 

その涙の背景にあるあなたの思いを

青森の、今は亡き

とある一軒家のテレビの前で私は受け取ったんだね。

 

あなたが何で泣いていたのか分からないと思っていたけど

当時の私は分かっていたんだね。

 

 

そこからずっとayuのファン。

 

 

 

 

この記事を読んでいるみんなは

『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』

 

 

 

私は、ある一つの恋を思い出しました。

出会いは私が21歳の時。

今から13年も前か!!!

 

私は一つの恋をした。

その人には一目惚れだった。

 

その人には彼女がいて

私は叶わぬ恋をしていた。

 

いつもだと

『絶対自分が一番じゃなきゃ嫌!』

『本命じゃなきゃ嫌!』

と思っていた私だけど(これは今も)

その時は二番目でも何番目でもいいと思った。

 

 

その人はよくモテる人で

今でも私は彼のことを

『私の人生の中で一番カッコいい人』と思っている。

カッコいいのは外見がね。

中身は、繊細で陰があって寂しがりやで不安定で

そしてかなりの女好きで浮気性だった。

私のことを振り回すのが上手だった。

 

 

私との浮気が、彼女にバレて彼に会えなくなる…ってことが何度かあった。

お互い、相手の連絡先も全て消したはずなのに

気づけばまた彼とどこかで出会ってしまう…という不思議な縁だった。

 

 

彼に初めて恋に落ちてから2年後。

なぜかは分からないけれど

また偶然再会した私たちは

また恋をした。

 

 

その時、初めて私は彼の本命になった。

しかも驚くことに彼から告白をされる、という。。。

 

 

その頃、彼に他の女性がいたかどうかは分からないけれど

でももう一回書くけど

彼に関してだけは、その辺は許せた。

この独占欲が強い私が。

 

 

やっと『ちゃんとした彼女』になれたけど

半年も経たずに別れは訪れた。

なぜ別れることになったか当時ははっきりしなかったけれど

私と彼はいつも、そう。

 

 

彼はいつもふわふわしていて掴み所がない。

今より全然自信のない私は

そんな彼に踏み込めずにいて

いつも彼と私はふわふわした時間を過ごしていた。

 

 

彼と別れた私は、また別の恋をするのだけれど

また『彼』と再会してしまい

彼氏がいるのに『彼』ともこっそり会ったりした。

 

 

でもまた彼が急にいなくなって

そうこうしているうちに私は東京に引っ越して

(それまで仙台にいたの)

東京に私が引っ越したすぐ後に

なぜか彼が東京によく出張がある仕事に就くことになった。

 

 

ここまでで彼との関係は、もう5年くらい。

 

彼から

東京で会おう というメッセージを貰ったけど

なぜか私はその時初めて

彼の誘いを断った。

もう会わないほうがいい、と。

 

 

プライドが高い彼は

もしかしたらちょっと傷ついて

そこから一切連絡はないけれど

今でも元気にやっているのかな。

 

ちょっとは強くなって

幸せにやってるといいな。

 

 

ってか、それから数年後

Facebookで彼が結婚したことを知って胸がチクリとしたけど

彼が結婚した時期って

私に東京で会おうって連絡してきた時期だった。笑

 

最後の最後まで、そんな彼だった。

 

 

それなのになぜか彼だけは憎めないでいる。

何をされても許したくなる。

 

 

 

彼との恋が

私にとって一生に一度の大恋愛。

 

 

もう出会うことはないかもしれないけど

彼に出会えて良かったな。

 

 

 

 

 

これ、既婚者が書く文章じゃないかもね^^

でも私の本当の気持ち。

関連記事

  1. 【業務連絡】1週間、休みます。

  2. 【痛くなる記事】貴女の母親、最低です。

  3. 残枠2名様【Detoxビジネス】【Black Pro】そろそろホンモノ…

  4. 【ベルギー旅行1日目】ワッフルとビールと♪

  5. 美容熱の高まりとお買い物。

  6. 臨月妊婦の子連れ海外引っ越し…

  7. 【重要】全部、あなたのせいだよ。

  8. お金を超えた豊かさ*アフィリエイトや株は勧めない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930