太郎を守れなかった日。落ち込んだ日。

今日は反省文です。
懺悔です。

 

 

太郎のトイレトレーニングについて、です。

去年の10月くらいから
ナーサリーの先生たちから
『太郎のトイトレはいつやるの?』
と頻繁に聞かれるようになった。

要は
早くオムツ外すべき!
という圧力。

※なぜかここのナーサリーは
オムツはずしへの意気込みがすごい。

 

だが、去年はまだ
太郎が大好きな
優しくて保護者の意向を最優先する、
ウクライナ人の先生がいたから
私は『まだ太郎はトイトレの時期じゃない』
と断っていた。

断りやすい、
安心してコミュニケーションを取れる先生だった。

 

 

その素敵な先生は年始だかに
アートの道に進むということで辞めてしまい
別のスタッフが太郎の担当になった。

 

 

 

 

が。

…まぁ、このスタッフが合わない。

太郎とも合わないし
私とも合わない。

インド系の、私より若い独身女性なのだが
まぁ〜、教科書通りの保育しかできない。

その人が担任になってから
太郎は『人の顔色を伺う』ということを
その人に対してやるようになった。

 

私は心の中でこっそり
『テンプレート女』と呼んでいる。

 

 

そのテンプレート女は
まぁまぁ押しが強く

自分が正しい!と思ったことを
ズンズンと主張してくる。

彼女のいうことは
いつも正当だが
それは実にトゲトゲしている。

 

 

そんな彼女に
『太郎はトイトレすべきだ!』
と言われ

実は押しに弱い私は
心の中で『えー、んなわけないだろ』
と思いつつ
イエス、と言ってしまった。

 

 

だがマジで
トイトレをやる気がしないので
家でもトイトレをやるフリしてサボってた。

 

そうこうしているうちに
コロナで保育園が休園となり
『よっしゃ!トイトレから開放!』
と喜んだ。

 

 

太郎は気分が乗ると
たまーにトイレで排尿するが
大体はトイレを嫌がる。

彼には彼の意志と都合があるのだ。

 

 

 

で、先週からナーサリーが始まり
久々にテンプレート女と再会した。

 

先週はナーサリーも開いたばかりなので
トイトレは行われなかった。

だが今週月曜から
またテンプレート女の提案により
トイトレが開始された。

 

 

その結果、どうなったかというと。

 

 

トイトレ再会前は
明るくナーサリーに行っていた太郎が
トイトレ再会後から
ナーサリーを嫌がるようになった。

 

 

今朝なんて
そのテンプレート女から逃れようと
『ママー!』とギャン泣きしていて
私はそれを直視できず
逃げるようにナーサリーを後にしたが

太郎がトイトレをストレスに感じていることは
明らかだった。

 

 

 

日本のトイトレはどうか知らないが
イギリスより断然オムツ外れは遅いはず。

 

イギリスは早い子は
1歳半からオムツを外してるけど
その実態は
大人が20分おきに子供をトイレに座らせる、
というものであり

それはトイトレというより
ただ『便座に座らせて排尿するまで待つ』行為にしか過ぎないと私は考え
全くもって無意味だ。

 

 

子供本人がトイレで排尿したいと思わない限り
それをプッシュするのは
意味不明だし
考えただけでゾワゾワする。

 

 

だが、私はそのゾワゾワを無視して
太郎にストレスを与えてしまったこと、
太郎を守ってやれなかったことに
酷く落ち込んでいる…。

 

 

テンプレート女なんかに負けるんじゃなかった…。

なんか、第3の目のところに
赤いビーズ?みたいのつけてて
(多分ヒンズー教のやつ)
ついつい逆らえないオーラを感じるんだよね…笑

何なん?あのビーズ。
※ビーズに八つ当たり。

 

 

まぁでも、
唯一存在する友達に
トイトレについて聞いたりしてみても

やっぱり、オムツって
外すものではなく

自然に外れるもの、だよね。
と実感。

 

 

今はコロナの影響で
お迎えの時間も5時と決まってるから
早めにお迎えには行けないけど

迎えに行った暁には
トイトレを中断することをしっかり伝え
太郎の大好物のブルーベリーを持って
迎えに行きたい。

 

はぁ。。反省。。。

 

 

Yuki

 

◆大事なお知らせ
LINE公式アカウントの変更

 

↓新しいアカウントの追加ボタン&QRコード


 

 

 

5/5受付スタート
→満席となりました。

 

 

↑YouTubeちゃんねる【潜在意識美人®︎ちゃんねる】
そろそろ始動予定。ベラベラまったり空間。

 

【動画配信】毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 
\\好評受付中//

 

 

 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

関連記事

  1. なんか一つでも自分の考えを言ってみろってんだよ。

  2. 『さみしい』を変換して、愛まみれの人生を創るのだ★

  3. 【きもちがわるい出来事】正しい人のふり、優しい人のふり。

  4. 産後のサミシイを取り扱う。

  5. ワタシの2度目の子供時代。

  6. 詐欺まがいの“自己啓発・スピリチュアル”に溺れないために

  7. コロナ渦中でも幸福でいる方法

  8. インドカレーみたいな味の、マルゲリータピザ

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 10日

    おむつ外したいって大人の都合もありますよね。
    おむつ外れると経済的にも助かります。
    うちは3歳でした。
    知人の子供は6歳でもおむつ必須、わざと目の前で漏らしたりするって怒っていました…
    先生にも親にも怒られているんだと思います…

    • 二戸
    • 2020年 6月 10日

    うちの子たちが通ってた保育園は3歳までに外れれば大体オッケーだった。

    ゆるゆるだった。

    しかも保育園がやってくれた。

    イギリス早いっ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930