アナ雪:エルサの本性と苦悩

 

と言うことで
今、うちの太郎にディズニーの動画をよく見せている。

太郎はミュージカルとか大好き男子なので
ディズニーの、ミュージカル風のアニメが大好きなようだ。

私が小さい頃大好きだったのはアリエル。
そしてたまにアラジン。

 

よくよく考えてみると
この2人のお姫様は
今いる世界から飛び出して新たな世界に行く!と言う人生を生きており
まさに私っぽい。

 

 

 

 

で、アナと雪の女王の『雪だるま作ろう』という歌を太郎と見た。

アナと雪の女王はまだ私が横浜で一人暮らしをしているとき
彼氏(今の旦那)とのデート前に1人で桜木町の映画館で見た。

余裕ぶっこいて見てたら
途中から涙がずっと止まらず
デートに向かう京浜東北線の中でもずっと泣いてしまい
完全にヤバイ人であった。

 

数年ぶりにアナと雪の女王の映像を見たが
たった数分の映像で私はやはり涙が溢れてしまう。

 

なぜなら、エルサの本性は私と同じ
『頑固じじい系』なのだ。

 

頑固じじい系統の特徴としては
『他の人が持っていない世界観が確立されている』
『他の人にはないユニークな才能がある』というもの。

それゆえ、時として
頑固じじい系統は、自分の世界観を理解されず
苦しいし寂しい。

エルサは、魔術を持っていた。
幼い頃、そも魔術によって妹を傷つけてしまった。
(確かこんなストーリーでしたよね?違ってたら教えてください)

両親はそんなエルサの才能をどう扱っていいか分からず
エルサに自分の才能を封印するよう指示した。

 

魔術を扱う手に手袋をはめさせている

 

それはエルサにとって死を意味する。

世界観豊かな頑固じじい系統にとって
『自分を表現するな!』というメッセージは『しね』と同意語なんだ。。

 

でもエルサは大好きな両親の言うことだから、と
必死に自分を殺そうとする。

1人、氷の世界で。

 

自分はダメなんだ、
自分の世界観はおかしいんだ、
自分は罪深い人間だ、
自分は間違っている、

 

そんな苦しみを経験している人は多いよね。

 

 

でも私たちは(特に頑固じじい系統は)自分を大胆に表現するために生まれてきた。

周りが何と言おうと煙たがられようと
エルサも私も自分を表現したいんだ。

 

人をはねつけて自分の殻に閉じこもるんではなくて
本当はもっとみんなに理解されたいし
自分の才能を、もう隠したくはない。

 

 

貴女が自分を表現するたびに、嫌そうな顔をした人がいたかもしれない。

貴女が自分であることで、攻撃してくる人がいたかもしれない。

 

でも私たちはもう大人だから
きっと今度からは自分で自分を守れるんだ。

そして本当の私たちを好きでいてくれる人に囲まれる世界を、自分で作れる。

 

 

今でも涙なしに見れないな、アナ雪。

 

パリのディズニーではエルサの仮装しようかしら?なーんて。

髪色はアリエルとお揃い。

 

 

 

Yuki

 

 

◆大事なお知らせ
LINE公式アカウントの変更

 

↓新しいアカウントの追加ボタン&QRコード


 

 


↑YouTubeちゃんねる【潜在意識美人®︎ちゃんねる】

【動画配信】毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

関連記事

  1. 人生を変えたDVD3本!!見て見て見て!!!

  2. 太郎を守れなかった日。落ち込んだ日。

  3. 【感情の感じ方】マスク2枚を提案した安倍さんに、八つ当たりするオトナた…

  4. 人生をぐるん!と変えよう★恋愛篇

  5. 【激辛注意報】他人に嫌われたくない女

  6. 【動画】アストロジャーとの対談♪

  7. 自殺者に同情しない。美談にもしない。

  8. 独裁ヒトラー性質なのに愛されちゃう理由。

コメント

    • なな
    • 2020年 8月 05日

    今のyukiさん、ディズニー映画のキャラとして出てきそう!
    すごい存在感。
    その映画タイトルは、
    「アナとyukiと女王」ですかね (笑)
    まさに、『アナyuki 』(笑)(笑)←これが、いいたかったんかい!!?

    まだまだ、自己表現のひよっこ役者ですが、
    私も『自分映画の主人公』人生かけて、目指します!

    • 匿名
    • 2020年 8月 05日

    泣けるよね〜って周りに言ったらみんな「どこで…?あれって泣く映画?」と、誰も共感してくれなかったことを思い出しました。
    特に、アナが男に裏切られて死にかけるシーンが泣ける…。゚(゚´Д`゚)゚。
    yukiさんはもちろん、ここに来るひとはみんなエルサのようになっていくのかもですね。ありのままで♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031