黒い天使のままでいい。

8/8 Amazonにて電子書籍発売します。

 

 

いやぁ〜!!
やっと書き終えましたよ…!!

それなりに大変だったなぁ…!
でも、執筆作業はワクワクを超える感動があった。

 

本を書いていると
潜在意識を学び始めた頃の自分を思い出すのです。

 

 

 

幸せな人生に切り替えるために必要なことは
黒い自分を愛することです。

 

 

 

私が潜在意識を学び始めた頃、そしてそのちょっと前。

世間には『いいことを考えればいいことが起きる』という考え方が溢れていました。

 

ですから私は常に『ポジティブなこと』『明るいこと』を考えるように努力しました。

と同時に『ネガティブな自分』『怒ってる自分』『嫉妬深い自分』『恨んでる自分』『チキンな自分』『意地悪な自分』を封印しました。

 

そしたら変な恋愛はするわ、満員電車で胃痙攣を起こすわ、とってもしんどかったんです。

 

 

誰かに怒っていても
『こうやって怒っていると不幸な現実が来る…!』と慌てて怒りを閉じ込めました。

これは泣いている私の中の小さな子供に往復ビンタを食らわせるようなものです。

 

 

嫉妬深い自分のことも責めました。

『何でこんなに私は性格が悪いんだろう…!これだと不幸になる…!』と、私の中の小さな私をメッタメタに切り刻みました。

 

 

当時の私は
黒い自分ではなくて、天使のように真っ白な自分でいたかったのです。

そうすればみんなに愛されて幸せになれるような気がしました。

それまでの劣等感まみれの自分から逃げられると思いました。

 

 

でも、それは大きな勘違いでした。

私は天使ではなく、どちらかというと堕天使でした。

きっと数年前に占いで
『あなたは将来、デヴィ夫人みたいな雰囲気のお金持ちになるわ…!』と言われたのも、私が堕天使だからです。

(しかもそう言われて自分で一番しっくりきた)

(夫人、ごめんなさい。笑。大好きだし憧れてます。この間も、オリンピックの開会式にエライ怒ってたけどそんなとこも可愛いです。)

 

 

 

…とここまで書いて『そういや堕天使って、なんだろ?』って調べたら、Wikipediaにこう書いてありました。

堕天使(だてんし)は、主なる神の被造物でありながら、高慢や嫉妬がために神に反逆し、罰せられて天界を追放された天使、自由意志をもって堕落し、神から離反した天使である。

 

↑高慢や嫉妬のために神に反逆し罰せられたって…!笑!!

ちなみにこの情報はインチキです。

神は誰をも罰しないからです。

堕天使が高慢で嫉妬深いのは正解です。

 

 

神が罰するのは
高慢な人とか嫉妬深い人ではなく
『高慢な自分を否定している人』
『嫉妬深い自分を否定している人』
です。

神とは私たち自身です。

 

 

 

 

散々、高慢で嫉妬深い自分を責めても人生なんも上手くいかなった私は方針を変更することにしました。

なんか潜在意識とか勉強したり、善人になろうと頑張って疲れていたのです。

 

 

『ポジティブな思考を送り出すとかアホくさい!』
『善人でいるのは疲れた』
『っていうか、私は今世ではどう頑張っても善人になれない!!』
と気づいたのでした。

 

 

『性格の悪い自分のまま生きてやる!!』と思いました。

幸せになるとか、何かを追いかけるのが疲れたので
性格の悪い嫉妬深い自分のまま生きようと思いました。

自分が気持ちよければそれでいいじゃん、と開き直ったのです。

どうせ頑張っても辛いだけなんだし。

 

 

そんな堕天使的な生き方を始めたら
なぜか恋愛が上手くいきだしました。

合コンでふてぶてしい態度の私に好意を示してくれる男性が、3人中2人現れました。(そのうちの1人が夫です)

 

ブラック企業の病院もクビになり
楽な職場に転職せざるを得なくなりました。

なぜか職場の人たちから好かれて
色んなドクターから『うちで働かないか?』
と声をかけられるようになりました。

相変わらず、堕天使のまま生きることを決めた私の心は気持ちいいままでした。

 

 

それから9年経ちますが
善人になろうと頑張っていた時より
今の自分の方が断然性格がいいです。

性格がいいとは
人を妬まなくなったし
怒っても自分の中で解消できるし
人を自分に巻き込まなくなりました。

出会う人も性格のいい人ばかりになりましたし
合わない人はちゃんと排除できるようになりました。

 

 

決して性格のいい自分になろうとしたわけではありません。

私が堕天使のまま生きることにしたら勝手に性格が良くなっていたのです。

 

 

そんなことを体感しているのにも関わらず
私はやっぱりたまに善人を演じたくなります。

自分のことを『いい人だ』と思うのは気持ちいいと錯覚してしまうのです。

ですがこの気持ち良さは、上記の堕天使である自分を認めた時のような本物の気持ちよさではありません。

自分のことをいい人間だと思った時の気持ち良さは、ただの優越感です。

優越感を抱いている時、私たちは魂からバッサリ切り取られます。

 

気持ちよさの見極め方が大事なんですよね。体で感じるだけなのですが。

 

次に『高慢な女』について書こうと思いましたが、次の記事で書きます。

私も過去に高慢な自分を受け入れない故に、周りの人間を巻き込みましたが、高慢な女が大嫌いなんです。

 

 

 

Yuki@都内のカラオケが臨時休業で不機嫌な堕天使より。

 

 

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

 

 

公式LINEにてblog更新情報をお伝えしております。

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 本性→『頑固おやじ』を受け入れたくない!!

  2. コロナのせいで淋しくてたまらない理由。

  3. あなたは『隠れマザコン』だから人生がパッとしないんだよ。自覚しな。

  4. 唐田えりかは、貴女の中にいる。

  5. 『幸福』とは自分に没頭すること。

  6. 私はイタくてダサい人間です。貴女も。

  7. 唐田えりかさんが東出不倫を続けた理由。

  8. 子供が欲しい私。『年収アップを目指す!』と言うけど動かない旦那。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31