私たちの中に子宮が存在する理由。

昔、私は看護師をやっていたのですが
婦人科のクリニックで働いていました。

 

そこで、患者さんから摘出された『子宮筋腫の塊』を見ることができました。

ついさっき患者さんから摘出されたソレは
ホルマリンに付けてビニール袋に入れられ置いてありました。

 

私がその子宮筋腫の塊に触れると
その塊は石のように硬く
押しても凹むこともありませんでした。

当時の私は
『ほぉ〜これが筋腫か。』
と、感銘を受けながら実際の筋腫を触っていました。

 

 

 

 

さて、コメントを頂きました。

 

 

魂が怒りと悲しみでいっぱいになる、
ということは、断じてあり得ません。

なので安心してください。

 

確かに魂は子宮に位置しています。

位置しているというか
正確にいうと子宮は魂へ繋がる正門なのかもしれません。

子宮は魂へ繋がるゲート。

 

 

 

で、私がよく
『子宮のあたりに魂はあります♪』なんて言うもんですから
子宮に疾患がある人は
『私の魂に問題があるってこと!?』
『子宮がない私はどうなるの!?』
と感じるのですよね。

 

 

ちなみに子宮がない人(全摘した人)については
子宮という、3次元の臓器そのものがなくなっただけで
子宮があったその部分には、ちゃんと魂へのゲートのエネルギー(5次元)が残っているので安心してください。

※とはいえ、これは私が体感したことでもなければ
何か論文によって証明されたものでもないのです。
私の感覚がイエスを出したのがこの理論だということです。

 

 

 

で、話を戻しますが
コメントをくれた方は
子宮に筋腫があるので
『私の魂に怒りや悲しみがあるのか…!』
と落胆されています。

 

一つ、言いたいのは
魂という存在を侮ってはいけません。

魂とは私たちの想像を遥かに超えたパワーを持ち
私たちの想像を遥かに超えた在り方をしています。

悲しみとか怒りとか喜び、とか
そんなのにも影響を受けないのが魂です。

 

 

タロットのTHE LOVERSで言うと
③が魂ですが

魂さんの顔を見てください。

 

魂は感情とは無縁です。

高次元の存在になればなるほど(天使とか宇宙人とか)
その存在は感情から切り離されていきます。

 

なぜなら感情とは
ある意味私たち人間にもたらされたギフトであり
言い換えると、感情があることはちょっと修行でもあります。

感情があるといいこともありますが
苦しかったり
感情によって自分(魂)を見失うことがあります。

 

 

悟り、とは
『感情を超えた在り方』のことを指します。

※でも感情を否定しないでね!!人間の勤めは感情を感じること。

 

 

 

じゃあなんでコメントくれた方の子宮に筋腫ができたのか?
と言うことです。

ここで『子宮』について考えてみます。

 

 

子宮とは女性に与えられる臓器です。

男性ではなく女性が持っているのが子宮です。

 

私たち女性は
子供を産むために子宮を持っているわけではありません。

 

 

子宮そのものは
実は『受け取る』ために存在しています。

男性から精液を受け取る、
男性からオーガズムを受け取る、
自分からオーガズムを受け取る、
天から子供を受け取る、

子宮にはそんな役割があります。

 

受け取る、とは女性性の役割の一つです。

 

 

ではそんな子宮に疾患があった場合、
ソレは何を意味するか?というと

『あなたは受け取れるものも受け取っていないよ』
『もっと受け取れるよ』

ということです。

 

わかりやすく言うと
『もっと愛されていいんだよ』
『愛される人生を望んでいいんだよ』
『もっと気持ちいいこと/心地いいことをしてもいいよ!』
ってことなのです。

 

コメントをくれた方は
きっとそれまでの人生で
『私は受け取る価値がない』と諦め
自分1人で頑張ることをしてきたのでしょう。

 

そしてコメント者さんの魂が
『あんた、しっかりせぇや!!』
『目を覚ませや!ぼけ!!』
と喝を入れるために
子宮筋腫を持った自分、という現実を創りました。

 

 

魂はとっても愛に溢れているし
私たちのことを大好きだから
私たちに罰を与えるなんて、絶対にしないです。

 

TrinityMoonでは
3人の自分の対話をするワークを行うのですが

魂を勘違いしている人は
魂を崇めたり
魂が顕在意識に指摘する/ダメ出しする、
と思っています。

魂は指摘もダメ出しもしないし罰も与えません。

 

 

だって魂も自分だよ??

罰を与えるわけないでしょー。

 

 

あと、コメントで気になったことがもう一つ。

コメント者さんは
『一番大切な魂が、怒りと悲しみでいっぱい、なんてことあるのでしょうか。』
と書いています。

 

ここで、魂=一番大切、というのも違います。

3人の自分のうち、魂が偉くて魂が正解で一番だ、と言うのは本当に違います。

 

3人の自分に優劣をつけないでください。
それは外側の他人と競争する人生になります。

 

魂は私たちの本体であり本質です。
ただそれだけです。
潜在意識も顕在意識も、それぞれみんな大切です。

 

最後に
『受け取る』ことについて
ちょっと追記すると

受け取るためにはSOSを出すことが大事です。

まず自分がもう1人の自分のSOSをキャッチする。
次に(必要であれば)外側の世界にSOSを出す。

是非これを実践してみてください。

あと気持ちいいこと、いっぱいしてね!!

 

私は先日、カフェで飲んだ自家製ジンジャーエールが
びっくり!!!するほど美味しくて2分で飲み干しました。

美味しい=気持ちいい、です。

ってなわけで私は今から自家製ジンジャーエール作りに挑戦してみるよ。

私のこと、ちゃんと気持ちよくできるかな?

 

 

Yuki

 

 

 

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

公式LINEにてblog更新情報をお伝えしております。

 

 

 

  • コメント: 2

関連記事

  1. 【KUSOの魔力】人生を拡大させ繁栄させる『自己否定』

  2. 【夫からのラブレター】時を超えて理解するパートナーシップ

  3. ゴムが大嫌いなんで避妊リングを入れました。  

  4. 潜在意識と子宮にアクセス!全ての女は幸せで在る。

  5. 私たちは“女帝”だった。ちゃんと今ここで『女』を思い出そう。

  6. 【はちみつと私】人生は甘くて美しくて、つまり甘美。

  7. 『私の毎日はショボい』と思ってる貴女へサプリメントblog

  8. 女体(にょたい)解体新書。

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 8月 25日

    私の質問にお答えいただき、ありがとうございました。
    魂は感情とは無縁とのことで、安心いたしました。
    また、筋腫ができた原因が、魂からの喝、というのも、非常に
    愛があるメッセージで、泣けてきました。
    自分は受け取る価値がないと、一人で頑張ってきた・・
    その通りです。
    ここ2年ほどyukiさんのブログをすごい勢いで読みこんで、
    相当自分の感情と向き合って、ブラック感情も無視せず感じまくって、
    その結果、幸せも受け取っていいよ、って、自分で自分の
    価値を認めることができるようになり、受け取りも許可できるようになった
    気がしていたのですが・・。
    しかし、感じても感じても依然として、母への怒りと悲しみが
    自分の中に居座っている感じで、その母は、人と常に比較して
    優越を競って生きているような人ですので、
    きっとわたしもその思考回路が入っていて・・だから、魂が一番とか、
    そういう表現になったのでしょう。
    母(の価値観)を捨てたと思っていたのに、
    心の奥では全然捨ててなかったんだと気づいてしまいました。
    さらに、自分が男性などから幸せを受け取ることよりも、
    自分を筋腫にして女性としての幸せの受け取りを制限することで
    母に機嫌をとっていた、母に忖度していた、
    競争心の激しい母のためにそうしていたんだ、
    ということがわかってきて、茫然としています。
    母は、わたしに嫉妬で堂々といじめや嫌がらせをしてくるような人です。
    それでも、私は無意識で母のそばから離れたくないと思っていたのです。
    2歳の時にできた、自分が母に捨てられる恐怖が抜けていないのだと思います。

    yukiさんの書籍も読ませていただきましたが、書かれていたワークで
    こういう恐怖とちゃんと向き合う必要があるな、と思いました。
    実際、私は、母の機嫌を損ねないためだったら、自分は適度に不幸でいてもいいと
    思っているのです。母を幸せにするためだったら、なんでもありだという・・。
    それが今の現実を作っているのだと、わかってきました。

    受け取るためにSOSを出すということは、勇気がいることだと思います。
    でも実際、コメント欄に自分の疑問を書き込んで(SOS)、
    yukiさんからのお返事を受け取りました。
    勇気を出して書き込まなければ、お答えを受け取ることはできませんでした。
    受け取りの許可が自分の中にできてきたから、yukiさんからお返事をいただけたのかな、
    と思います。
    長くなってしまいましたが、あらためてお返事への御礼申し上げます。

    • 匿名
    • 2021年 8月 24日

    あ、なるほど、腑に落ちました!そうか、魂が最もすごいんだ、その声がダントツで1番なんだと思ってました。これ、教えていただいた事でなんか、それか!そこが強化な思い込みだったのかあと思いました。だから、他人との競争意識がいつまでも残ってたのかぁ…。タロットすごいわかりやすいです!面白い!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31