願いが叶う時、私はいつも絶望しブチ切れていた。

いい気分でいれば
良いことが起こる

っていう戯言(たわごと)を
まだ信じている人がいるようだね…!

 

 

大事なことなので改めて書いておくけど
『いい気分でいてもいいことは起こりません』
『悪い気分でいてもいいことは起こります』

 

 

怒りといえば、この人。不動明王様

 

私の人生が大きく好転するとき
私はいつも怒っていた。

 

まず、今の夫と出会うとき
彼とは合コンで出会ったのだが
私は怒っていた。

 

当時は『愛されていない彼氏』と別れたばかりだった。

周りの友達は結婚していったり
彼氏とラブラブだったり
みんなそれなりに幸せにやっていた。

 

それなのに私は
東京での転職も失敗し
恋愛しても大して愛されず
しまいには振られて
口座残高は800円しかなかった。
家族とも不仲だったし
死にたかった。
狭い6畳のマンションに住んでいたが
隣の部屋の住人は家族3人で暮らしていて
その母親はいつも子供を怒鳴っていた。

 

それらのストレスが限界に達して
私は怒っていた。

 

『なんで私だけいつも一人なの?』

『なんでこんなに貧乏なの!仕事頑張ってるのに!』

『なんで一生懸命生きてるのに上手くいかないの!?』

 

それまで悶々としていたがブチ切れて
『クソこの野郎め。』って気持ちで
合コンに参加した。

 

 

私は怒っていたし
もう失うものが何もなかったので
合コンでもやりたい放題だった。

世間では『スペックが高い』と言われる男性とのその合コンで
私はまるで今の私のまんまで豪快に存在した。

 

一人、意味不明かつ失礼な発言をする男がいて
(私の夫のサークル仲間なんだけど)
『キャバ嬢とヒルトンホテルに言った』とか
『なんでみんなそれなりに可愛いのに彼氏いないんだろうねー!なんか問題あるんだろうねー!』
と言われた。
(↑面白すぎる。勘弁して。)

 

 

何度も言うように
私はそのとき、ブチ切れ、やさぐれていたので
自分を偽る余裕がなかった。

(いい女のフリをする余裕がなかった。)

 

私は
その男に対して
『あんた、すんごい失礼じゃない?』
『キャバ嬢とヒルトンとかヤバイし。どうせ三流キャバ嬢でしょーが!がはは!!』
と、のたまい

終いには

『あんたは失礼だからデザート食べちゃダメ!』
と、デザートを取りあげたりしていた…!笑

 

なんか、それはそれで楽しくてね。

 

 

そしたらその合コンの後、
ハイスペックと言われる二人の男性から
デートの誘いがあった。

 

そのうちの一人が今の夫。

二人とも、保守的で上品な男性なのに
なぜ私のようなブチ切れ女に惹かれたのか不明だったが
今ならその理由がわかる。

 

 

 

 

また別の時、私はブチ切れていたし
と同時に酷く悲しかった。

夫と付き合って3年くらい経った頃
実家に帰ったことがあった。
(当時はまだ日本に住んでいた。)

 

帰省した私の前で
母は、自分の彼氏との愚痴を延々と私に訴えかけ
『いかに自分が不幸か』
それを私に投げつけてきた。

 

私が『じゃあこうすればいいんじゃない?』と
母に伝えても
母はまるで聞く耳を持たなかった。

 

その時、気付いた。

 

『あぁ、この人は、私はこんなに大変ですと言いたいだけで
ずっと不幸でいたい人なんだ』

『小さい頃からママの幸福を一番に考えてきたけど
私はママを幸せにできないんだ…』

『今までの私、どれだけママの幸福を願ったかな?』

『セラピストとしてたくさんのクライアントさんを幸福に導けても、一番幸福になって欲しい人のことを、私は幸福にできないんだ…!』

『この人はいつもちっとも私の話を聞いていない』

『もうママのこと気にして生きるの、やめてやるやめてやる!!!!(怒)』

 

たくさん泣いたし
心が張り裂けそうだった。

 

私はマインドの世界で、母を捨てる必要がある、
と理解した。

 

だが、いつも幸せになって欲しかった母を手放すことは簡単ではなかった。

 

私は毎日泣いて
毎日『母を幸せにしようと奮闘した小さな自分』を抱いて
重い気持ちで日々を過ごした。

しんどかった。

 

 

そしたらその1週間後
彼のロンドン駐在と、それに伴い私たちの結婚が決まった。

 

プロポーズとロンドン転勤の報告は
スカイツリーで行われた。

 

 

 

 

結婚も、海外移住も、そもそも彼と出会ったのも
私の人生の宝物だけど
それが叶った時
私は全然いい気分じゃなかったよ…!!!

 

私は願いが叶う時
いつも絶望しブチ切れていたんだ。

 

 

こんなクソみたいなじんせいやってらんねぇ!!!
なんでわたしだけふこうなんだ!!!
なんでわたしのよこにはすてきなかれしがいないのか!!
しごともがんばってるしポジティブでいようとどりょくしたのに!!!
バカバカバカ!!!クソみたいなじんせい!!!
私だって愛されたい!!!
もうこんな人生いやだー!!!

 

 

そう、爆発した時に
スイッチが入るんだ。女は。

 

本当の自分を生きるスイッチだよ。

 

 

だからいい気分でいようとすんな。
それは自分殺しだ。
それは不幸の始まりだ。

 

望まない人生を歩んでいるなら
ちゃんと怒りなさい。
そのクソみたいな人生に絶望しなさい!

そしてちゃんと愛されろ!!!
平気なフリをすんな!
欲しいものを欲しいって言え!!!
嫉妬されなさい!

 

んで、人生を自由自在にカスタムできる自分で在りなさい!!!

 

 

(↑これ、本当の貴女からのメッセージね♪)

 

 

※ちなみに、人生がイマイチな人は
100%の確率で母親との関係に問題ありだから
一刻も早くそれを消化することをオススメする。
自覚のない、そこの貴女だよ!!!
最近のクライアントさんから重なって頂く言葉は
『まさか自分が母との関係に問題があったなんて思いもしませんでした』です。

関連記事
■【不幸な母】は全然不幸ではなかった。

■誰でも最高のパートナーに出会える方法

■永遠に続く『お母さんへの片思い』

 

 

 

 

 

♠受付中♣

\\人生をカスタムしよう//

 


 

 

 

Instagramの質問箱で回答しています

 

 

♦皆様へお知らせ♦

従来まで、ご希望された方々に対して

ブログ更新の旨をメールでお知らせしておりましたが

そのメルマガ機能がなぜか動かなくなってしまいました…!(謎)

※登録してくださっていた方、ごめんなさいm(_ _)m

 

そのため、

今後はブログの更新をLINEでお知らせしていきます^^

下の緑色のマークをクリックして『友達追加』してね♣

 

こちらのLINEでは、

ブログ更新のお知らせの他に

みんなの質問にゲリラライブでお答えするなど

楽しいイベントをたくさん用意していくよ!

 

今後のプレゼントご応募企画も

こちらから行っていきます。

 

登録方法♦こちらのマークをクリックするか

LINEの友達検索ボックスから『@948etjqe』で検索をかけてみてね。

 

 

関連記事

  1. 私って誰なんだろう?

  2. 太郎を守れなかった日。落ち込んだ日。

  3. 【バカな女が愛される】女は全員馬鹿、つまり全員愛される素質があるのに。…

  4. 人生をぐるん!と変えよう★恋愛篇

  5. さぁ傷つきに行こう。

  6. 『カウンセリングを受ける人は本物のメンヘラ』と、頼ることができなかった…

  7. 【不幸の再配達】貴女がずっと苦悩する理由

  8. おばあちゃんの死と、3つの不思議な出来事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930