2割の女に専業主婦は向いていない。

 

今日はタイトル通り
『2割の女に専業主婦は向いていない』
について書いていきます。

 

 

私ね、昔、専業主婦に憧れたんよ。

8年くらい前までね、
私は看護師をやっていたんだけど
どこのクリニックに勤めてもやりがいのある仕事に出会えず
そして心には無数の傷を抱えていましたから
とにかく孤独だし生きてるだけでしんどかった。

 

 

そんな時期に
専業主婦になったら仕事しなくていいし楽だな〜
と思っていました。

 

イタリア製のタロットクロスを買いました。

 

 

そんでいざ結婚して
結婚と同時にロンドンに行って
ロンドンに引っ越してから5ヶ月後に妊娠をしました。

妊娠した時、既に私は起業していたんだけど
つわりが酷くて、自分のビジネスはほとんどお休みしていました。

 

 

そして、その時期が
すんげーつまらなかったわけですよ…!!

 

 

 

確かに、
ブログもそこまで書かなくていい、
発信のことを考えなくていい。

それは楽っちゃ楽だったんだけど
そんな家事だけする生活を続けていたら
何のために生きてるか分からなくなったのですよ。

 

 

お金を夫からいちいち貰う生活もめんどくさいし
(一応、欲しいバッグとか買うときに断りを入れるわけですよ)

なにより
『私ってこのまま一生終えていくの?』
と絶望して

『やっぱり私には仕事が必要だ!!』
となったわけです。

 

その頃の私。
妊娠5ヶ月くらいです。

 

 

ここで言う仕事とは
外で働いて評価を得るバリバリキャリアウーマンではなくて
(しかも私に一番合わないのがバリバリのキャリアウーマン)

とにかく発信する。
とにかく注目してもらう。

そして
とにかく自分の意見に賛成してもらう。
とにかく自分の意見をすごいと言ってもらう。
助かった、と言ってもらう。

↑これが私の定義する『仕事』です。

 

 

>とにかく発信する。
とにかく注目してもらう。

とにかく自分の意見に賛成してもらう。
とにかく自分の意見をすごいと言ってもらう。
助かった、と言ってもらう。

 

↑これを綺麗な言葉で表現すると
『人の役に立つビジネス❤︎』
になるんでしょうけど

そんなの建前、だよね。
綺麗事だよね。

 

 

ビジネスしている本人が
どこか『うぇ〜い!!』って楽しんでいないと
ロクな仕事はできませんし
絶対に人の役に立つことはできません。

 

それくらい私たち人間の楽しむ(JOY)パワーは偉大なのです。

 

 

セラピスト活動をしてから
1000件以上の相談に乗ったわけだけど
中には
『その悩み…、悩む必要ない!!』
と言うものも多くあります。

 

どう言うことかというと
『それは本来悩むべきことではないけれど
時間が余ってるから悩んでいるだけ』
と言うことです。

 

 

私たち2割の女は時間を持て余すと
まず初めに取り掛かること
『悩むこと』そして『落ち込むこと』です。

 

ですからちょっと無理矢理にでも
自分の好きな予定は入れた方がいいのです。

 

 

私の場合
現在は男児二人のお世話があるのですが
そのお世話自体は嫌々やってる時も多いのですが笑

実際のところ
彼らのお世話に救われているのです。

 

 

なぜかというと
今、私の人生から
彼ら二人が消えたら
私は時間を持て余します。

かといって
その余った時間を全てビジネスに費やして
事業拡大!万々歳!!という欲もあまりありません。
(というかできません。)

 

ビジネスだけをずーっとひたすらやることは、
私にはできません。

それが例え『自分のやりたいこと』であってもです。

多くの起業家さんは
ずーっっとビジネスに取り組んでるから凄いよね。

※でもずーっと取り組まなくても成功できるんだけどね。

 

 

私も悩み多き人生でしたが
今振り返ると
『ただ単に時間を余してたんだ…!』
と思ったりもします。

 

 

とは言え
2割の女は疲れやすいので休息は必要です。

ですがここで注意が必要なのは
休息が多すぎると病みます。

うつ病になります。

マジで。

 

 

だから自分のバランスを見極めて
少し負荷をかけるくらいが丁度いいのです。

 

 

もし、私からビジネスを取り上げて
さらに子供もいなくて
夫と二人の生活で専業主婦をやっていたら
私は自殺しているかもしれません。

もしくは夫に八つ当たりしまくって
仮面夫婦になっているかもしれません。

(現在別居中ですが仮面夫婦ではないという自負があります。)

 

そのくらい、2割の女にとって
『長めの休息』は毒なのです。

 

Coming Soon

 

 

もし私のブログを読んで
『私も2割の女かも』と思った人がいたとして
でもその当人が
『別に何もしなくてもいい。何もしない生活に苦がない』と思うのであれば、それは2割の女ではありません。

シンプルにHSP/繊細さん、なのだと思います。

HSPの女が
全員2割の女、というわけでもありません。

HSPを更に分類して
その中に2割の女がいるのです。

 

私たち2割の女は
例えばお庭の花を愛でて
お掃除をして煮物を煮込んで
子供のお世話をしているだけ…
というような生活が続いたら死んでしまいます。

承認欲求が満たされないからです。

 

 

以前看護師をしていたときに
転職の際に1ヶ月だけ仕事をしない時期がありました。

その時ヨガと家事だけする生活が続いて
穏やかでハッピーだったのですが
それは私の場合一時的なものです。

『どうせまた看護師の仕事をやらなきゃいけない』

だから束の間の休息が楽しめただけです。

つまり、2割の女が過剰に疲れている時は
何もしない生活(専業主婦とか不労所得)に憧れますが
それは勘違いということです。

あの生活がずっと続いていたら耐えられません。

 

 

私たち2割の女は
Youtubeで流行ってるような『丁寧な穏やかな生活❤︎』みたいのが向いていません。

いや、例外はありますが
丁寧で穏やかな生活をしている自分を発信して褒めて貰えば
そんな生活も楽しめます。

 

 

私たち2割は
いつだって自分の中にある壮大な世界観を発表したくてたまらないのです。

 

 

さて、2割の女が堂々と楽しく生きるためのプロジェクトを勝手に始めて10日間が経過します。

今、私が計画しているのは
『2割の女のための発信術』講座をすることです。

講座といっても数人で取り組むものではなく
一人で取り組めるものにしようと思います。

なぜなら2割の女には外野が不要だからです。

2割の女は貴女が主役の世界で生きましょう。

 

 

 

 

私の占いは今週日曜日に公式LINEで
先行募集をしようかなと考えております。

鑑定に備えて
バッチバチにサイキックを磨いておきますね!

 

Yuki

  • コメント: 2

関連記事

  1. 2割の女は『気持ち良さ』に敏感。

  2. 『私は目立ちたがり屋である』

  3. 【HSP/繊細さん】実は私たちは超平和主義者。

  4. 『本当の私はこんなもんじゃない』

  5. みんなに私が魔法をかけてあげる。

  6. 平熱で生きられない!!毎日高熱オンナ。

  7. みんなに隠していたこと。

  8. 溺愛される2割の女

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • つん野めり子
    • 2021年 11月 23日

    ものすごく共感しました。看護師してます。
    暇すぎて死ぬ!という経験を何度もして、やっとで、わたしに暇すぎる時間がたくさんあると、まじで、死の方向へ行ってしまう…と気づいてからは、なんか看護師の仕事楽しんでやってます。

    • Suel
    • 2021年 11月 23日

    なるほど…そういう事なんですね。
    休息したい、そして、不労所得を得たい!まさにそう思ってました。そして、周りの専業主婦の人がどうして専業主婦でい続けられるのか、表には言わないけど、どうしても疑問でした。専業主婦をバカにしたいわけではなく、外に向かっていく気持ちがない事に、どうしても理解できないんですね。でも、どう聞いていいのかもわからないから聞けないんですよね。でも、他人は関係ない事も分かっているんです。
    つまり、自分の内側が発信したいんでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930