【メン強HSP】繊細だけどメンタル強いです。

先週の鑑定でよく登場した、こちらのカード。

 

タロットカードのうち、
ソードのエース、と呼ばれるものです。

このタロットカードはアーティストさんによってアレンジされたイラストなのですが、従来のタロットカードにおけるソードのエースというカードはこちらです↓

 

 

これを見ると分かるように
ソード、とは『剣』を現しており
タロットの中では、剣は『思考、知性』を現します。

 

 

 

 

先程のカードに戻りますね。

 

 

このタロットカードは『ソードのエース』なのですが
剣は描かれていません。

 

その代わり、女性の頭がグルグルとした螺旋階段のようになり
螺旋階段の横には数式のようなものが書かれています。

タロットの絵柄から
女性が頭で難しいことを延々と思考していることが分かります。

 

 

 

私たちの『思考、知性』
私たちに有益なことをもたらすこともあれば

その反対に
私たちを苦しめ、時にはうつ病・自殺までに追い詰めます。

 

 

 

私たちのソードを有意義に使うと

前に進む力

 

決断力、

 

となります。

 

 

 

 

反対に、私たちのソードを
誤った使い方をすると…

 

自分で自分のハートに剣を刺し
自分を傷つけ

 

 

 

『私には無理』と
自分の思考で自分をがんじがらめにして
八方塞がりになります。

 

 

本当はいくらでも対処法はあるし
もっといい未来はあるのに
自分で自分を縛りつけるのです。

 

 

 

 

さらには…

夜も眠れなくなり
悪夢に悩まされ

 

 

 

最終的に
自分の思考で

 

自分のことを
グッサグサメッタメタにして
再起不能にします。

 

 

これが私たちの思考の怖さ、です。

私たちは思考・知性を使って
物事を決断してどんどん進むこともできれば

反対に
自分を痛めつけて傷つけて再起不能にすることもできます。

 

 

思考・知性を間違った使い方をしていると
私たちは頭でグルグルと物事を考えます。

『どうせ私はダメなんだ』
『なんでああなっちゃったんだろう』
『私には価値がない…』

など、考えてもどうしようもない思考に頭を支配されます。

 

 

不安と恐怖に支配されることを選び続けると
私たちは終わりのない螺旋階段のように
自分を痛め続けます。

 

この、終わりのない螺旋階段のような思考を
心理学では『反芻思考』と言います。

 

***

 

私は10年前くらいに
パニック障害だったのですが
パニック障害とは
反芻思考が強い人がなる病気です。

過敏性腸症候群という病気を
私は中学2年の時に発症しましたが
これも、反芻思考が強い人がなる病気です。

強迫神経症とかも然りです。

 

 

 

パニック障害の時の私は
本当にいつも『考えてもどうしようもないこと』を考えて絶望していました。

電車に乗ってる最中に倒れたらどうしよう、
仕事で現場を抜けれない時に腹痛に襲われたらどうしよう、
など、いつも思考していました。

 

 

パニック障害の時に、
とある精神科を受診しました。

そこのドクターは今思い出してもいい先生で
(中には薬だけ出せばいいという精神科も多いからね)
私の話をよく聞いて
いつも私の『偏った思考』に気づかせてくれました。

 

 

当時の私は
『パニックが怖くて電車に乗ることが恐怖でたまらない』
という症状があり
精神安定剤を服用していました。

 

その薬は長期間飲むと依存作用があるので
私はここでもグルグル思考を始めました。

 

私はごくたまにしか薬を飲んでいませんでしたが
そこのドクターに
『依存して薬をやめれなかったらどうしよう』
と言いました。

 

 

ドクターは冷静に
『今のあなたの量では依存症になるとは
かなり考えづらいよ』
と言いました。

 

 

 

ですが私はグルグル思考を止めません。

私はドクターに
『もしお腹に赤ちゃんができた時
この薬が悪影響を及ぼしたらどうしよう』
と言いました。

 

 

ちなみに、(ここが大事なポイントなのですが)
当時の私は夫とも出会ってもいなければ
彼氏もいませんでした。

妊娠するとは全く考えられない状況だったのに
私は、妊娠後の服用、そして赤ちゃんへの影響について考えていました。

 

 

そんな私にドクターは
『そういったお薬を飲んでいる妊婦さんをサポートしている病院があるんですよ』と言って、都内にある有名な病院のパンフレットを渡してくれました。

つまり、現実的な対処法を示してくれたわけです。

 

 

そのドクターはいつも
『まだ、そうなると決まったわけじゃないよ』
『どうなるか分からないけど、その確率は低いよ』
と冷静に諭してくれて
私は気付けば、その病院に通う必要も無くなりました。

 

 

私の場合は、パニック障害という分かりやすい症状でしたが
ここまで行かなくても
グルグル思考が辞められずに
グルグルと考えなくていいことを考えてしまう人は少なくないです。

『考えても無駄なのに考えてしまう』
という気持ちは、私も痛いほど分かります。

 

 

そして、私はHSP(超繊細なパーソナリティー)と呼ばれる人間ですが
世の中のHSPに関する情報を見てみると
『クヨクヨしてるあなたでいい』とか
『考えすぎるのもあなたの長所』とか
まるでHSPはグルグル思考を辞められない、と感じさせるような発信が多いと感じます。

 

こんな情報だけだったら
HSPはいつまで経っても『弱い人間』のままです。

 

 

 

でも、私は声を大にして叫びたいのです…!!

 

HSPは弱くない!!
と。

 

HSPもグルグル思考を辞められるのだ…!!
と。

 

 

メンタル弱いHSPは世の中に溢れています。

でも私はみんなと同じだとつまらないので
メンタル強いHSPを目指しているのです。

 

メンヘラHSPは、ありきたりです。
そしてつまらないです。

 

メン強HSPこそ、新しいし最強だし無敵だと思うのです。
新しいHSPの在り方です。

※メン強(メンタル強い、の略。“メンツヨ”と読みます。)

 

 

 

私たちの剣は上手に使うと

 

決断力を養い
自分の人生を自分で切り開いていくパワーを持っています。

 

 

↑このライダースの女性、かっこよくないですか!?

ソードのクイーンさんのカードです❤︎

 

 

正直、一晩や数日間で
メン強になれるわけではありません。

メンヘラからメン強への道は
毎日の練習が必要なので時間がかかります。
(3ヶ月は見て欲しい!!)

 

そしてその練習はとっても地味です。

気合いでなんとかなるものでもないし
毎日の積み重ねにより
思考はコントロールできるのです。

 

 

思考をコントロールできるHSP 、
つまりメン強HSP最強です。

繊細さと強さと兼ね備えた人間は魅力的です。

 

 

貴女もYukiと一緒にメン強HSPを極めませんか???

 

@Yuki

 

 

  • コメント: 1

関連記事

  1. みんなに私が魔法をかけてあげる。

  2. 『本当の私はこんなもんじゃない』

  3. 【HSP/繊細さん】実は私たちは超平和主義者。

  4. 2割の女に専業主婦は向いていない。

  5. 2割の女は『気持ち良さ』に敏感。

  6. 溺愛される2割の女

  7. 今年の正月もゾンビになってしまった。

  8. 【HSP/繊細/エンパス】2割の女に絶対に伝えたいこと。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • つゆ子
    • 2022年 1月 25日

    いつも楽しく読んでいます!
    メンツヨ。麵つゆみたいな音の響きでかわいい。

    私もたぶん2割の女なんですが
    8割のふりをしても2割がにじみ出てしまうことが悩みでした。
    yukiさんのブログを読んで、2割全開で生きて行こうと思いましたが
    2割の女独特の美学があり、周囲から変わり者アピールはしてるやつとは思われたくないのですよね。
    でもにじみ出てしまう2割は隠しようがないので、このまま開き直って生きて行こうと元気をいただきました。
    繊細なのにメンツヨって、最強ですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31