【貴女のための話】『幸福』とは、世界への“わたしらしさ”の発表である。

今日の私はとっても『ケモノ』!!!

ここ1週間くらいから、

さらに妊婦になってきて

とっても獣(ケモノ)です。

 

 

食欲が半端ない。

例えば、ランチに大盛りのパスタ食べて

そのあとにジャムたっぷりスコーンを2個食べたりしてる。

昨夜はそれプラス、寝る前にもスコーンを食べた。

妊娠後期のこの食欲は、到底抑えられるものではなく

雄叫びをあげたくなるほどの衝動だ。

コレは決して抑えるべきものではないと感じている。

 

そして睡眠パターンも変わってきた。

夜中にトイレに目覚めると、そこからちょっと覚醒して寝付けない。

その代わりに、昼に眠いこと!

 

 

 

いつも以上に『好きなこと』しかできないので

食って寝て子供と遊んで笑って、たまに怒って。

なんだか自分がお母さん熊のような気持ちになってくる。笑

 

 

私は妊娠出産をすると

どんどんケモノに還っていく。

『頭』でどーこー考えることには価値がない。

自分の感覚と共に、大きな何かに流されるように生きていく。

 

 

2回目の妊娠後期を迎えた今。

私はとっても自由である。

『今』が一番幸せである。

34年間の人生の中で『今日』が一番私らしい。

 

最近そう思いながら生きている。

 

 

そして人類が追い求める『幸福』とは

この感覚のことを言うんじゃないかと思った。

 

 

『今日が人生で一番私らしい』

『どんどん私らしくなっていく』

(=どんどん自由になる)

 

マリークワントの展示会に行ってきた♪

 

『幸福』とはお金や愛を(外側から)得ること、ではない。

 

 

『幸福』とは

今の自分のことを『コレが私です!』と世界に発表できる在り方のことである。

人生とは、自分自身のための発表会。

 

 

つまり、

『わたし』と『もう一人のわたし』、そして『本当のわたし』が繋がって

その3者の間で、エネルギーがうまく循環している状態。

 

 

この状態になると

私たち女性は、存在そのものが『発電所』となり

勝手に周りに貢献している。

参考記事→女性はエネルギーの発電所。本来、男性に与える存在である。

 

 

発電所となった女性は

会う人・関わる人に、エネルギーを与えていく。

『なんかあの人と会うと元気になる』

そんな存在になる。

 

 

 

話を戻すけれど

>『今日が人生で一番私らしい』

>『どんどん私らしくなっていく』

>(=どんどん自由になる)

 

ではどうやったら『わたしらしさ』を思い出せるのか?

と言うところ。

 

コレもとっても簡単で

(みんないちいち難しく考えたがる傾向にあるよね。)

好奇心と共に生きること。

 

言い換えると

子供のように、ケモノのように生きること。

 

 

我が家の1歳児は、数字や文字に好奇心を覚えるらしく

アルファベットを指差しては

『ママ?』と尋ねてくる。

そこでわたしが

『それはね、I(アイ)だよ』

と答えると

とっても幸せそうに鼻に皺を寄せてニッタリ笑う。

文字を覚えるのが本当に好きなのだ。

 

コレが『好奇心の正体』である。

そんな彼は2歳前にして

8割のアルファベットと、その発音方法

12までの数字(日本語と英語バージョン)を勝手にマスターした。

私たちは教育なんてしていない。(めんどくさいし。笑)

彼の好奇心のなせるワザである。

 

 

人は、自分の好きなことは勝手に吸収しちゃうし勝手に考えちゃう。

だからわたしは24時間、いつも『心のこと』とか『女性性とは?』について考えちゃうし

誰にも止められない。

 

モチベーションとか必要ないし

ただやりたいことをやってるだけ、なのだ。

 

毎日、自分の好奇心に従って生きてるから

学びたいことがどんどん湧いてくるし

読みたい本もたくさんあるし

経験したいこともたくさんある。

いろんな人と話したいし

いろんな悩みを解決する方法を突き詰めたい。

 

だから他人の視線とか意識している暇も、ない。

他人より、自分の好奇心に忙しい。

 

最近は、2週間後に庭付きのお家へ引越しを予定しているので

それに好奇心が止まらない!

 

 

なぜ『好奇心』についてこんなに語っているかと言うと

5月に入って、たくさんの方と単発のSkypeコンサルでお会いした。

みなさんとお話しする中で気づいたことは

『好奇心を殺して生きてると、人生に行き詰まる』と言うこと。

 

みなさん、そんなにお年も召していないのに

なんでそんなに好奇心のカケラもない『つまらない人間』に

おさまっちゃったのかな?

なんで好きなことを抑えるのかな?

なんで好きなことを『そんなのやっても得しないし』と切り捨てるのかな?

 

人生をわざわざ修行の場にしているのは自分自身ですよ。

 

ツィギーが大好き!

 

かく言うわたしも

6年前くらいまでは好奇心なんて殺して生きていた。

自分の楽しいことや好きなことより

『他人に愛されること』が大事だと思っていた。

(極端な例えをすると

いい嫁になるために料理教室には通うけれど

自分の大好きな歌手のライブには行かない、

とかそんな感じ。)

そうやって生きてきた結果、心が死んでしまった。

 

でも好奇心を殺す前のわたしは

その赴くままに生きてきて

高校のテスト結果はいつも極端だった。

 

化学と数学が4点 国語と英語が95点!

コレが毎度お馴染みのパターン。

 

当時はそんな自分を責めたけれど

でも、その生き方で間違っていなかった。

 

やりたくないことは4点。いや、0点。

やりたいことは勝手に100点、なのだ。

 

全て満遍なくこなさなければいけない!という思考は

ただの『奴隷思考』であり

その考えは自らを社会に生き贄として捧げるだけ。

使い勝手のいい道具、みたいな存在に

貴女は成り下がりたいですか?

参考記事→無印良品みたいな女

 

 

結局『好奇心』こそが

本当の自分と繋がる最強アイテムであり

『楽しいことをやっていれば神様と繋がれる!』なんて

とっても素敵な世界じゃない^^?

 

これは『ラッキーな一握りの人たちの話』ではなく

貴女のストーリーですよ。

 

 

■新しいブログが投稿された際に

貴女にお知らせをお届けします♡

ご希望の方は下記にメールアドレスを入力後『SUBSCRIBE』をクリック♪

お届けを解除したい場合は『UNSUBSCRIBE』をクリックしてください。

この機能の設置に3時間もかかった…笑!

[subscribe2]

 

 

 

関連記事

  1. どんなに今が酷くても、女は絶対幸せになれる。

  2. 美容整形と化粧品収納

  3. 男性への執着を外す、たった一つの方法

  4. 詐欺まがいの“自己啓発・スピリチュアル”に溺れないために

  5. 女性のイラスト

    美しいサイキッカーになろう♪

  6. オンナの人生がつまらなくなる理由。

  7. 6日目でやっと解熱。悔しい気持ちでいっぱい、なう。

  8. 夢を叶える時、私たちは死にそうになる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930