【虐待・毒親育ち】子どもを愛せる母親になる方法。

いつからか歳上のお客さんが増えていて
最近では歳上のお客様が全体の70%を占めています。

私のお客さんは女子大生から60歳の方まで幅広く
女の生き方に年齢は関係ないよね、と改めて思います。

うちらの魂の年齢って4000歳とか数万歳らしいし
たかだか30歳の年齢差なんて誤差だしね❤︎

 

 

歳上のお客さんも多いので
お客さんの中には私より子育て歴が長い方も多く存在します。

子育てについてこのような相談を受けることも多々あります。

 

・子供を思いっきり殴ってしまった
・子供に人格否定するような言葉をかけてしまう
・子供のできない部分を見ると酷く怒ってしまう

 

でさ、この問題の解決方法も簡単でして。
チョチョイのチョイ♪なんですよ。

 

 

もったいぶらずに答えをお伝えしますが
この場合の解決方法は

自分の母親の育児を完全否定する

これに尽きます。

 

 

 

子供を叩いたり人格否定することを
自ら望んで進んでやる母親はすごくすごく少ないです。
(稀にそーゆーことを進んで行う鬼畜もいますがここでは除外)

みんな
『本当はこんなことしたくなかった』と思いながら
叩いちゃうし人格否定をしちゃう。

『こんなことしたくなかった』と気づいてればまだいい方かもね。

責任転嫁したい母親はきっと子供のせいにするだろうから。

 

 

 

 

話を戻します。

虐待を受けた子供は自分の子供にも虐待をする。

そう言われることは多いです。

これは真実だと思います。

 

 

ですが、虐待を受けた子供でも
自分の子供に虐待をしない方法があります。

虐待の連鎖を止める方法があります。

 

 

毒親を持った子供は
自分の子供にも毒を吐き散らしてしまう、と
自覚しておいてください。

そのほうが事前に悲劇を防げるんです。

 

 

このブログ読者さんの8割は毒親持ちです。

そんな貴女が今の子供や将来の子供にとって【毒】にならないように。
愛が循環する親子関係を育んで日本が豊かになりますように。

そう願って今日は記事を書いています。

 

 

虐待の連鎖を止める方法も
毒親の連鎖を止める方法も
同じです。

 

 

その唯一の方法が
自分の母親の育児を完全否定すること、なんです。

 

 

母親から受けた人格否定の言葉を
自分の子供に繰り返してしまう人は

そうやって母親の誤ちを自分が繰り返すことで
お母さんを庇っています。

『ほーら、人はこうやって簡単に子供を人格否定する。
でも私は子供を愛してるもん!
お母さんも私を愛していたはずだもん!』

『お母さんは間違っていないもん!!』

『お母さんも頑張ってたもん!!』

って、全力でお母さんを庇っているんです。

自分が(されて嫌だった)人格否定を
自分の子供に繰り返すことで
お母さんを認めようと受け入れようと必死なんです。

 

お母さんを認めるために
我が子を人格否定しているんです
or
殴っているんです
or
できないことを否定するんです。

 

↑こんな身勝手な教育ってありますか??

ただのマザコンこじらせ女です。

 

 

ですから、私たちには
お母さんの育児を全否定する必要があるんです。

 

親を庇っている人は一生、幸せになれません。

 

ワイの宝物高級ベッドで暴れる2人

 

 

子供の人格を否定したり
八つ当たりに殴ったり
子供の容姿を否定したり
暴言を吐いたり
子供の幸せを妬むような、
そんな親を庇う必要は一切ありません。

 

むしろ、
『あんな育児は最低だ』
と認められてこそ
私たちは親の呪いから解放されるのです。

 

お母さんも大変だった、とか
そーゆー時代だった、とか
虐待する親を、愛がない親を庇わないでください。

 

それって言い換えると
『虐待されても仕方ない子供がいる』
ってことになるんですよ。

 

虐待のニュース見ても、そんなこと言える?

 

 

 

親を否定できない女は
育児をしてはいけません。
そんな人は子供を産まないほうがいいと思います。

 

虐待を受けた経験のある母親は
子供を殴ることで虐待をした母親を庇います。

なんて切ない連鎖なんだろうね。

断ち切ろうね。

 

 

親からまっすぐに見てもらえなかったけれど
親を庇ってそれに気付こうとしない母親は
我が子のことが全く見えません。
ですが自分では我が子のことを見えていると勘違いしているので救いようがありません。

 

 

どんな親も受け入れる、とか
過去のことは水に流す、とか
それは聞こえも世間体もいいけれど

私たちの第一優先事項は
自分と自分の愛する人(子供やパートナー)を愛することです。

 

私は虐待のない世界を
それこそ小学生の頃からずっと夢見てるし
このブログもそんな世界に貢献していると確信しています。

■Yukiのプロフィール

 

人格否定されていい人間も
殴られていい人間も
この世には存在しません。

大人が子供を教育するのではなく
子供が大人を教育するのだと思います。

私たちは子供から学ぶことだらけです。

 

 

 

大人気の母親との関係記事一覧はこちら
▶︎母親との関係

 

 

LOVE★Yuki

 

 

♡各種サービス一覧♡

ホンモノの自分で稼いでみない?

 

1番人気!6ヶ月間以上かけてじっくり確実に世界を変える

 

3ヶ月間にわたるオンライン講座。
毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

いつでも相談に来て♪オンラインコンサル

 

どのメニューを受講すればいいか分からない貴女へ
Yukiがどんな人物か、雰囲気を掴んでから申し込みたい方へ

 

 

♡Information♡
ブログ記事が更新された際にLINE公式アカウントにてお知らせしています。
タイミングが合えばに頂いたメッセージへの返信も行うこともあります。是非登録してねん♪

↓アカウントの追加ボタン&QRコード

 

 

 

【無料公開中】おしゃべりが好きです。逢いにきてください!

 

 

  • コメント: 2

関連記事

  1. 嫌いなあいつを許せない時/お母さんを捨てたその後

  2. どんなに今が酷くても、女は絶対幸せになれる。

  3. 自分のことを汚らわしいと思っていた私が、自分をマジで全肯定できたかも。…

  4. 離婚も辞さない私に夫が出した答えは…?

  5. 太郎を守れなかった日。落ち込んだ日。

  6. 神様って冷たいのかも♪愛ある人が冷たく感じるワケ。

  7. 【それでも私は幸せに生きます★】母は私のことが嫌いで憎い。

  8. 【母娘関係は人生そのもの】本当に子どもは母親を選ぶのか?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • S
    • 2021年 3月 12日

    言葉に出来なかった「結婚が怖い」の正体は、子供を持った時に、子育てが、虐待の連鎖が怖かった。
    おかあさんは祖母にされたようにしてるだけ、
    だから、私はおかあさんを好きでいても良い。免罪符でしたね。もう、やめにします。

    私は私を虐待する人は許さないし、
    堂々と胸を張って母の育児を否定して、愛を受け渡す子育てをする。子供産むの楽しみになりました〜Yukiさん、ありがとうございます❣️

    今日の太郎くんと二郎くんの写真可愛い❤️キュンキュン🌹

    • 匿名
    • 2021年 3月 12日

    Yukiさん子供は親を選んでくると思いますか?
    よく子供は親を選んで産まれてくる、それを忘れてるだけとか聞きます。でも、自分がマイナスからゼロ地点くらいに戻りつつある今は、果たしてそうなんだろうか?といつもいつも引っかかるんです。
    縁はあったんだろうと思います。でも、親子ならではの、あーわかるなーそれ、みたいな感覚がほぼなく、夫にもあの家族でお前だけ異質だよな(悪い意味で言われてない)って言われます。
    ただし、自分の子供とはすごい縁を感じるんですよね…。あー自分らしさを取り戻すように、気づかせてくれることいっぱいあるなぁとか、日常のちょっとした事でわかるわかるその感覚とか、多分、(成長させるように)ママのところに行ってもいいかなというライトな感覚?で選んで来てくれた?のではないのかなーと思うんですよね。もちろん、もちろん子供は子供の人生がまずあり、勘違いなのかも知れませんが…。でも、もし選んでくるとするなら、私もやはりあの母親を選んで来たのかなぁ?とかぐるぐるします。でも、何故あの母なのかなぁとも思ったりするんですよね。むしろ何もかも偶然ならその方が納得もできる気持ちもあります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント