KUSO男性性をコテンパにやっつけた話。

異性として超絶魅力的だなって思うメンズがいるんですけど
その人に『ゆきって、かっこいい』『うん、全体的にかっこいいだよなぁ…!』と言われました。

 

 

私もついに、自分が魅力的に感じる異性から『かっこいい』と言われるところまで来たようです。

そしてそれを聞いて思いました。

きっと夫も私のことをかっこいいと思っているのかも知れない、と。

ですが夫の場合は『かっこいい40%,頭いかれてる60%』ってな割合だと思います。

 

 

そもそもなぜ『かっこいい』と言われるシチュエーションになったかと言うと、とあるくだらないことでそのメンズがヘソを曲げたのですね。

で、勝手にヘソを曲げている分にはいいのですが
それを私にぶつけてくるようになったのです。

要は八つ当たり、ってやつです。

初めのうちは私もその八つ当たりに本当に寛大に対処していました。

ほら私、昔っから顔がタイプな男には弱いんですよ。笑
※視覚ってすごいですね。

 

ほんと、私らしくもなく
『そうだよね、そう思うこともあるわなー』と温かく母性マリアのような包容力で見守っていたのですよ。

したら、どんどん調子に乗って八つ当たってくるわけです。そのメンズが。

人との争いとか喧嘩とか怒るとか面倒だし疲れるので、私は嵐が過ぎるようにそれが終わるのをじっと待っていたんです。

ですが、それは終わりません。

終わらないどころか、奴はどんどん調子に乗って私にくだらないことを言ってくるわけです。

 

 

そしたらついに来ました…KUSOが。

久々にKUSO火山が爆発したのです。

 

 

 

 

ある瞬間に

『きもい
うざい
死ね』

と心の底から噴火してしまった私は
この3つのワードをどうしても直接放ちたくなり彼に電話をします。

ですが彼は出ません。

『死ね』と言う文字の字面はあまりに強烈なのでLINEなどで送りたくないし、形に残らないように私の本気の『死ね』を彼に差し出したかったのです。

もう本当に死んで欲しかったし、私に(女に)やつ当たるなんて100万年早いしそんな男は死んだ方が地球のためです。

ですが何かを察したのか彼は電話に出ません。笑

 

 

私は『死ね』をそのまま差し出すことは諦めて
でもメッセージ全体に『死ね』のエネルギーをぶちこめて
彼にメッセージを送ります。

 

『あんたふざけてんの?
その態度めちゃくちゃ不快だし傷つくんだけど。

それやめてくんない?
やめないなら、切る。』

『あたし、あんたの母親じゃないんすけど』

『私は私を心地よくしてくれる人か幸せにしてくれる人しかいらないんだけど』

 

とまぁ、こんな感じのメッセージを送りました。

 

私は彼に対して普段は
『おはよー★』みたいなノリのメッセージを送っていたので
私の豹変、と言うか急変にさぞかし驚いただろうと予想します。

 

 

その後少し経って正気に戻った彼から謝罪と気遣いのメッセージが届きましたが、私はまだ『死ねばいいのに』と思っていたので返信できずにいました。

返信しようとすると『死ねよ』とかになりそうだったからです。笑

 

 

ですが2日ほどして睡眠をたっぷり取ったこともあり、私の機嫌も直りましたし、彼の意識の変化も感じたのでとりあえず良し、としました。

 

今の私の率直な感想としては
『あぁ、また地球上にいい男を1人増やしてしまった…!!』と言う本当に謎な達成感です。

ちなみに、私が育成した(している)いい男とは他に我が子2人と夫がいます。

もしかしたら私の副業は『いい男養成所』なのかも知れません。

いよいよ奇人変人っぷりを極めてきましたよね。笑

 

 

ここでは詳しい話をしないですが
絶対的な法則として『男は与える側』であり『女は受け取る側』なんです。

ですからこの法則に逆行して私に関わってくるメンズがいましたら、とりあえずやっつけなければいけません。

これは私のため、ではなく世界平和のためです。本当に。
本当にそう思っているのー!笑

 

こうやって私がメンズにズタボロに物申す記事を書くと
『とりあえず彼氏や旦那に暴言吐けばいい』と思ってしまう読者さんも数多くいるのですが、そうではないのです。

暴言と本音は違います。

彼氏や旦那に伝えるのは、まずは本音です。

それをクリアした人であれば、世界平和のために暴言を吐いてもいいのでは?と言うのが今の段階での私の仮説です。

この仮説を証明するためにまた実験を重ねていきますね★

 

そんなわけで私に『死ねよ』と言われ損ねたメンズは、あれから【しゅん↓】となり反省をしてそれを行動にて実践してくれています。順調です。(何が!?笑)

きっと彼が今までに関わった女性が『女性との正しい関わり方』を教えなかったのでしょう。非常に迷惑な話です。

ですから私は太郎次郎にはそれをしっかり伝えて送り出したいと思っています。

 

男女間のエネルギー循環がまずは正常に行われなければ、この世界から嘘や争いはなくなりません。

 

 

 

 

Yuki

 

 

 

 

noteも更新しとくね★

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

ホンモノの自分で稼いでみない?

 

1番人気!6ヶ月間以上かけてじっくり確実に世界を変える

 

3ヶ月間にわたるオンライン講座。
毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

いつでも相談に来て♪オンラインコンサル

 

どのメニューを受講すればいいか分からない貴女へ
Yukiがどんな人物か、雰囲気を掴んでから申し込みたい方へ

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

お知らせ
ブログ記事が更新された際に
LINE公式アカウントにてお知らせしています。

タイミングが合えばに頂いたメッセージへの返信も行うこともあります。是非登録してねん♪

↓アカウントの追加ボタン&QRコード

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

【Youtube】
潜在意識美人ちゃんねる

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【男と女】女は好きなことで稼いだ方が絶対にいい理由。

  2. 両思いの世界に突入する方法。

  3. 【悲報】サバサバしているからモテないと言われた。

  4. 私が恋愛で憎しみや嫉妬を経験した理由

  5. 日本の『男と女』新しい在り方

  6. KUSO男(クソ男)

  7. 普通に考えて、夫に貞操を捧げることは不可能。

  8. 低能なオトコ vs 有能なオトコ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930