“そんな貴女も愛してるよ”スタンプ

生きていると色々な感情が湧く。

私たちは毎日生きているだけで
『感情を発生させて』→『感情を感じる』
という大仕事をしている。

(その仕事をサボると人生が詰まり出す)

 

 

 

昔、(2012年頃)
私は自分の感情を感じることが恐怖で仕方ありませんでした。

 

なぜなら自分のことを
『とんでもない極悪人』だと思っていたし
『人間性に問題がある、それだから人生が上手くいかない』
と感じていました。

 

 

失恋をするのも
仕事が楽しくないのも
家族関係が悪いのも
職場のお局さんが嫌な人なのも

ぜーんぶ自分のせい!!

 

 

そうやって自分を責めていました。

 

 

自己否定がある私は
『ダメな自分を消滅させよう!』
という自己啓発にハマりました。

 

自己否定があるから
ポジティブ押しの自己啓発に惹かれたのです。

 

 

『あなたの現実が思い通りでないのは
あなたの思考の送り出し方に原因があるよ』
という言葉は

自分を責めたい私にはぴったりの言葉でした。

 

 

幸せになりたくて始めた自己啓発だったのに
『そうそう、私がダメだから失恋もするし
私がダメだから職場環境も最悪だし
私がダメだからお母さんとの関係も悪いんだ』
と、思い続けることを選んでいました。

 

 

当時の私にとって
『私がダメだから』
『だから自分のダメなところを矯正しよう!』
という教えは好都合でした。

 

 

『ほら、やっぱり私のマインドがダメだから』
『私が人としてダメだから』

 

そうやって何度も
『私はダメだ』と確認したくて
確認したくてたまりませんでした。

 

 

でも、ついに私は疲れます。

 

 

もう、自分を責めることは、お腹いっぱいだったのです。

 

 

 

そこから私は
『極悪人のまま生きてやる』
『性格悪いまま生きてやる』
『は??私の思考に原因がある?知らねーよ!!』
と、ある意味開き直ることにしました。

そうするより他に方法がなかったのです。

 

 

 

それまでは
ノートにポジティブなことや
『私が失恋したのは私のワガママな性格が原因だから
その性格を修正しよう!』
ということばかり書いていました。

 

 

ですが極悪人のまま生きることを決めた私は
ノートに、怒りや妬み、嫉妬、恨みつらみばかり書くことにしました。

 

いざ蓋を開けてみると
そこにはおぞましい感情がたくさん潜んでいて
私は驚きました。

 

今まで蓋をしてきたブラックな感情(妬み嫉み、嫉妬、恨み)は
長い期間、放置されてきたので
腐敗して発酵して熟成しまくっていました。

↑このブラックな感情を見る行為を
大好きな心屋仁之助さんは
当時『痰壷(たんつぼ)の痰を飲む』と表現していましたが
まさにその表現がぴったりです…!!!

 

痰壷のイメージ画像

 

 

その、痰壷の中の痰の存在感に驚き
自分のブラックな感情にドン引きしました。

 

私はここで
『やっぱりこんなブラックな自分は受け入れられない…』
と諦めかけましたが

もう自分を責める人生には戻りたくありませんでした。

 

 

そこで
『どうやったら極悪人な自分を愛せるかな?』
と考えた時に思い付いたののが、この方法です。
(※本当のところは極悪人でも何でもないのですが)

 

 

私はノートに母に対しての恨みつらみを書いていました。
(実はそのノートは、無印のA4のノートでしたが
スッキリするまで書こうとしたら7冊にもなりました。。
罫線を無視して思いのままに大きな字で書いたりしていたからかもしれません。)

 

 

お前なんか死んじまえ!
絶対に許さない!!
死ね!!!
ばかにすんじゃねぇ!!!
一生恨んでやる!!!

 

とか、そんなことばかり書いていたノートです。

もっとおぞましいことも書いていたはずですが
内容を忘れてしまいました。

 

 

とにかく、そのノートに散々恨みつらみを書いた後に
その恨み辛み文章の上から
私は赤いペンでこう書いたのです。

 

 

『そんな貴女も大好きだよ』
と。

 

 

 

そうすると一気に恨みつらみたちが
昇華され
それまでドロドロベトベトだった黒い粘液が
まるでダイヤモンドのパウダーのようになって昇華されていくのを感じました。

 

『そんな貴女(恨みつらみ嫉みでいっぱいの貴女)も大好きだよ❤︎』
という言葉は
自分から自分への愛のメッセージですが

それはブラックな感情を一掃する、
とてつもない威力がありました。

 

これは例として書いた文章ですが、実際にはもっとおぞましい言葉が並んでいました。

 

 

『そうか…!
これが自分を愛するということなんだ…!!』

その体感はあまりに心地よく
そこからほとんど毎日私は
黒い自分に対して
『そんな貴女も大好きだよ❤︎』

と言い続けました。

 

 

 

自分を矯正する代わりに
『そんな貴女も大好きだよ❤︎』と言い

願望を実現させる思考をイメージする代わりに
『そんな貴女も大好きだよ❤︎』と言い続けました。

 

 

痰壷の痰に愛を送り続けたのです。

 

 

 

そしたら…

起業して初月で100万売り上げて
結婚して
自由気ままなライフスタイルを確立して
海外移住して
出産して
ヨーロッパ旅行しまくって
別居して (←おい、笑)
株式会社を設立していました。

 

 

そしてなぜか
『性格悪いままの自分で生きよう!』
と決めたはずなのに
自分を愛することを続けたら
性格が昔より全然良くなりました。

 

性格が良いことのメリットは
生きやすいこと、です。

 

 

***

 

 

そして今回、
『そんな貴女も大好きだよ❤︎』スタンプを制作して
BlackMagicProgram受講生のみんなにお届けします^^
楽しみにお待ちください!!!

 

 

 

 

自己否定がある人は
このブログの読者さんで多いと思うけれど

私、みんなよりも多分ずっと自分を嫌いだったの。

だから自分を殺したくて自殺願望もあったしね!!

 

 

そんな私が自分を愛せるようになったことが奇跡だし
今では痰壷の痰を飲むことが趣味です。笑

痰を発見すると
『おぉ〜!!』となる。

そうすると人生何も怖くないの。

 

だって人生で一番怖いのは自分を憎むことだから。

 

 

まぁでも自分を憎む自分、

そんな自分に対しても
『そんな貴女も愛してるよ』なんですけどね。

 

 

Yuki

 

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

公式LINEにてblog更新情報をお伝えしております。

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【JUSTICE】貴女は一切悪くないし苦労する必要もないし苦悩する必要…

  2. 白バラの花言葉は『浄化』。自愛とは浄化である。

  3. 本性→『頑固おやじ』を受け入れたくない!!

  4. 【安心しな!】彼氏もお金も愛も、奪われないから大丈夫。

  5. 奇跡を潰す女。奇跡を起こす女。

  6. 友達なんて、必要ない。必要なのは、こういう他人。

  7. 愛すべき不妊様へ。

  8. 失せろ。雑魚。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31