【アセンション】苦労している場合ではない。【目覚め】

 

❤︎本題に入る前にお知らせ
マインドD&E受講中の皆さまへ。
Yukiがエネルギーを詰め込んで捜索したバスソルトを無料でプレゼントいたします。
ご希望の方はご連絡くださいませ。10月以降の配送となります。
カードリーディングもご希望者に行っておりますので、こちらもご連絡くださいね!
また今後、マインドD&Eをお申し込み頂いた方にも
ご希望があればバスソルト3回分+カードリィーディングを無料でご提供いたします。
※尚、お年玉企画など特別価格で受講中の方は対象外となりますm(_ _)m
よろしくお願いします。

 

◆カードリーディングについてはこちら

 

 

今、スプリチュアル業界は、
空前の目覚めブーム!!

 

目覚め、とは
魂の自分に戻ること。

 

感情に振り回されて
彼氏や親の反応の一喜一憂するのではなく

思考に振り回されて
洗脳されたまま生きていくのでもなく

ちゃんと自分を生きること。

 

 

それが、目覚め。

 

 

 

人類が目覚めるために
いろんな情報を提供してくれている人が
世の中にはたっくさんいて、
その中でも私はやはり並木さんが大好き。

 

 

並木さんのこの本に出会った時に
あまりの感動で
身体中から細胞が剥がれ落ちるような感覚になった。

 

余談だけど
一時期、並木さんと再婚する妄想をしたくらい
並木さんのファンだった。
(↑アホか?笑)

 

 

で、この並木さんという人が
まさに日本に目覚めという言葉を浸透させた人だと思うのだけど

昨日の記事を書いていて
私の中で目覚めの定義が、また一つ、明確になった。

 

 

 

目覚め、とは
魂の自分に戻ること、

なのだけど

これだとちょっとふんわりしてて
理解できない人も多いと思う。

 

 

だから、目覚めというのを
別の言葉に変えると

私にとって

目覚め、とは

『苦労しないと決めること』
なんだと思ったし

言い換えると

『私は苦労する必要がない』
と思い出す事なのだ。

 

 

 

みんな本当は苦労なんてしたくないはず。

もう、苦労なんて嫌んなったから
こうやって私のブログに来て
潜在意識について学んだり
スピについて学ぼうとするんだよね。

 

苦労したくないから、幸せになりたいから
学び始めたスピや潜在意識なのに

反対に
スピや潜在意識を学んで苦労している人もいる。

 

 

『頑張って頑張って学ばなきゃ、私は潜在意識と繋がれない!』
とか
『苦労して汗水垂らさないと、魂と繋がれない!!』
とか

そんな風に頑張ってる人が多い。

 

 

 

でも、それは
目覚めようと(魂に戻ろうと)学び始めたにも関わらず
結局自ら苦労して学ぶことを選んでいるので

つまりは目覚めどころか熟睡中、ってこと。

 

 

早よ、起きな( ̄∀ ̄)

 

 

*

 

 

1ヶ月くらい前だったかな?

ある女性とお話しした。

 

マインドD&E受講中の方ね。

その方、今まで頑張って頑張って苦労して苦労して
職場での地位を築いてきた。

本性は『ふんわりしたお姫様系』なのに
まるで正反対のキャリアウーマンになろうと
並々ならぬ努力を続けた。

そしたらパートナーシップも上手くいかなくなって
体調も崩して、メンタルも崩壊して
私のマインドD&Eに出会ってくれた。

 

 

初回のセッションでは
『仕事で頑張らないと!頑張らないと!』
というモードの彼女だった。
(頭では頑張らなくていい、と知っていたけど
まだ腑に落ちてなかった)

 

 

なんだけど
そこから数ヶ月経って
久々のZOOMコンサルでは
彼女は
『もう、(頑張らなくて)いいんです…。
負けでもいいし人にやってもらいます。』
『この間の上司との面談も3分で終わらせました。』
と淡々と述べていて

彼女の様子はとても静かだったけど
芯の強い覚悟が観えた。

 

まさにsurrender(サレンダー、降参)していた。

 

 

 

 

これが、目覚め、だ。

 

 

 

自ら苦労を手放すこと。
苦労する道へ進まないことを選ぶこと。

 

 

これが、
目覚めだ。

 

 

 

この最高な瞬間に立ち会える私のお仕事は
やっぱり最高だ。

 

 

 

 

で!!
で!!!

ちょっと話は変わるけど
並木さんは2021年の冬至だかにゲートが閉まるから
それまでに目覚めよう!と言っている。

そのゲートが閉じると目覚めにくくなるとかならないとか。
(私はこう言った理論的な見解は感覚で読んで適当に流すので
あまり理解していないのですが)

 

私はそれを読んで
『へー!ゲート閉まるのか!』
『ゲート閉まる前にこの情報ゲットした私、ラッキー!』
とかって
スルーしていた。

 

だが、中には
『ゲートが閉まる、その後は目覚められないかも』
というような情報に対して
恐怖を感じたり抵抗を覚えている人も
結構目にした。

 

実際、並木さんのことを
『ゲートが閉まるといってビジネスをしている』
と発信している人も見た。

 

 

だけど私はこう思うんよ。

これ、私の見解ね。

『ゲートが閉まる』と聞いて焦る人は
自分と向き合ってない自覚があるだけでは?と。

 

自分が自分の道を生きてないのを知ってるし
自分の道に戻ることを拒んでるのを深いところで知っているから
そこを突きつけられるようで怖いのではないか?と。

 

 

実際、さまざまな書籍を読むと
確かにこの地球で1.4万年前も同じようにゲートだかが閉じて
人々の意識が眠ってしまったということを度々目にする。

そして今回のゲート開放のチャンスを逃すと
次回のゲート開放は1.4万年後なのだ、と。

そういうサイクルなのだ、と。

 

 

そしてきっと私自身は1.4万年前に
地球上で、人々の意識が眠る瞬間に立ち会っていたのだ、
とも感じる。

 

きっと私は産まれる前から
今世で私が目覚めることを知っていた。

 

 

幼い頃に、
変な宇宙体験をしたことが2回だけ、ある。

 

そのうちの一つは、私が中学一年生(もしくは小学高学年)の頃だ。

私は青森の田舎を歩いていた。

学校の帰り道だが
まだ太陽が高い位置にあって
明るかったらから
早い時間だったと思う。

 

いつも行く近所の魚屋さんの前に差し掛かった時に
本当に急に私は
『私はもう絶対に人間として生まれ変わらない!!』
と決めた。

 

決めた、というか思い出したのかもしれない。

とにかく
『マジで絶対に何が何でも
二度と地球に生まれないからな!』
みたいな

非常に強く確かな感覚が
頭の上から稲妻のように降ってきた。

 

そしてそのすぐ後に
『そうそう!それよ!それ!』
みたいな、相槌を打つような感覚が自分の中にあった。

『うっかり忘れてたけど、そうだったわ!』みたいな。

 

そしてそこから3年間くらいは
定期的に自分が病気や事故で死にかける夢を見て
その度に
『だめだ!だめ!
私は今世でやるべきことをやってないじゃん!1』
と強い覚悟で起床することが
月に2回は続いた。

 

当時はそんな感覚が来ても
誰にも言えなかったし

だからこうやって今、ブログでたくさん人に
この経験を開示できることが嬉しい。

 

 

*

 

 

とにかく、だ。

私たちは目覚めなければならない★

 

 

 

苦労しなくていいことを憶い出して
地球上での生活を楽しんで
光に戻る、という任務がある!

 

この任務は非常に重要なものである★

 

 

このブログを読んでいる貴女に
私はその任務を授けなければならない。

 

 

苦労なんてしてる場合ではないし
嫌な上司にイライラしている場合でもない。

愛してないパートナーに気を使ってる場合でもないし
苦労するスピや自己啓発を学んで
成長したような錯覚に陥っている場合でもない。

失敗を恐れてやりたいことから目を逸らしている場合でもない。

 

 

今、貴女の元に強い光が差し込んでいる。

 

 

Yuki

 

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

公式LINEにてblog更新情報をお伝えしております。

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 瞑想から降りてきたインスピレーションがぶっ飛んでた!

  2. 本性がまったく見えない女(汗)!!

  3. 願いが叶う時、私はいつも絶望しブチ切れていた。

  4. 美しいサイキッカーになろう♪第2段

  5. 女たちよ、魔法を取り戻せ!!!

  6. 頑張って走り続けないと死ぬと思っていた。

  7. みんな“人生の一発屋”を目指しちゃっている(無意識に)

  8. 『流産した私は欠陥品』

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31