誰でもできる★男に愛される極意

今日は恋愛・パートナーシップについて書いていくよー!!

 

世の中の、一般的な恋愛に対する姿勢は
自分がいかに愛されるか』というもの。

 

だから、雑誌の見出しには
愛されメイク、とか
愛されファッション、とか
男ウケメイク、とか
そんなものが溢れています。

 

 

世の中全部が私たちに向かって
『愛されろ愛されろ!!』ってけしかけてくるけど
でも誰も愛することなんて教えてくれない。

 

 

 

『愛されること』ばかり追い求めていると
男性との間に、本当の絆は築けないし
いつまでも『私を愛してー認めてー』という、
奪う自分(苦しい自分)からは抜けられません。

 

奪う自分でいると
途端に私たちは奪い合いの世界に突入です。

 

 

奪い合いの世界では
恋愛においてライバルが出現して頭を悩ませたり
彼の気(エネルギー)をいかに奪うか?ばかり考えるので
いつまで経っても『追いかけっこ』みたいな関係から抜け出せません。

 

 

全然心が落ち着けません。

こうなると、パートナー間で本音は言えないし
いくら形ばかりの夫とか彼氏がいても
私たちはずっと孤独を抱えたままです。

 

 

私たちが欲しいのは孤独じゃなくて
『あー、今私大好きな人と繋がってる…!』と感じる、
あの強烈な一体感、至福感、安心感。

 

 

 

じゃあ私たちがどうやって
奪い合いの世界(孤独の世界)を脱出していくか、
というと…

答えは一つ。

 

 

 

 

『愛されようと頑張るのを止めること』です。

 

 

 

 

愛されようとするんじゃなくて
愛することに意識を向けるのです。

 

 

 

でも、奪い合いの世界にズブズブにハマっているときに
これを聞いても
『愛されようとしないってどうゆうこと!?』
『いやいや、私は絶対に溺愛されたい!愛されたい!』
となります。

これが普通の反応だと思うし
世の中の人はこうやって恋愛しています。

 

だから、みんな恋愛とか夫婦関係の悩みから抜け出せない。

 

 

 

 

でも。

 

 

私たち女だもん。

愛する人との間に強い絆を感じて
安心感に包まれながら眠りにつきたいよね。

 

 

私たちが『愛されようとすること』をやめて
『愛すること』にシフトすると
恋愛・パートナーシップ間の問題はほとんど全て解決されます。

 

 

 

『愛すること』と言われても抽象的で難しいので

ここで『愛すること』について具体的な例を書いていきます。

 

**

 

あなたがこれから気になる彼と初デートに行くことを想像してみてください。

 

ここであなたの意識が
『愛されること』に向いていると
過剰に緊張したり
デート中も彼の顔色ばかり伺って
自分でいることが難しくなり

デートの帰り道では
『私、なんか変なこと言ったかな…』とか
『嫌われたかな…』とか
そんなことばかり気になります。

 

これではデートは楽しくありません。

 

そして男性は言葉にしなくても
彼らの深いところで
『この女は俺の気(エネルギー)を奪おうとしているな…!』
と察して警戒心を抱きます。(無意識です)

 

 

初デートの時
あなたの意識が『愛すること』に向いていると
あなたは『どんな話をしよう…』『嫌われたらどうしよう…』
と弱気になっている自分から解放されて

『とりあえず今日のデートを楽しもう!!』
と思えます。

 

 

『とりあえず今日のデートを楽しもう!』
となった時のあなたは
彼のエネルギーを奪う存在ではなくなり
彼も安心してデートを楽しめます。

 

***

 

↑この場合のデートは次に繋がりやすいです。

というか、100%次に繋がります。

彼から好かれます。

愛されます。

 

 

これが『愛すること』の効果です。

 

いきなり『愛しろ!』ってなっても難しいけど
今日のデートを楽しむくらいはすぐできるでしょ?

 

愛することも練習だよ。

 

今日は子供達がいないから
一人で占いしたり読書したりお勉強day。

幸せ。

 

Yuki

  • コメント: 0

関連記事

  1. KUSO男(クソ男)

  2. 【アダムとイブから読み解く】不安を消す方法

  3. バカな女でいる理由。

  4. 男性への執着を外す、たった一つの方法

  5. ゴムが大嫌いなんで避妊リングを入れました。  

  6. 世の中、仮面夫婦ばかりじゃん…!夫婦ってもっといいもんだよ。

  7. 交際半年♡11月にお付き合いしてた彼と入籍しました(*^_^*)

  8. 『私の彼氏』という存在が欲しかった。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930