鬱の夫を差し置いて幸せになろう

罪悪感シリーズ続き★

 

こんなコメントを貰ったよ!!

 

 

\夫が鬱になりました/

 

そらさん、こんにちは♪

そらさん、前もコメントくれたかな?

なんか見覚えがあるような^^

 

 

 

でさ、
そらさん、

すごいがんばってるね。

 

 

なんとか人生よくしようと
私のブログを読んでくれたり
本を読んだり
きっと他にも
『自分の人生を良くするため』に
いろいろ、がんばってるよね。

 

 

まず、そこに関して
お疲れ様ね。

 

 

 

で、
自分の人生を良くするために頑張っているそらさんだけど…

 

あのね❤︎

 

 

 

 

 

 

 

 

そらさんの夫が鬱になったのは
そらさんのせいじゃないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで100%、そらさんのせいじゃないからね。

 

夫が鬱になったのは
夫のせい、だからね。

(念のため書いておくけど
夫を責めてないし否定もしてないよ。
ただ本人が鬱になることを選んだのね、と思ってる)

 

 

誰がなんと言おうと

夫の鬱は
夫のせい。

 

異論は認めない!!!

 

 

 

で、そらさんにとっておきの魔法を紹介します!!

 

そらさんが楽になるために
今すぐ!!そらさんにして欲しいことは
夫の悪口を吐くことだよ。

 

 

夫の悪口を言う!
夫を罵倒する!(本人には言わないでね)
夫をこき下ろす!!(自分の内側でね。もしくはコメント欄へ)

 

 

 

もし私がそらさんの立場だったら…

私が仕事して帰宅して
夫が仕事もせずに
長期間
コンビニとかでお菓子買って食べ散らかしていたら…

 

その場で
殴り殺す。

 

 

 

って言うのは半分冗談で半分本気だけど
マジでイラつくので
私だったら家に帰らなくなるでしょうね。

 

 

だって、
そーゆー男の姿見るの、
うざい。

きもい。

って思っちゃう。

 

 


これを読んで
『Yukiさん、なんて酷い…!!』
と思いますか?

 

 

 

みんなの本音ってこんなもんじゃない?

罪悪感とっぱらった本音って
これじゃない?

 

 

 

『なにてめー鬱とかほざいてんだよ』
『さっさと働けよ』
『うぜーよ、きもいよ』

 

↑こうやって思うの、
普通じゃない???

 

 

 

そらさんは
がんばってがんばって
自分が頑張ればいい方向に行く気がして
がんばってる。

 

で、そらさんは
人がいいから
鬱の夫の悪口も言えない。

 

ってか
夫の悪口を言えないから
夫が鬱になる。

 

 

そらさんが
夫の悪口を言えないのは
罪悪感があるから。

 

『お母さんごめんなさい』
『不登校になってごめんなさい』
『出来の悪い娘でごめんなさい』
『私はとっても重い罪を背負った人間です』

 

↑こうやって
勝手に1人で十字架背負ってるから
夫の悪口も、言えない。

 

 

うつ病の人の悪口言うのって
きっと
世間的にはハードル高いですよね?

※私は平気だけど。

 

で、なぜ私はうつ病の人の悪口も平気で言えるかというと
うつ病の人=可哀想、
と思っていないから。

 

うつ病の人
=自分で鬱を選んだ

と思ってる。

思ってるってか、それが真理だし。

 

 

だって
私、元うつ病患者❤︎

 

だから
うつ病患者の心理は
とてもよくわかる。

 

うつ病の人って
被害者意識が強いのよ。

んで、周りの健康な人に
加害者意識を押し付けるのが得意なのよ。

周りの健康な人に
『お前のせいで私は鬱になった。』と思わせるのが得意なの。

洗脳が得意なのよ。

だから
うつ病患者は
ある意味カリスマ教祖的な才能を持つのよ。

 

だから
うつ病患者の周りにいる人間は
巻き込まれちゃダメだよ❤︎

 

うつ病患者をほっときなよ。

そしたら
飽きてうつ病辞めるから。笑

 

 

 

 

で、
『うぜー!』と思ったら
ノートに悪口書きまくりなよ。

どう考えてもうざいでしょ。その状況。

 

そしてきっとそらさんは
夫の悪口を書こうとすると
『うっ…』と詰まって
なんとも言えない恐怖感に襲われるでしょう。

 

なぜなら
『鬱の夫の悪口を書く私は
なんてひどい妻なの…!?』
と罪悪感が湧き出るからです。

 

この罪悪感の威力はすごいです。

テポドンと同じくらいすごい。

(※テポドンってなんだっけ?)

 

 

でね!!

ここが重要!!!

 

『うっ!!』ってなって
恐怖心に襲われても
そこで悪口言うのを辞めないで。

 

『うっ…』ってなって
苦しみながら
悪口書いて。

 

そうすると途中から
『ええい!こうなったら全部書いてしまえ!』
と何かが吹っ切れる。

 

吹っ切れればそこで任務完了です★

 

 

 

今、そらさんは
罪悪感を捨てるテストを受けています。

罪悪感を捨てるために
目の前の夫が鬱をやってます。

 

だから
夫の悪口を書いて
鬱の夫を差し置いて
どんどん幸せになりましょう!!

 

 

鬱の夫を差し置いて
どんどん幸せになりましょう❤︎

 

 

そして

鬱の夫を差し置いてどんどん幸せになる!
と決めると

また
『うっ…』となります。

苦しくなります。

 

 

ですが
苦しいからといって
鬱の夫のために不幸でいるのは
辞めていこうよ。もう。

 

 

もう十分頑張ったんじゃん???

もう、良くない??

 

 

それに実際、夫ウザイでしょ?笑

うざくて普通だから。

 

みんな口に出せないだけで
うつ病患者の周りの人は
漏れなく『うざいな』と思ってると思うよ。

 

みんなそこに正直になれば
うつ病患者はいなくなるのにね^^

 

 

鬱の夫を差し置いて
どんどん幸せになる。

 

なんて自由で
それでいて
なんて怖い言葉なのでしょう…!!

 

 

 

 

Yuki

『うざいもんは,うざい』
マインドを超えて,
人生イージーモードへ❤︎


\受付中/

お申し込みはこちらからどうぞ★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 3

関連記事

  1. 二人目妊娠中に鬱になった夫。『死んでもいい』と思えるまで。

  2. みんな誰でもセラピスト★みんな『癒す人』で『幸せな人』

  3. コロナ渦中でも幸福でいる方法

  4. 【最悪!!】妻より会社を優先する夫を優先する妻。

  5. 【そろそろ幸せになろう】潜在意識/インナーチャイルドを癒す記事。

  6. 沢尻エリカが確実に幸せになれる方法。

  7. 【※怒っています】自分を愛そうともしない女。

  8. 願いが叶う時、私はいつも絶望しブチ切れていた。

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • あいる
    • 2022年 4月 10日

    私の夫も鬱になりました。
    2人目を妊娠中の時に。
    一緒にいるだけでエネルギーを吸い取られて、私もしんどくて、妊娠中にマジでふざけんなよ、と思いました。離婚も考えました。でも、その情けない夫の事も好きなんです。でも、しんどいんです。そらさんのお気持ちが分かりすぎて、コメントせずにはいられませんでした。
    夫の鬱を理解するために本やブログを読み漁り、あるブログに書かれていた「鬱になったパートナーが死んでもいいと思えること」がガツーンと響き、本当にそう思えた時にはとても楽になったのを覚えています。
    今回yukiさんが提案されていた夫の悪口を書く、私もその方法を知っていればなぁと素直に思いました。というのも、数年後夫が元気になった後、私が精神的にも体力的にも回復するのに1年位かかりました。夫への愚痴を母や友人達にはしっかりしてきたつもりで、夫が元気になってからは、夫にもどんな気持ちでいたのか、しんどかったのか伝えてきたつもりでしたが、ゆっくり身体を休め湧き上がってきた感情は、「テメェ(夫)なんか大嫌い!」「私に触るんじゃねぇ、テメェなんて要らねぇ!」でした。←めっちゃ落ち込みました。けどどうもそれが本音で、逃げようがなく、サレンダーしました。笑

    するとね、夫もっと元気になりました!笑 私も自分の本音を感じて、現状を受け入れて、とりあえず今自分をどうやったら笑わせてあげれるかな、と考え、窓拭きをしました!クリアになった窓からみる日常の景色がとってもキレイで感動しました。

    そらさん、大好きな感情も大嫌いな感情も同時に存在しますよ。それを受け入れた時、とっても自由な気持ちに私はなったので、決めるのはその後でもいいかもしれません。

    大好きな人(子どもも含め)の悪口をノートにひたすら書く、私もやってみようと思います。
    yukiさんいつもありがとうございます。

    • そら
    • 2022年 4月 09日

    コメント目に留めていただき、ありがとうございます。
    ほんと、正直うざいです!笑
    自分は仕事してないくせに、仕事行く前にそれ食べて大丈夫?とか、ひょんなことからある職業の話になった時
    ああいう仕事って学ぶものがないよね。との発言が!
    働いてないやつが何言ってんだ?頭大丈夫か?
    とまで思いました笑
    夫を差し置いて、幸せになるっていう言葉重いです。
    夫への愛情が無くなってる訳ではないので
    このまま一緒にいて幸せな方法を探すのか
    離婚して、新しい人生を選ぶのか。
    自分の本音がまだ分かりません。

      • そら
      • 2022年 4月 10日

      あいるさん、ありがとうございます。
      まさか同じ経験をされた方とここで繋がれると思っていなかったので嬉しいです。
      そして妊娠中に経験されたあいるさんは想像を絶する苦しさだっただろうなと思いました。
      夫が死んでも受け入れるしかないって、私も最近本気で思えるようになりました。夫への悪口も、最初は表面的でしたが、最終的にはもう知らねー!くそが!勝手に落ち込んどけ!いちいちうぜー!って、なりました。笑
      あいるさんの、自分をどうやったら笑顔にできるかって良いですね。夫を差し置いて幸せになるって、大きなこと考えがちですが、実は小さな幸せからで良いんですね。ついつい、夫の調子を気にしたり生活のことで頭がいっぱいで自分の欲求とかは無視しがちになります。
      白黒つけないと気が済まないタイプなので、大好きな感情も大嫌いな感情も両方あって良いって
      思うとすごく楽になりました。
      色々焦って結論だしたくなりますが、もう少し
      流れに身を任せてみようと思います。
      ゆきさんのブログでコメント欄でこんなに
      救われてます。ありがとうごさまいます。
      あいるさんも、本当にありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930