突然母の使用してるスマホを解約してみた。

母のスマホを勝手に解約してきました。

 

お母さんを捨てる、という作業は
地球上に生きる女の必須作業でありこの作業を完了させない限りは私たちは自分を生きれません。

私たちは自分を生きるために生まれてきているのです。

 

 

この間の冬、母と色々ありました。

 

 

私はとても深く傷つきました。

ですがそれは今に始まったことではなくきっと私はこの地球上に生み落とされた瞬間から傷ついていただけでした。

そしてこの冬の大浄化を経て私が到達した場所は『無』でした。

 

 

 

そう、今、私から母への想いは『無』であり怒りとか憎しみもなければ、どんなに感じようと頑張っても何も感じません。

先日母の日でしたが『そういや去年の母の日は太郎からカードをもらったなぁ』と、回想するのは『母となった自分』のことであり『私を産んだ人』のことはすっかり忘れていたのです。

で、ある瞬間に『そういえば私にも母親がいたんだった…!!』とやっと思い出して1人で笑ってしまいました。

ね、本当に【無】なんです。

 

 

 

先日、妹がのっぴきならない事情で母に頼らざるを得ないことがあったようです。

子供がいると度々このように『実親に頼らなければいけない瞬間』というものがあります。

で、妹はそれを『悪魔との契約』と言って笑っていたのですが、妹が母と関わることでやはり母の問題行動が発生するわけです。妹からその問題行動を聴いている時、私の感覚としてはまるで『友達の親の問題行動の話を聞いている感覚』でありめちゃくちゃ他人事でした。

以前の私なら『何それ!?ひっどーいい!!』と大共感して心揺さぶられていましたが『そっか、そんな親もいるよね。本当に困ったもんだぜ』って感じでやっぱり【無】なんです。

私は歓喜しました。

私は先祖代々の連鎖を断ち切る、という作業を完了したようです。

クライアントさんがワークで記入したコメントで心が震えたのでシェアします。

 

 

私たちは
・大人が子供を支配するものだ
・上に立つものが奴隷を支配する
・他人はコントロールするべきだ
・他人を憐れみ憂い心配することが愛だ
・この世は奪い奪われる世界だ
こんな連鎖を引き継いでいます。

 

 

これは地球全体が抱えるカルマです。

そしてこのカルマを解消するために生まれてきた人たちのことをライトワーカーと言い、そのライトワーカーとは私でありあなたです。

 

 

 

ですから私たちは可及的速やかに『連鎖を断ち切る作業』を行わなければなりません。

その作業とは『超絶幸せになること』であり『真のパートナーと繋がること』であり『奇人変人のままで生きること』です。

 

私の生活全てはその作業の元に構築されています。本当に生活全てが、です。

 

 

で、タイトルに戻りますが
昨日母のスマホを勝手に解約してきました。

勝手というと語弊がありますね。なぜなら私は先月までに何度か母に対して『私名義で使用しているスマホを解約して欲しい』と訴えてきました。4月中にお願い、と。ですが母はそのLINEメッセージを既読スルーし昨日に至りました。

それに母は再婚を控えている(のかどうか知らないけど)パートナーがいて、そのパートナーは結構お金を持っています。この間はその方の土地が宮城県に5000万円で買われた、と本人から自慢されましたし、貯金が好きなおじさんなようなのでお金はたくさん持っています。

この6年間、毎月2万円ほどの母のスマホ代を支払ってきましたが、その内訳を見ると単純に通信代金というより何やらいろんなものを購入しているようでした。

以前はそんな『余分な買い物』は気にならなかったのですが、今回の出来事をくぐり抜けた今、私は母と繋がりたくない、と強く感じました。

私が彼女が使用する通信料を支払っている限り、私のエネルギーが彼女に流れ続け、それによって彼女のエネルギーも私に流れ込みます。つまり、知らず知らずのうちに影響し合ってしまうということです。私は母とエネルギー交換をしたくありませんし、私を傍若無人に振り回した人にお金を支払い続ける義務はありません。気持ち悪いです。

そんな私も過去には『いつか母に家を建ててあげたい!!』と夢見た優しい娘でしたし、自分が稼げるようになってからは母に金銭的援助をすることは本当に喜ばしいことでした。ですが今後は息子や本当に愛する人にそのエネルギーを注ぐことにしたんです。

 

 

とは言え他人が使用しているスマホを勝手に解約することは気分良くありません。
きっと相手からしても自分のスマホが急に使えなくなったら『あれ?あれ?え?!』とパニックになります。

ですからずっとスマホ解約という作業を後回しにしてだらだらここまでやってきました。

それが昨日のことです、朝一番で鍼灸をやりに行きました。

鍼を打ってもらっている間に天井の蛍光灯を眺めていたら突然『ソフトバンクに行こう!!』と決意が降ってきたんです。本当に突然です。今まで面倒くさくて後回しにしてきたスマホ解約という作業に俄然乗り気です。

鍼灸の最中や自分が何かのゾーンに入っている最中のシンスピレーションに従うのは絶対です。

ですから私は意気揚々と接骨院を後にしてソフトバンクに行きました。

あんなに腰が重かったスマホ解約という作業は、母の使用している電話番号と私の免許証を提示するだけであっという間に完了しました。

ソフトバンクの店員さんが示してくれた内容によると、私は今まで二つのスマホの機種代と『何かのオプション代金6万円』を分割でカード払いをしていたようです。

計算すると私が母に貢いだスマホ代金はこの6年間で200万円ほどになります。

それを自分が納得して貢いでいるならいいです。

ですが先ほども書いたように金銭のやり取りはそこに『エネルギー交換』が発生します。

自分が関わりたくな人からはエネルギーを貰ってもいけないし与えてもいけません。

つまりお金を与えても貰ってもダメなのです。

 

この私の一連の行動を読んで『Yukiさんって怒りに任せてスマホを解約して幼稚だなぁ』と感じる人もいるかもしれません。現に私のことを幼稚だという読者も存在します。幼稚でもなんでもいいんですけど、これが私の正解です。そして実はそこには怒りも何も感情はなくて、(もし怒りに任せて解約するならもっと早くに行動したでしょう)あるのは信念に沿った行動のみです。

 

世間には『私はこうやってお母さんと仲良くなりました!!』と発表されているポイズン育ちの方もたくさんいますが、たまには私のような絶縁系セラピストがいてもいいのではないでしょうか^^

これが私のハッピーエンドだから。

 

さてスマホを解約してマジでスッキリしたあたいは1人でステーキランチを堪能しました。記事のトップ画はそのステーキです★

 

 

Yuki

 

noteも更新しとくね★

 

 

潜在意識美人®︎Style Owner Yuki です。

36歳丑年,社長,ブロガー,エッセイスト,セラピスト,起業コンサルタント,講師,母,妻(別居中)複雑な家庭に生まれ育ち看護師として働き始めるも25歳頃に鬱状態となる。転職を繰り返し金欠、ダメ恋愛ばかりの人生に絶望していたとき『潜在意識』という概念に出逢う。そこから潜在意識(深層心理)を猛勉強し2015年にセラピストデビュー,その後結婚&ロンドン引越し。セッション回数は1000回を超える。特に恋愛面や生きづらさに対してご好評頂いております。現在は2児の母でエリート夫を置いてロンドンから帰国→別居。世間に流されない『自分だけの幸せ』をモットーに生きてます。株式会社youni代表取締役。

 

 

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

ホンモノの自分で稼いでみない?

 

1番人気!6ヶ月間以上かけてじっくり確実に世界を変える

 

3ヶ月間にわたるオンライン講座。
毎朝のメイク中の憂鬱な満員電車も、女神と繋がる時間になる。 

 

いつでも相談に来て♪オンラインコンサル

 

どのメニューを受講すればいいか分からない貴女へ
Yukiがどんな人物か、雰囲気を掴んでから申し込みたい方へ

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

お知らせ
ブログ記事が更新された際に
LINE公式アカウントにてお知らせしています。

タイミングが合えばに頂いたメッセージへの返信も行うこともあります。是非登録してねん♪

↓アカウントの追加ボタン&QRコード

 

—-✄———-✄———-✄—-

 

【Youtube】
潜在意識美人ちゃんねる

  • コメント: 1

関連記事

  1. なんか一つでも自分の考えを言ってみろってんだよ。

  2. おばあちゃんの死と、3つの不思議な出来事

  3. 貴女の人生に愛がない理由

  4. 『腐れ縁』と『良縁』の見分け方◆人生のステージアップ

  5. ワタシの2度目の子供時代。

  6. あなたは『隠れマザコン』だから人生がパッとしないんだよ。自覚しな。

  7. 【不妊問題】子どもができない女性に思うこと。

  8. 愛のない母の元に生まれた理由

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 5月 12日

    お母さんのスマホ代を払ってたことにびっくり!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930