【ごめん(涙)書いてしまった】『お母さん大好きです』という大きな勘違い。

前回の記事の続き🌹

 

 

↓前回の記事より抜粋↓

***

で、コンサルしてて
一番感じることが
多くの人が
愛を勘違いしている、ということ。

(中略)

つ・ま・り

『愛、いりませーん!!』
と、潜在意識が全力でオーダーする。

すると…

彼氏ができない
夫が冷たい
家庭でも仕事でも頑張り続けて疲れる
いつも人目が気になる
大変な仕事が舞い込む
彼氏ができたとして、なんだか信用できない相手である

 

こーーんな現実が作られる。

(中略)

で、この愛を憶い出す作業のヒントを担ってくれているのが
『お母さんという存在』なのね💡

(抜粋ここまで)

***

 

 

『私、愛されている…💓』という現実を見たいなら
お母さんを愛してみることをすればいいのよ。

 

 

最近ね、
『私、お母さん大好きです!』
『お母さんと仲良いです!』
というクライアントさんが多いのだけれど

 

もし、目の前の現実が苦しいものであるなら
もし、目の前の現実が停滞しているように感じるならば…

貴女はお母さんのこと、愛していないのかもしれない。

 

本当は愛したいのに、愛してないのかもしれない。

 

(それに幸せに人生を謳歌してる人って、親と程よい距離を保ってない?)

 

 

 

お母さんを愛するとは
『お母さん、大好き!』
『お母さんは素晴らしい人間です!』
という状態ではないの。

 

お母さんを愛するとは
『お母さんにはあんなダメなとこもあるよなー』
『お母さんって、欠点も色々あるのよね』
『お母さんにあんなこと言われたのが、すっごい嫌だったなー』
というように

お母さんのダメなとこも、ちゃんと見ること、です。

 

 

 

お母さんのいいとこしか見れない人は
お母さんを愛しているのではなく
お母さんを盲信しているだけです。

 

 

お母さんという存在を自分の中で美化してる。

 

 

 

母親なんて
どんな母親も
ただの1人のおばさん(もしくはおばあさん)なのです。

欠点だらけの、おばさん、なのです。

欠点だらけの、おばあさん、なのです。

 

ですが、その『欠点』のようなものも
『お母さんの素敵なとこ』の裏返しです。

 

欠点と長所は繋がっています。

 

 

なのに
お母さんの長所しか見れなくて
いざ、お母さんの欠点を突きつけられると
それを見れなくて
ただただ美化しているのは
単なる盲信であり
ありのままのお母さんを見れていません。

 

お母さんを愛する、とは
人間を愛する、とは
ありのままのその人を見ることであり

どんな人間にも
素敵なところとダメなところがあります。

 

陰と陽、マルっと含めて
その人、なのです。

 

 

私たち自身だって
欠点、いくらでもあるでしょう?笑

ま、その欠点は
長所の裏返しなので

欠点=長所がある、
ということなんですけどね。

 

 

お母さんを盲信している精神状態は
新興宗教の信者のそれと、なんら変わりがありません。

 

オウム真理教の信者だって
麻原のことを盲信していたわけです。

麻原の長所しか見れなかった。

でもここで麻原を冷静に見ると
『たまに空中浮遊する、ただの髭面のおじさん』なんですよ。

 

でも、信者は
麻原が『ただのおじさん』なんて思いたくないですから
必死で、盲信するわけです。

ありのままの麻原を見れていない。

 

 

こう書いてみると
なんだか麻原も不憫です。

ありのままの彼を見てくれた人はいたのでしょうか?

否。

 

 

あんなに崇拝されても
麻原はずっと寂しかったのでしょう。

 

 

麻原の話はこの辺にして笑

愛とは、
その人の陰と陽の両方を見ること。

生々しい人間としてのその人を見るのです。

 

 

ですから私たちが人を愛することを覚えた時
私たちは自分の上に誰かを置くことをしなくなります。

つまり盲信することをしなくなります。

ちゃんと、人のダメなとこが見えます。

それが愛です。

 

 

そうした時
自分の欠点も愛せます。

欠点を愛するとは
『私はだらしないけど、そんな私も大好きでーす💓』
というような
バカっぽいハイテンションではなく

『私、だらしないとこあるなぁ。
それは理想とは違うけど、それも私なんだなぁ』
と、静かに淡々と行うことです。

 

 

じゃあ、今回冒頭に紹介したパターンとは真逆の
『お母さんなんて大嫌い!』
自覚している人はどうすればいいのでしょう?

そんな人は
『それでもお母さんを愛してる自分に降参すること』です💡

 

 

私、お母さんのダメなとこ、
たくさん知ってる…!
あの言葉もムカついたし
あの時もめっちゃ傷ついた!!
もう許せない!!


こうやってその人はお母さんに対して怒っています。

(怒るのはいいこと✨でもそのもう一歩奥に踏み込んでみよう)

 

 

認めて欲しいのです😆

そんなにムカつくお母さんでも
私は愛しちゃってるのだ、と。

その愛には抗えないのだ、と。

 

 

それはつまり貴女が
愛の塊なのだ、という証明でしょう💎

 

 

貴女がずっと
どんなお母さんも愛していたことに気が付いた時、
安心してパートナーシップ/人間関係を築けるでしょう💓

だって、愛のパワーを知ってるんだもん。

そうそう見捨てたり嫌ったりしない、という愛のパワー。

 

彼に嫌われるかもしれない、
職場の人に嫌われるかもしれない、
そんな不安が消えていくんです✨

 

 

Yuki

 

 

P.S 今日は私のホロスコープの、アセンダント魚座を使って記事を書いてみました😆

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ
7月いっぱいで、マインドエステとBlackプログラムは
お申し込みを封鎖します💜
お申し込み再開もありません💡

 

 

  • コメント: 2

関連記事

  1. 恐怖の耳鼻科受診と『愛されていない人々』

  2. 頂き女子爆誕💥

  3. 私たち女性は、 女に幻滅して男への強い憧れと憎しみを同時に持っている。…

  4. 『さみしい』を変換して、愛まみれの人生を創るのだ★

  5. 【相性最悪】私のことを世界で一番愛しているのは夫だ。

  6. 『白い嘘』と『黒い嘘』

  7. 世界中が全員自分の敵だったとしても、私だけは私を愛そう、と決定した。

  8. 【母娘関係は人生そのもの】本当に子どもは母親を選ぶのか?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • みこ
    • 2023年 8月 05日

    はじめまして!最近yukiさんのブログを知り、とても楽しく拝見しております!!

    昨年末友達の職場でコロナの人が出て遊ぶ日を変更し、日程が決まった時に私の同僚が体調不良となり念のため予定変更のお願いをしたら「じゃあまたいつの日かーさよなら」と返事が来ました。その後暫くしてフォロー的な文章も来たのですが、最初の返事が悲しくて、それ以降中々会う気が起きません。
    長年仲良くしていた友達なので会いたい気持ちと、悲しかった気持ちでモヤモヤして中々遊びに誘えずにいます。何か助言を頂けたら嬉しいです。初めてのコメントなのに、厚かましくてすみません。

      • Yuki
      • 2023年 8月 11日

      記事でお返事しました✨

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930