Site Overlay

【お金持ち研究所】ついに言語化!ビンボー人の共通点を見つけた!!

実は、ワタクシ的に

以下の二つの記事を書いたことで達成感がありまして

だから先週はブログの更新頻度が少なかったのです。

 

■お金がなくなっても大丈夫★って思えたら最強じゃない?

■【お金持ち研究所】お金の正体が発覚…!!

 

 

【お金】に関して、一先ず決着がついた感じでしたし

というか、今まで私が生きてきた世界がどれだけ豊かで

どれだけ愛に溢れていたかに気づいて

多幸感に包まれていたのです。

 

 

今の私はね。

一銭も無くなっても何にも怖くない。

 

本気でそう思っているから

どう頑張っても、もう私はビンボーにはならないでしょう。

 

人間は本当はビンボーになる方が難しいのだ。

 

 

私はね、元ZOZOの前澤さんとかドナルド・トランプくらいの大富豪になりたいのだ^^

 

私の父にすんごい似てる。キャラも体型も。。。(ただし父はチビ)

 

私の父はトランプと似ていました。

(青森の小さな町の不動産王だった!笑)

 

でも、父も一時的には億を稼いだ人でしたが

最後は借金まみれになり一文無しだったので

結果ビンボーマインドな男だったと思います。

 

■私の過去はこちら。なかなか奇妙奇天烈で面白い

 

私の母も貧乏と暴力の家庭で育ちましたが

美容師として結構人気があって商売が上手いので

これまた一時的には結構裕福でした。

 

だが彼女も同じくビンボーマインドだったので

どんなに豊かになっても自らそれを手放す方向へ進んでいきます。

 

両親の姿を見て思うのです。

 

ビンボーとは自分で選ぶもの、だと。

 

自分でビンボーであることを選ばないと人はビンボーになれないのです。

もともと豊かなのが私たちの本質ですから

ビンボーになるにはコツがあってちょっと難しいのです。

 

 

そんなビンボーマインドの両親のもとで育った私は

ある意味、ビンボーのエリート。

 

ビンボーを観察する機会にすごく恵まれていたので

(両親とその周りもビンボーが多かった)

自慢になっちゃいますが私はビンボーにすごく詳しいのです。

 

 

お金持ち研究をしている中で

これまた大きな発見をしたので

今日はそのことについて書いていきます。

 

 

ビンボーな人を観察していると

ある一つの共通点が見えてきました。

 

 

今までの人生で、私は

ビンボーな人と関わると

いつも不快になることが多かったです。

 

 

大事なハナシをLINEや何かでやり取りしていても

無視をされる、スルーされる、気持ちを汲み取ってもらえない、配慮がない。

 

その度に、私は傷ついて

でも『あの人も忙しいし』とか『私、変なこと言ったかな?』と悩んだりもしました。

 

 

パッタイ大好き

 

 

例えば、私の母の例で言うと

どうでもいいことはベラベラ話すけれど

話の内容が本質的なものになると

その会話をスルーしてなかったことにします。

 

コミュニケーションが、めちゃくちゃ雑なのです。

 

いつも私の話を聞いていません。

これは幼い時からです。

表面上しか話を聞いていません。

何か都合が悪くなると物を買うことで私に詫びようとしてきます。

物を買って、これで終わり!って1人でやっている感じ。

 

でも私は物なんか、いらないのです。

私は母と『愛情』を使ったコミュニケーションがしたかっただけなのです。

 

私はあなたのことを愛しているよ、

あなたの幸せをいつも願っています、

 

それを伝えたいし繋がりたかったのです。

 

 

でも、それを伝えてもいつも母には届きません。

 

『また●●さん(←母の彼氏)に嘘つかれて!信じられない!』

とかそんな話ばっかり。

 

でもその時も何度も伝えてきました。

 

ただ愚痴り合う関係ではなく

お互いに幸せを共有する関係になりたいと。

 

 

でも、そうやって(ちょっと恥ずかしい思いしながら)真っ直ぐに向き合っても

母の態度は

『また●●さんに、◇▼※された!』という感じで

私が放った愛情を、パーン!と跳ね除けられるように感じます。

 

 

そうして傷ついた私を見て、なんとなく悪いと思っているのか

物ばかり送ってきます。

 

 

 

人の愛情を受け取らないんです。

きっと、対私だけではなく

母は世界中に対してそんな態度です。

そりゃいつも愚痴ばかり出るわけです。

そりゃ嘘に囲まれたパートナーシップにもなります。

そりゃお金を手にしてもどんどん消えていきます。

当たり前です。

 

他にもビンボーマインドの人を思い出して分析してみると

(最近は身の回りにビンボーマインドがいないので)

彼らはみんな、同じように

コミュニケーションが雑、でした。

 

それは過去の私も同じです。

だってほら、私はビンボーのエリートだったわけで。笑

 

パッタイ後のデザート

 

『やる』と言ったことをやらない。

嘘をつく。

誤魔化す。

誠実さのカケラもない。

人のせいにする。

物も人も大事にしない。

そしてそんな自分が全然観えていない。

 

これがビンボー人の特徴です。

 

そんな人と接するたびに

私は背中を向けられている気持ちになり

寂しくなります。

 

 

あの、頭を悩まされた例の嘘つきナニーの特徴にぴったり!!

彼女は解雇を告げた後、お給料を振り込むまで何度も催促がありました。笑

金曜に解雇して日曜までに振り込むと言ったのに

『振り込んだら教えて!』と、金曜夜と土曜日に合計3回も催促がありました。

 

■嘘つきナニー解雇の記事はこちら。

■こちらも→解雇します…(緊張)

 

ほんと、胸糞悪い人間性でした。

 

 

反対にお金持ちの人は

魂ごと私の方を向いて、コミュニケートしてくれます。

そう、こちらが恥ずかしくなるほどに真っ直ぐに愛を注いでくれます。

 

先日の銀髪のマダム(※こちらの記事を読んで!)もそうだし

何より私の世界に一番先にリッチマインドを導入してくれたのが紛れもなく我が夫です。

私と会っている時、魂全部でこっちを向いている彼の姿勢に最初は驚きました。

今までそんな風に接してくる男性がいなかったからです。

 

彼はとても誠実で絶対に嘘をつかず

コミュニケーションがとても丁寧です。

 

 

そんな彼を見習って

なんとか私もお金持ち通りに住めるところまで来たのだなぁ^^

だから私は

今度は私が彼を新しい世界に連れてく!っていつも決めています。

 

春にベッカムが訪れたという、めちゃ近所の青い色のイタリアンカフェ。

 

 

ではどうやって

ビンボーエリートの私が

リッチマインドの丁寧なコミュニケーションをちょっとずつ学んだかというと

そのコツは〈自分とのコミュニケーション〉なのですが

詳しくはまた次回。

 

 

 

〈お金持ち研究…続〉

 

 

新しいブログが投稿された際に

貴女にお知らせをお届けします♡

ご希望の方は下記にメールアドレスを入力後『SUBSCRIBE』をクリック

お届けを解除したい場合は『UNSUBSCRIBE』をクリックしてください。

[subscribe2]

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。