お前んとこの母ちゃんって、なんか面白いよな。

突然、5歳の息子にこう言われた。

 

『ママがおばあちゃんになったら
僕がママのご飯、作ってあげるからね!』

『だってその時、僕はもう大人だし
ママはおばあちゃんで疲れてるから!』

 

真っ直ぐな瞳で、こう言われた。

私はちょっと泣きそうになった。

 

 

 

 

5歳の息子はどこかから
『老人になると疲れやすい』という概念を学んできたようだ。笑

ちなみに、こうして人の潜在意識は創られていく。

 

 

 

私ね、太郎(5歳の息子のことね)に
上記のセリフを言われてハッとした。

 

 

 

まず、太郎に

『ママがおばあちゃんになったら
僕がママのご飯、作ってあげるからね!』
と言われたときの私の反応は

『え…』
という戸惑いだった。

 

戸惑いから
『そんなことしなくて大丈夫だよ』
と喉まで出かけた。

 

 

私の中の反応を見てみると
私は『大人になった息子に頼ってはいけない』
という思考を持っていた。

 

そう、これは実は我が子が生まれた瞬間から持っている私の思考。

 

 

 

 

だから息子を育てるにあたって
私はいつも
『将来のお嫁さんや彼女さんにご迷惑をおかけしないように』
という意識で子供と関わっていて

生理のときは
『ママは赤ちゃんのベッドが壊れて血が出てお腹痛いから今日はご飯作れない』
と言うようにしている。

 

これ、男児への重要な性教育だと思ってる。

 

 

 

 

で、話を戻すけれど
私は息子たちに対して
『将来お世話になってはいけない』
と、自分で決めていた。

 

なんでこうやって決めたかというと
そもそも私のママが
『もう大人になった娘には迷惑かけませんよ』
というスタンスで生きているから。

 

なるべく私と妹の足でまといにならないように
母がセーブしていることを感じる時がある。

(そしてそれが少し寂しいのだとこれを書きながら気づく)

 

 

そして世間を見渡せば
うちの母とは反対に
『我が子には老後のお世話をしてもらって当たり前!』
というスタンスの人もいる。

『あれだけお金かけたんだから老後の面倒見てよね!』
という感じ。

 

そういうスタンスの人が悪いとも思わない。

 

ただあまりに私の母や死んだおばあちゃんとスタンスが異なるので、以前は
『なんて図々しい親なんだ』とは思っていた。笑

※ちなみに死んだおばあちゃんも
『自分のことは自分でやってなるべく迷惑かけません』
というスタンスだった。

 

 

無意識のうちに
(これが潜在意識ってやつ)
私はこのスタンスを受け継いでいたと
太郎の言葉で気付かされた。

 

 

 

で、私
太郎と二郎が眠った後
改めて考えてみたのよ。

 

私の老後の、太郎二郎との関係について。

 

 

歳をとった親のパターンは大きく3つに分かれる。

①老後の面倒見なさい!タイプ
②迷惑かけません、自立します。タイプ
③上のどちらにも偏らないタイプ

 

私はこれまで
②迷惑かけません、自立します。
↑このタイプでした。

 

 

だけど、太郎に
『そんなおばあちゃんになった私のご飯なんて作らなくていいよ』
と言いかけたとき

『ちょ、待てよ』
となった。

(キムタク降臨)

 

 

そう、突如として
キムタクに憑依されたのだ。
(されてねーよ😂)

 

 

ともかく、私は
『ちょ、待てよ』と
自分の潜在意識にセーブをかけた。

 

 

 

 

私は自分にこう問いかけた。

『いや、老後も助けてもらったり甘えたり、送り迎えしてもらったり
なんなら太郎や二郎のお嫁さんたちと一緒に住むってのもアリじゃない!?』
と。

 

もちろん、大人になった太郎二郎の思考も変わるだろうし
お嫁さんの希望もあるから
そこは大切にしたい。

 

でも、はなから私が
『大丈夫です!迷惑かけません!』
って決める必要はないんじゃないか?と。

 

 

キムタクの出現により
まったく選択肢になかった選択が登場し
私は1人で動揺した。
嬉しい動揺だ。心がほっこりする動揺。

 

 

私はこれまでの自分の思考、
『大丈夫です!迷惑かけません!』
を振り返ってみて

それは私の本当に在りたい姿、ではないし
ただ単におばあちゃんや母のマインドを引き継いだだけだ、と気づいたのだ。

 

 

こうして私の潜在意識は
太郎の言葉を受けて
『何歳になっても楽しく息子と持ちつ持たれつ』
というものに書き換わった。

(※潜在意識の書き換えという言葉がニガテなのだけど、今回は分かりやすく“書き換え”と記しておく)

 

 

 

 

先ほど、歳をとった親のパターンは大きく3つに分かれると書いた。

①老後の面倒見なさい!タイプ
②迷惑かけません、自立します。タイプ
③上のどちらにも偏らないタイプ

 

ちなみに
①老後の面倒見なさい!タイプと
②迷惑かけません、自立します。タイプは
まるで異なる性質に見えるが

実はこの二つのタイプは
コインの裏と表の関係であり

つまり『おんなじ潜在意識』を持っている✨

どちらも同じブロックを持っている、とも表現できるかな。

 

 

その『おんなじ潜在意識』とは
人を信用できない、です💡

 

 

人を(世界を)信用できないから
我が子に老後のお世話を強要する、

もしくは

人を信用できないから
そもそもはじめっから我が子との関係を自ら疎遠にしていく。

 

 

どちらも同じ『痛み』を持っている。

ただそれだけ✨

 

 

私はどちらのタイプにも偏りたくなく
いい感じに頼って
いい感じにチャキチャキ自立したおばあちゃんになりたいので
これからもますます自分の潜在意識をキャッチしていこうと思うよ☺️

 

 

 

ちなみにそんな私の最近の夢を最後に聞いてほしい↓

思春期に差し掛かった息子の友人たちが我が家にしょっちゅう遊びに来て
みんなにカレーなんか作ってあげつつ
『あんたたち、そろそろ帰りなさーい!!』
とか言うこと。笑

めっちゃ楽しそう😆

 

『お前んとこの母ちゃんって、なんかおもろいよな』とか言われたい。

 

子供の気分に合わせて育児するのは嫌いだけど、子供と喋るの超大好き💓

 

 

Yuki

 

 

私のセッションでは
潜在意識の思い込みに気づいて、
それを書き換えようとせず勝手に書き換わっていく、ということを体感してもらっています💡

 

残席2名です✨

残席1名✨

 

女性性=ゆるみ、です。
女体の秘密について講義してます。
追加募集✨4/14 12:00-スタート

 

 

[/read]

  • コメント: 0

関連記事

  1. シングルマザーなのに、うっかり楽しんでいてしまった…

  2. 男性への執着を外す、たった一つの方法

  3. 罪悪感は、ただの脚気。笑

  4. 私のセッションを受けると、自分で自分の人生を創れるようになる理由

  5. 【きもちがわるい出来事】正しい人のふり、優しい人のふり。

  6. 瞳をキラッキラさせて生きること。

  7. 【人嫌い&厭世観】人を嫌いになって、また好きになった。

  8. 【願望実現を超える】お望み以上の現実をお楽しみあれ❤︎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031