空に答えが書いている。みんな絶対大丈夫!

昔から空を見ることが好きで
私のスマホの写真フォルダは
空の写真でいっぱい。

 

 

ウィンブルドンの空

 

 

 

スイス、マイエンフェルトの空
(ハイジの家があるところ!)

 

 

 

ヴェネチアの空

 

 

 

 

イタリアのどこかの島の空。

 

 

 

最近思うんだけど
空って、
宇宙って、
大いなる存在が私たちに与えた、最大のプレゼントなんだな。
って。

 

 

 

ロンドンの空

 

 

 

生きることが嫌になっても
落ち込んでも凹んでも虚しくなっても
そんな時は空を見て。

 

空に『絶対の幸せ』のヒントが記されているから、ってね。

 

 

 

 

今この記事を書いているパソコンで
『そら』を漢字変換すると

空、宇宙…という漢字が出てくる。

 

 

 

そういえば
二郎の出産前に
第二子の名前を考えていて
『宙(そら)』って名前にしたい!
と言ったら
前夫Kに却下されたんだった。笑

 

 

 

ロンドンでの、いつもの保育園の通学路の空。

 

 

 

 

またまたウィンブルドンの空。

 

 

 

 

ウィンブルドンでよく話しかけて遊んでもらった猫。
名前はトゥインクル。
靴下履いてるみたいで可愛い!!

 

 

 

 

ウィンブルドンの朝日。
ものすごいエネルギー感じて、
よくベビーカー止めて撮影してた。

 

 

 

ウィンブルドンは建物が低くて
空が広いから
よく散歩しながら空を見上げて
ニコニコしながら1人で歩いてたのよね。

 

そしたらある日、
イギリス人の親切なおばあさまに
『道に迷っているの?私に何か手伝えることがあるかしら?』
と言われた。

 

私は『空があまりに美しいので見てるだけなんです』と答えた。

おばあさまは
『ええ、そうね。ロンドンは曇りが多いけど、あなたはロンドンを気に入った?』
と言いながら空を一緒に見上げた。

 

 

 

バンに乗った、水道とか電気経路の作業員をしている風な若いイギリス男性が
私とおばあさんの横を、ゆっくりと作業用のバンで通り過ぎながら
彼もまた、不思議そうな顔で空を見上げていた。笑

 

 

 

ウィンブルドンの朝焼け。

 

 

 

私たちが空を見るのが好きなのは
ホームシックなようなもんだよね。

空は私たちの故郷だから。

 

そしてそこには大いなる存在からのメッセージが書いてあるのだよね。

シークレットメッセージ。


まるでモールス信号かなんかのような。

 

 

ギリシャ サントリーニ島の夕焼け

 

 

 

こちらもサントリーニ島

 

 

 

夕焼けと私と太郎。

 

ここはサントリーニ島の夕陽のスポットで
『世界一綺麗なサンセットが見れる』ことで有名で
日没が近づくといろんな国のたくさんの観光客が集まる。

 

みんなで太陽が沈むことを見守り
太陽が沈むと自然に拍手が起こる。

 

もう2度と会わないような、
そんな人たちと
ほんの一瞬、感動を共有する時間は
いつも胸が苦しくなり涙が出そうになる。

 

 

 

サントリーニ島の夕陽。
力強いね!!!

 

 

 

太陽のエネルギーは凄まじいね。

医療占星術では、太陽=心臓、と考える。

 

 

 

太陽=いのち

いのち=与えられたもの
(自分のものではない)

 

 

いのち=未知へ突き進んでいくエネルギー

それが宇宙

 

 

それが私たち。

 

 

 

モーリシャスの空
前夫と新婚旅行に行ったモーリシャス!

 

 

 

 

モーリシャスの夕陽

 

 

 

 

離婚はしたけど
彼とは太郎二郎という二つの命を通して
今日も同じ空を見上げている。きっと。

 

 

 

 

ウィンブルドンの自宅庭から見た朝焼け。
加工なし!!

 

 

 

 

最後に。
練馬の空!!

 

 

 

Yuki

 

 

 

 

  • コメント: 4

関連記事

  1. あなたの目の前にはデザートがあります。

  2. 『なんかいいことないかなぁ』

  3. 私たちは完璧な星の配置を持って生まれてきた

  4. 潜在意識は存在しない。

  5. 億万長者は占星術を信じないが 大富豪は活用する。

  6. 平熱で生きられない!!毎日高熱オンナ。

  7. 【懺悔🙏】Yukiはとにかく中指立てたい。

  8. 【自分】不在の人生でグルグル。ホロスコープに逃げるな!

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • あいる
    • 2023年 10月 09日

    私が20代の頃失恋した後で落ち込んでいた時に、1人で訪れた湖水地方で、ふっと登った丘のてっぺんにあったベンチに横になって、日が暮れるまで数時間なぜかずーっと空を眺めていました。いいお天気で人もほとんどいなくて気持ちが良くて。日が暮れてさて宿に戻ろうかと丘を降り始めると、何だかものすごい元気が出てきて、不思議なのですが、なぜかニヤニヤしながら森の中を走って降りていました。その後の私、写真を見て振り返っても自分がすっごいキラキラしてて、一皮剥けたなぁって感覚があったのを覚えているのですが、このyukiさんの記事で、それがなぜだったのか妙に納得して、何だかとっても切なくなりました。

      • Yuki
      • 2023年 10月 15日

      湖水地方の丘、とっても美しそう…💐

    • ミサト
    • 2023年 10月 08日

    はじめまして。少し前にこちらのブログに辿り着き、中でも「2割の女」の記事が特に好きです。
    それで私も、止めていた発信を再開しました。ゆーっくりですが。
    昨日も記事を上げて、でも「自分の内側見せて恥ずかしい、ただの自分語りだよな」等思っていたのですが、今日お久し振りに「2割の女」カテゴリーにこちらの記事がアップされていて、「恥ずかしいけど文章書いて(外に出して)よかったってことだな」と勝手に安心しました。ありがとうございます。

    イギリスには私も行ったことがあって、イギリスの空(雲も)好きです!
    靴下猫ちゃんも可愛い♡

      • Yuki
      • 2023年 10月 15日

      発信、楽しんでください☺️誰も見てないていで、どこまで自分の奥を物質化できるか楽しいですよね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031