【大阪人の元カレ】分離ズブズブの世界にサヨナラ!

ふと書いた方いいかなと思った記事が浮かんだので書く。

 

 

18歳くらいの時に
青森の高校卒業して
仙台で学生時代を送り始めた頃のこと。

 

その当時の彼氏に
私はものすっごい溺愛されていて
トラウマになるくらい溺愛されていた。
(溺愛されすぎて気持ち悪すぎてセックスしたくなくなった)

 

 

 

ほぼほぼ童貞なピュアな男の子だった彼は
とても優しくて真っ直ぐな目をしていて
いつも朗らかで、こちらには絶対に危害を加えない、
みたいな安心感があった。
(今思えば彼は魚座である)

 

 

で、そんな優男である彼と
じゃじゃ馬のような私は
ある日、街の中華料理屋さんに行った。

そこの中華料理屋さんは
店員さんが本物の中国人だったようで
中国語とおぼしき言葉が店内を飛び交っていた。

 

 

私はその様子を見て
え!本物の中国人だ!すごい💖
と思って彼に
『ねぇねぇ、あの人たち中国人みたい!!』
と目をキラキラさせながら話しかけた。

 

優しい彼だから
いつも通り優しく返答してくれるかと思いきや
彼がいきなり目の表情を変えて
怖い目をして
『どこの国の人だろうと関係ないやろ💢』
※彼は大阪人だった
『俺、誰が何人だとかどうでもいいと思うねんや』
みたいな、そんなことを珍しく強めの口調で言っていた。

 

 

私はそんな彼の反応にビックリして黙っていたんだけど
彼と別れて数年してから
『あの時、彼が不機嫌になったのは人種差別的なことを示唆していたのではないか!?』
と気づいた。

 

 

 

 

私としてはもちろん人種差別の意識はまったくなく、
ただただ本物の中国人に会えたことが嬉しかっただけなのだ。

私が生まれた青森では
当時は中国人の方と出会う機会があまりなくて
大好きなキョンシーの映画を見ては中国に憧れていたくらいだ。

 

 

で、私は昔っからとにかく外国に強い憧れがあり
ホームアローンを見てはアメリカに思いを馳せ
キョンシーを見ては中国に思いを馳せ
日本語以外の言語を話せる人間ってだけで
『すげー💖💖💖』
と思っていた。

 

 

でも彼と別れて大人になるにつれて
『どうやら外国人によくない思いを抱いている大人もいるらしい』
と知って、それでようやく彼のあの時の怒りに気がついた。

 

 

彼は大阪出身だが
関西には外国人の方も多かったのだろう。

もしかしたら彼の親とかが外国と繋がりがあったかもしれないし。

 

 

でも私の知る限り青森では
そういう人種差別はまったくなくて
多分、東北って韓国人とか中国人のこと、気にしてない。

そもそも外国人が住んでいる率も低いしね。

 

きっと東北の歴史を考えてみても
東北は昔は寒くて飢饉になって食べ物に困っていたから
それどころじゃなかったんだと思う。

 

私が生まれ育った地域ではマジで人種差別的な話を、一切聞いたことがない。

 

 

久々の三人でのお出かけは楽しかった!
丸1日子供と過ごすなんて数ヶ月ぶり?

 

 

 

そんなわけで私の思考には
『日本人以外を毛嫌いする』という文化が一切なくて
個人的には『すげー💖』という憧れしかない。

 

 

仙台から東京に上京してから
たまにそういう人種差別的思考を持つ大人と出会って
やっと私は彼のあの時の憤りを理解したのだ。

 

 

彼はあの時、あの中華料理屋さんで
私のことを『人種差別する女』と見たかもしれない。

そして彼が外国人に血の繋がりがあった場合
『俺を否定する女』と思ったかもしれない。

もしくは彼の地元の友達が外国人であった場合
『俺の大事なダチを否定する女』と認識したかもしれない。

 

彼の世界には
『俺を否定するゆき』『差別するゆき』
『差別された中華料理屋の店員さん』
が存在した、ということになる。

彼の世界には被害者と加害者が存在した。

 

 

そのとき私の世界には
『めっちゃ優男なのに突然怒った意味不明な男』が存在した。

※マジであの瞬間の彼は私にとってチンプンカンプンだった。

 

 

もし彼の潜在意識に
『外国人は差別される』とか
『人は身分によって価値が決まる』なんて
そんな意識がなければ

私の言葉に対して
『本当だ、中国の人がお店やってるんだね』
と応えただけだっただろう。

 

 

自分の意識に何があるかで
観えてくる世界は全然違うものになる。

 

 

自愛道場チラ見せ!

 

 

 

この仕事を始めてからもうそろそろ10年だが
私のセッションにも韓国人の方とか北朝鮮の方とか来られたことがある。

その方々のほとんどは
自分の人種(←この表現はあっているのか?)に対して
自信を失っていたり他人に隠している、と言っていた。

みんな『実は私…』という感じで打ち明けてくるのだが、
こちとらそれを聞いても『へーそうなんだー💖』としか思わない。

 

 

私もロンドンで暮らしていたとき
人種差別的なのは経験したけど
私は上述の通り、
自分と違う文化を持つ人への好奇心しかないので
差別されても無痛だった。

むしろ差別意識を持っている人の方がかわいそうだなと思った。

 

 

差別意識持ってるってことは
分離の世界にズブズブなわけじゃん。
それって生き地獄。

そんな人、どうしたって幸せにならないからかわいそうだなと心底思う。

 

 

あと、差別する人って智慧がないのかな、って普通に思う。

そういう人に潜在意識のことを教えてあげたいって、思う。

お節介したくなる。

 

 

私に差別意識を一切埋め込まなかった
ママやパパ、青森の大人たちには
改めて感謝したいと思う💖

青森は雪かきで忙しいので差別とかしてる暇、ありませーん!!

 

私の友人知人は東北人だらけだけど
みんな差別意識とは無縁。

東北人って可愛いよね!笑

 

 

Yuki

 

 

 

 

 

分離ズブズブ生き地獄にサヨナラ👋
自愛道場OPEN💖

 

 

  • コメント: 3

関連記事

  1. 【37歳】可愛いおばさんになりたいので世界中の人を赦します。

  2. 誰にも言えなかった恥ずかしい話

  3. ダメンズ/詐欺師/パワハラ上司に出逢った人への祝福❤︎

  4. 『もう私は私に我慢させない』

  5. 人間関係における最上級の魔法。

  6. 【ごめん(涙)書いてしまった】『お母さん大好きです』という大きな勘違い…

  7. 祭りだ祭りだー!!夏の罪悪感祭り❤︎

  8. 世界一正しい悪口の言い方★

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • ありさ
    • 2024年 2月 16日

    Yukiさん、ちょうど大阪に関する仕事をしていたので、タイムリーでびっくりしました!

    特定の国の人と会う機会が短期間にたまたま続いて、その人たちの行為で不愉快な思いをした時に、ついつい「〇〇人は苦手だー!!」と思いそうになります。

    そうなっている自分はすぐ見つけることができます。それで、こんな思い込みは倒さなきゃ!と思って、「〇〇の国の人がみんなそうってわけじゃない。これはたまたまこの人だからこういうことするだけ!この人と関わらなきゃいいだけ!」と言い聞かせているのですが、それで自分の気持ちとちゃんと向き合えているのか、それで分離の世界から離れられているのか、もやっとします。

    自分のわからない言葉を複数人で話しているのが、単純に怖いと感じることもあります。飛び交う異言語になんだか怖くて苦しい気持ちになる時があって、一体これはなんなんだろうと思っています。「前にあった嫌なことを意識が反復してるだけの、ただの被害妄想なんだ」と自分に言い聞かせています。全言語意味が聞こえたら良いのにって、無理なことを思ったりします!

      • Yuki
      • 2024年 2月 16日

      >それで、こんな思い込みは倒さなきゃ!と思って、

      こうなってる時は、⚪︎⚪︎人を苦手と感じる自分に対してまず分離しちゃってるから
      その人たち苦手な自分もOKにして、その外国人たちもOKにすればいいかも💡

      表面上は分かり合えないけど、お互いそれぞれの場所で幸せにいれたらいいですね、的な距離置く感じで!!

        • ありさ
        • 2024年 2月 16日

        自分に対して分離している…その視点はなかったので目から鱗です!そんな自分もOK、外国人もOK、関わらなくてもOK!なんだかホッとします!お返事ありがとうございます!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Calendar

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930